パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

中国での信教の自由:状況報告 「全能の神の教会の内部」

 

 

f:id:yoshi-osada:20200710204919j:plain



 

 

「全能の神の教会の内部」:新しい本はそれがそうであるようにそれを告げます

オックスフォード大学出版局がマッシモ・イントロヴィーンの中国で最も迫害されている宗教運動についての調査を発表

ルース・イングラム

全能教会の内部God_bookcover全能の神の教会(CAG)のメンバーは、偽のニュースヘッドラインのカタログによって悪質な迫害、拷問、中傷を行い、中国政府によって復讐を果たすために復讐しました。偽のニュースを通じて、CCPはCAGのイメージを国内外で傷つけることができましたが、近年、学者たちは異なるバージョンの事実を提案しており、民主的な政府やメディアによって徐々に受け入れられています。

運動自体、およびCCPの忠実な執拗な猟の背後にある理論的根拠を理解するために、新宗教研究センター(CESNUR)の創設者兼マネージングディレクターであり、Bitter Winterの編集長であるMassimo Introvigne教授は、多数のCAGメンバーにインタビューを行い、主要なニュースソースと中国政府の文書を公開および非公開の両方で調べました。彼は、中国の警察の役員とCCPの代表にインタビューし、反文化活動家や教会に対するCCPの公式キャンペーンに従事している研究者に話を聞いた。彼は、この特異な新しいキリスト教運動の生活の中でフィクションから事実を切り離そうと決意している。

彼の画期的な結論は、新しい本「全能の神の教会の内部:中国で最も迫害されている宗教運動」(ニューヨーク:オックスフォード大学出版局、2020年)で見つけることができます。それを取り巻く質問と論争、およびCAGの信用を落とし破壊するという彼らの決意において、CCPが犯した容赦のない真実のキャンペーンを公表すること。

1990年代初頭の中国のキリスト教復興中に出現し、当初は「東部の稲妻」と呼ばれていたグループの最も初期の時代をたどって、イントロヴィーンは、中国政府の執着を背景に運動自体のツアーに読者を連れて行き、そして、国を取り除く決意、それが謝焦、または異教の教えを呼びます。彼は今日まで教会のマイルストーンを記録しており、習近平の全力を尽くして教会を根絶し、大統領の人生の「新時代」のために生き、呼吸するすべてのものを「素晴らしく」しています。

xie jiaoの通常の英語訳は「カルト」または「邪悪なカルト」ですが、それはすぐに西洋の聴衆に望ましくないものとして共鳴しますが、Introvigneは、言葉の歴史的意味は明後期にルーツがあると説明しています。乗っ取られるのではないかと不安になった。そしてここに、CCPルールの大まかな統治下に入るのを拒否するすべてのグループの今日の問題があります。それは脅威として認識され、破壊されなければなりません。一部の宗教はこれまで国の監督下にある形で許容され、存続してきましたが、習近平が党の旗の下にすべての宗教を連れて行くという共同の意欲に直面して、彼らの将来も糸にかかっています。

現在、約400万人に上るCAG信者の政府の推定により、この本のためにインタビューされたCCPの当局者はそれを「新法輪功」と呼んでおり、最近、法輪功よりも多くの警察官がそのメンバーの狩猟を展開したと報告しています。もちろん、CAGの神学は法輪功とはまったく異なり、ラベルは運動の固有の特徴ではなく、CCPによる認識を反映しています。

イントロヴィーニュは社会学者であり、本自体は学術的な作品ですが、誘拐、陰謀、陰惨な殺人、グリズリーチルドレンの子供、そして爪を噛むような空港脱出の物語など、動きの速いスリラーのように読まれることもあります。この説明は単に運動に関するものではなく、人間の命が破壊または短縮されたことを、本の最初の数ページに鮮明に描かれています。良心の理由から、信者の一部に会った不当な暴力についてのIntrovigneのグラフィック説明彼らの信仰を放棄するか、仲間の崇拝者を裏切るために。本の残りの部分を読んで、CCPの残虐行為に対するこれらの9人の証人の最後の瞬間が心に刻まれました。

CAGの信念はプロテスタントの信念に広く当てはまると主張する学者もいますが、イエスは中国人女性として生まれ変わり、全能の神として崇拝され、世界の新しい時代の到来を告げたと信じられているため、道は著しく分かれています。運動は彼女の名前を明らかにしませんが、一部の学者は彼女がヤンシャンビンと呼ばれ、1973年に中国北西部に生まれました。旧約聖書は法の時代と呼ばれ、新約聖書と時代はイエスによって始められましたグレイスの彼らは、全能の神の化身が末日と「王国の時代」を先導したと信じています。

人々は全能の神の言葉が聖書の謎を解き明かし、彼らがどう生きるべきかを彼らに示したと感じました。1991年から1992年の間に全能の神が発したその後の100万の言葉を通して、信者たちは「イエスが贖いの業を行っている間、全能の神の新たな啓示だけが人間の堕落を根絶することができた」そして話をしている人がメッセージを通して実際には全能の神の化身でした。

統合の期間の後、運動は1995年以降爆発し、最初は既存の地下教会から数千人がトロールし、2005年までに100万人が仲間入りしました。さまざまな形態の地下教会は、90年代に一貫して迫害されましたが、 CAGは当初から弾圧されており、後で特別な警察タスクフォースが発足して、彼らを強く攻撃しました。チャオとCAGのメンバーは、全能の神が国から逃げ出し、米国に亡命を認められたことを崇拝しています。ムーブメントはその後、海外から向けられました。

CCPは、教会を根絶し、資金を没収し、指導者を殺害し、逮捕された人々の大部分を残忍かつサディスティックに拷問し、一部は死に至らしめるために、すべてのストップを取り除きました。2019年末までに約40万人が逮捕され、教会の設立以来CCPの手で146件の死者が出た。

国内だけでなく世界中の人々の目で運動の信用を落とすために好まれた戦術は、CAGによって実行されたことがよく知られているが、その後は無関係であることを証明した残忍な攻撃の流れでした。しかし泥棒がついており、2014年に山東省のマクドナルドのレストランに5人「全能の神」を代表していると主張し、無罪の顧客を殺害者の1人に電話番号を伝えなかったとして殺害したとき、CCPはCAGが責任者。暗殺者の裁判が彼らが別のグループに属していたことを証明したとき、また、その2人の女性指導者を「全能の神」と見なしたが、CAGとは無関係であり、ほとんどの国際メディアは、CAGが有罪であるCCPバージョンをすでに繰り返しており、修正していません。CCPがCAGの足元に横たわるのに適した他の残虐行為だが、詳細な調査により、証拠には致命的な欠陥があることが判明し、いわゆる「証拠」の廊下に反響し、運動の信用を失った。Introvigneの調査により、このグループへの自分のメンバーの喪失に腹を立てているいくつかの伝統的な教会体が、CAGの名前を黒くするためにCCPと協力することに満足していることがわかりました。

中国の元教師であるアンジェリアジェンは、韓国で約1,000人のCAG庇護希望者の1人です。彼女の難民申請は韓国政府によって拒否され、彼女は韓国の第3レベルの裁判所で彼女の控訴を失った。彼女は今、新しい申請書を提出し、彼女の将来がどこにあるのかについて不確実性のある薄明の世界に住んでいます。

2007年10月にCAGメンバーになった後、彼女は2008年2月に実行中に生活を余儀なくされ、2014年11月に韓国に最終的に逃れる前に、ある都市とある州から別の州に逃げました。年。彼女は、世界中の多くの政府が、他の方法では破壊できないグループの名前を黒くするために手下の戦術に頼った政権の偽のニュースキャンペーンに夢中になっていると感じています。「一部の政府当局はそのような偽のニュースを購入しており、その結果CAG亡命希望者の申請は拒否された」と彼女は言った。「彼らを中国に強制送還する決定さえあります。」

Introvigneの本の終わり近くの厳しい表によると、何千人ものCAG難民が不安なほどに大暴れしており、彼らの多くは民主主義政府の手に渡っていて、その多くは申請を拒否し、実行された場合に出発命令を出すまでに至っています、悪化していなくても、ほぼ確実に刑務所に入れられるでしょう。

アンジェリアはイントロヴィーニュの本を読んでおり、明らかに部外者の仕事であるが、CAG運動に新たな光を当てることを期待しています。「CAGメンバーは友好的で平和なクリスチャンのグループであり、自由に自分の宗教を実践することだけを望んでいます」と彼女は懇願します。

 

 

2014年マクドナルド店内女性殺害事件は、全能神教会とは無関係

中国政府は、いまだに2014年に起きた中国山東省招遠市にあるマクドナルドの店内で起こった女性の殺害事件が全能神教会の信者によるものだと嘘の主張を繰り返していますが、学術研究により、この事件は別の宗教団体が犯したもので、全能神教会は無関係であることが証明されています。

公判中の張帆
公判中の張帆

マッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)

全体主義政権は常に迫害対象者に犯罪の責任をなすりつけるものですが、中国政権も例外ではありません。中国でひどい迫害の対象となっているキリスト教系 新興宗教団体 の全能神教会への迫害を正当化するために、中国共産党大規模な偽ニュースキャンペーンを展開しています。全能神教会 に関する偽ニュースの最たるものは、2014年5月28日に招遠市のマクドナルドで会社員の女性、呉碩艳 (ウー・シュオヤン)(1977~2014年)さんが殺害された事件に関するものです。残念なことに殺害は事実ですが、その犯人が全能神教会の信者によるものという点が捏造されています。

私は2017年に中国の鄭州  と香港で開催された 中国反邪教協会 主催の、「邪教」の概念と全能神教会について協議するための2つの学術会議に欧米の宗教専門家の1人として招待されました。中国政府系メディアに認識された専門家として、私は先入観を持たずに、これらの双方の会議に出席しました。しかし、配布された資料や、中国政府公表の資料から、私をはじめとする研究者は、マクドナルドでの殺人事件は全能神教会とは無関係の別の宗教団体によるものであるという結論に達しました。真犯人であるこの教会では、1体の神が2つの体に宿ったとして、吕迎春(ルー・インチュン)と張帆(チャン・ファン)(1984~2015)という2人の女性指導者を崇めています。

吕迎春は公判で次のように述べています:「張帆と私は本物の『全能神』に代わって発言する唯一の存在です。政府は、私たちがここで言う『全能神』とは異なる、趙維山(全能神教会の運営指導者)が信じる全能神教会を取り締まっています。彼らの『全能神』は偽であり、私たちの『全能神』こそ本物です」オーストラリア人学者のエミリー・ダン(Emily Dunn)氏は、マクドナルド殺害事件の犯人は、犯行時点では全能神教会の信者ではなかったが、かつて全能神教会の信者であった可能性があると2015年に述べていますが、後に父親である張立冬(チャン・リートン)(1959~2015)とともに処刑された張帆は、中国政府系テレビ局Phoenix TVでのインタビューで、「全能神教会に関わったことは一度もありません」と述べています。

この事件発生から数日後に、中国メディアはこの事件の罪を全能神に被せた報道をし、BBCやThe Telegraphなどの欧米メディアは、この中国メディアの報道を真に受けた北京特派員を通して、全世界に報道しました。私の計算では、2017年までにこの殺害事件を全能神教会による犯行とした欧米メディアの報道は2万回を越えており、反対意見は握りつぶされてきました。2017年になり、ようやく中国政府が主催した反カルトカンファレンスの副産物として、マクドナルド殺害事件(および中国政府のプロパガンダにより、同様に全能神教会によるとされている別の犯罪事件)は全能神教会の信者の犯行ではなかったとする欧米の研究者による論文が発表され始めています。私自身も詳細な論文を発表し、吕迎春と張帆が創始した、全能神教会とは無関係だが、興味深く(恐ろしく)、小規模なこの宗教団体の歴史を説明しています。

一部のメディアは全能神教会を報道する際、マクドナルド殺害事件の犯人として報道し続けているため、2017年に研究者が発表した論文は中国政府のプロパガンダの成功を覆すには至っていません。その一方で、学術論文を引用する別のメディアもあり、そこではマクドナルド殺人事件の犯人は全能神ではなかったと報道しています。

中国共産党はこの偽ニュースを広める努力をまだ完全に止めていません。2014年、北京新聞は公判記録を掲載しましたが、2017年に研究者が論文を発表し始めると、インターネットから公判記録を削除しました。しかし、これらの公判記録は、中国政府が管理していないウェブアーカイブや消失したインターネットページを扱うその他のレポジトリ上で保管されているため、現在でも入手することができます。

中国共産党は定期的にマクドナルド殺人事件を引き合いに出しています。張帆と張立冬の親子は2015年に処刑されましたが、吕迎春と張帆の妹である張航(チャン・ハン)、そして張立冬の愛人であった張巧联(チャン・チャオリェン)は、共犯としていまだに刑務所で収監されています。張航は公判で「自分はあまり熱心な信者ではなく」、宗教に特別の興味はなかったと述べています。また、上述の通り、吕迎春は全能神教会とのつながりを強く否定しています。中国メディアは刑務所で張帆らの「再教育」に成功し、彼らが「邪教」についての大量の批判を書き、減刑されたと報じています。ある記事には張巧联が「再教育」に参加したと報じていますが、張巧連自身はメディアでこれに関して発言していません。結局のところ、張巧联がこの宗教団体に参加したのはマクドナルド殺人事件のわずか8日前でした。

中国メディアは懲役刑を受けた4人の中で真っ先に「邪教」を捨てた吕迎春と張航の刑務所内での優れた行いと態度を、写真付きの長い記事で紹介しており、興味深い読み物となっています。2人には欧米社会が言うところの「洗脳解除」が行われましたが、このように「再教育」に成功した今でも、全能神教会の信者であったとは誰も発言していません。

殺人者の「再教育」が行われたことに触れるこれらの記事はおびただしく「全能神」という名前を言及しており、マクドナルド殺人事件と全能神教会を結びつけようとする記者の意図が明確に見えます。しかし、何年にも及ぶ集中洗脳解除プログラムにより中国当局が得た最大の成果は、吕迎春と故張帆が全能神教会発行の『言葉は肉において現れる』を読んだことがあると、吕迎春と張航に発言させたことに過ぎません。吕迎春に至ってはこの本の名前を挙げたのではなく、1998年に全能神教会が発行した本を見たことがあるとほのめかした程度でした。張航は、2008年のある日、姉(張帆)が書籍『言葉は肉において現れる』を持ち帰り、その後、全能神教会の別の書籍『神がなさる隠れた行い』を持っていたと発言しました。その後、張帆と吕迎春は全能神に関するインターネットフォーラムで出会い、それを機に宗教団体を創設したと、張航は述べています

もちろんここでも偽ニュースの精神は生きており、全能神教会の書籍名が強調されていますが、2人の女性の自白を注意深く読むと、これらの発言は、張帆らが公判前および公判中に発言していた内容を否定するものではないことがわかります。

張帆は2007年に、「自宅のドアに全能神教会の本が置いてあり、それを拾い上げ」、これは説得力があると感じたと自白していますインタビューの中で、張帆は 『神の隠れた業』という本について言及していますが、実際の書籍名を失念していたのでなければ、全能神教会が発行した『神がなさる隠れた行い』の海賊版か、それを真似た本を指していたと考えられます。

吕迎春と張航の2名は、刑務官を喜ばせるために全能神教会出版の書籍の重要性について強調し始めたのだと私たちは推察していますが、それ自体は大して重要ではありません。中国では何百万冊もの全能神教会の書籍が配布されており、エミリー・ダン氏によると、その中には「通行人の目につくように、電車の駅などの公共の場」に置かれることもありました。したがって、この書籍を所有しているだけで、全能神教会の信者だということにはならないといってよいでしょう。上述のインタビューの中で、張帆は本を読んで全能神教会に対する興味が湧いたが、実際に教会に連絡するには至らなかったと述べています。「全能神教会は活動を隠れて行っており、見つけることができなかったため、一度も連絡しなかった」と説明しています。

吕迎春に関しても、同じ質問をすることができます。全能神教会発行の書籍との出会いがどれほど重要であったかと強調することは、刑期短縮のための賢い戦略に過ぎませんでした。しかし、全能神教会の書籍に影響を受けていたとしても、極めて短い期間だったと言えるでしょう。刑務所内のインタビューで、吕迎春は全能神教会について知ったのは1998年のことだったとしながら、同じ年には自身を「神の長子」と宣言しているからです。また「かなり幼い頃」から自分は「神と同じくらいに完璧だ」と気がついていたとも述べています。

公判で、「私は『自分自身が神である』と知りながら成長し、1998年には、『全能神』に関する書籍に中で、『神の長子』という文字を目にし、自分こそが『長子』であると確信し、(中略)最終的に、自分は『神そのもの』であると判明した」と答えています。『長子』は、新約聖書の中でイエス・キリストに対して使われた言葉です(ヘブル人への手紙1:6、ヨハネの黙示録1:5)。言及された書籍が全能神教会のものであるか否かにかかわらず、全能神教会には、現在地上に降臨したとする神は1人しかおらず、「神の長子」もいません。自分自身に抱いている誇大妄想ゆえに、吕迎春が全能神教会の信者となりえたはずがなく、そのような主張は全能神教会の信者から「神への冒涜」とみなされていたでしょう。

「全能神に関するインターネットフォーラム」については、張帆の公判での証言とインタビューから、このフォーラムが、吕迎春が自分自身がメシアであると主張する宗教団体のもので、全能神教会の教えと一致していないことは明確です。つまり、「全能神に関するインターネットフォーラム」とは、全能神教会と一切関係のないフォーラムでした。このことは、吕迎春の刑務所内でのインタビュー中でも、張航によっても否定されていません。張航は、家族が新たに改宗した宗教は、「吕迎春が自分こそ『長子』で後に『神自身』と主張した宗教団体だった」と述べています。同じ記事の中で、吕迎春が収監されたとき、吕迎春は「私と張帆には神の特徴があり、私たちこそ神自身である・・・」と主張していたと、刑務官が述懐している箇所があります。

この記事には、吕迎春の「再教育」は決して容易ではなかったものの、張帆が処刑されたと聞いてから、吕迎春が一変したと記載されています。この宗教団体は吕迎春も張帆も死なないと信じていました。この団体にとって、吕迎春同様、「『長子』である張帆は死なず、肉体から精神世界に入る」ことがその信仰の鍵となっていました。繰り返しになりますが、張帆の霊的役割を崇めることは、全能神教会の教えとは全く一致しません。張航は、吕迎春が独自の「全能神」理論(すなわち、全能神教会の教えとは異なる理論)を持っていたと、この点を正しく説明しています。吕迎春は、当初から自身が絶対的な権威を持つ「神の長子」「御子」であると信じており(後に、その神聖な特権を張帆と共有することになりますが)、それが彼女の主張に神聖があると信じる少数の「自己満足集団」の創設につながりました。

それにもかかわらず、2018年になっても、全能神教会を標的とした迫害は激化し、数多くの逮捕者を出す中で、中国共産党はもともとは自ら偽ニュースを流したことを都合よく忘れ、BBCをはじめとする欧米メディアを信頼できるメディアソースとして引き合いに出しマクドナルド殺害事件をいまだに全能神教会のせいにしようとしています。「これは、『偽ニュースに関する偽ニュース』という面白い事件であり、数年経った今でも、中国共産党マクドナルドでの殺人事件を持ち出し、迫害を正当化する必要があると感じているようだ」とイントロヴィーニは結論づけています。