パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

チベットも 中共コロナウイルスを終息し、サカダワの時期になった

 

チベット人学生、州労働者、ラサでの宗教的行事を禁止

 
 
 

f:id:yoshi-osada:20200527115148j:plain

中国の警察がチベットの首都ラサのポタラ宮の前でパトロール
ファイル写真
 

チベットの情報筋によると、中国当局は、サガダワの仏教の聖なる月の間、チベットの地方首都ラサの公務員と学生を注意深く見守っており、伝統的な宗教的集会に参加することを禁じています。

チベット太陰暦の4か月目にあたる今年5月23日に始まったサガダワは、仏の誕生、死、悟りを記念して、世界中の仏教国で伝統的に祝われています。

ラサの有名なジョカン寺院やその他の宗教施設は現在一般に公開されていますが、「学生、政府職員、州の年金生活者は宗教行事に参加することはできません」と市の住民の1人がRFAのチベットサービスに語った。

チベット人の学童の両親も同様に、中国当局との会談で、子供たちがサカダワの間に宗教儀式に出席することを許可しないよう警告されている、とRFAの情報筋は匿名の条件で語った。

「当局は、共産党員、公務員、および宗教儀式に出席したことが判明した学生が深刻な結果に直面することになると警告している」と情報筋は述べた。

「ラサでの警察活動もこの時期に増加している」と彼は付け加えた。

「ラサでのコロナウイルスの最初の発生の間、チベットの学校はすべてかなり長い間閉鎖されていた」とラサの第二の情報筋は述べた。

一方、ラサ地区の学校は、市内でのコロナウイルスの蔓延を恐れて、長い期間の閉鎖に続いてついに開校したと、ラサの別の情報筋はRFAに語った。

「ラサでコロナウイルスが最初に発生したとき、チベットの学校はすべてかなり長い間閉鎖されていた」と、学童の親は、彼が名前を挙げられていないことを条件に語った。

「徐々に、学校は再開しましたが、幼稚園と保育所はほとんど閉鎖されたままで、5月25日にのみ再開しました」と彼は言った。

この地域の情報筋によると、中国のチベット人が住む地域の当局は、チベット仏教の子供たちへの影響を制限しようとしてきました。

ヤンドンデモによるRFAのチベットサービスの報告。ドルジー・ダムドゥル訳。Richard Finneyによって英語で書かれました。