パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です 転載はご自由に  HPは http://palden.org

ファーウェイ社員のヴィザも制限へ 「ウイグル族の人権弾圧に協力し、情報を盗み取っている」と批判

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

宮崎正弘のホームページhttp://miyazaki.xii.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2020 ◎転送自由。転載の場合、出典明示

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和2年(2020)7月17日(金曜日)
       通巻第6591号 <前日発行>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 米国、ファーウェイ社員のヴィザも制限へ
ウイグル族の人権弾圧に協力し、情報を盗み取っている」と批判
***********************************

 ポンペオ国務長官は7月15日に「中国政府による人権侵害に加担している」として、中国人のヴィザ発給を制限する声明をだした。とくに「華為技術」(ファーウェイ)を名指しで批判し、「人権を抑圧する中国政府の監視網の一翼を担っている」とした。

 同長官は「中国政府は反体制派の検閲や、新疆ウイグル自治区での強制収容施設の運営に携わり、ファーウェイ社員らは人権侵害政策を支援している」と認定した。またファーウェイ製品を使用すると、「重要情報が窃取される恐れがある」として西側諸国に警告を発している。

 そのファーウェイのスマホ、欧米で劣勢、売れ行き激減にある。
 しかし13億の市場がある中国国内で覇を握るのが、西側が制裁しているファーウェイなのだ。中国市場で売れ行きが回復し、対照的に首位のサムスンスマホは、出荷が減っている。サムスンの第二四半期の出荷台数は30%以上の落ち込みと報じられている(日本経済新聞、2020年7月8日)。

 嘗てのスマホの王者はアップルだった。米中貿易戦争、ハイテク戦争の波をもろにかぶった同社は、このところ大きく後退し、中国のスマホ廉価OPPOや小米にも追いつかれそうな気配だ。だが、ファーウェイの天下は長続きしないだろう。アップルの王座奪還も視野に入ってきた。

 第一にファーウェイの基本OSはグーグルで、この使用が禁止されたため、中国国内ですらユーザーは他機種への乗換が顕著になっている。加えてインドでの中国製品排斥運動は中国製スマホがボイコットの主標的だ。
あまつさえ、これらのマイナス要因に、半導体に自製化が遅れていることだ。
半導体、中国の次世代技術開発で死命を制する要素である。中国自製の半導体メーカーはSMICのほか、「ハイシリコン」や紫光集団があるが、台湾と比べても四年から五年の遅れがある。

 第二に半導体製造装置を中国は、外国に全面依拠している。米国、日本で全体の80%以上を占め、ここにオランダと韓国が加わる。

 第三に半導体の設計は英国アーム社である。ファーウェイ子会社の「ハイシリコン」が猛追してはいるが、特許の関係など問題が多い

 第四に設計ツールではケイデンス・デザイン・システム、シノプシス(いずれも米国)が圧倒的である。

 第五に液晶パネルは近未来には旧型となり、有機ELが代替する。つまり、パネル産業界が再編されようとしているのだ。
 ファーウェイは、2020年上半期までに二兆円以上を投じて、弐年分の半導体在庫を抱えている。半導体は日々変化して向上しており、在庫だけでは新型開発と販売は難しくなるだろう。


 ▼半導体供給切れを見越して、二年分をストック

 従来。半導体の中国への供給源はサムスンと台湾のTSMCだった。米国の圧力で、TSMCが脱落し、ハイテク工場を米国アリゾナ州に建設する。F35の部品にもつかわれるから、べいこくは安全保障上の理由を挙げたのだ。

 したがってファーウェイは、今後、中芯國際集積電路(SMIC)半導体を依拠せざりを得ない。中国の自製率は2020年7月現在35%まで躍進したというが、その量ではなく自製製品の「質」が問題なのである。

 ファーウェイが半導体自製化と言っても、根本は半導体製造装置であり、これを中国は作れない。だからオランダ、日本、米国に全面依存してきた。
 トランプのファーウェイ排斥路線は、オランダASLM社の半導体製造装置の出荷を止めさせた。ASLM社の寡占以前はニコンとキャノンが競合していたが、ともにレースから脱落した。

日本は日米同盟という基本的な条件があって、米国追随路線だから、もちろん中国への輸出は出来ない。そこで中国が目につけたのは日本の半導体製造メーカー「東京エレクトロンのエンジニア確保だったのである。
コロナ災禍でANAがチャーター機武漢に飛ばしたが、半分が自動車部品関連、のこりの多くが半導体製造装置のエンジニアだったことをお忘れなく。

 さらなる問題点は液晶パネルである。これまでも現在も、パネル・ディスプレーの主力は液晶である。日本ではJDI、シャープが大供給源だったし、材料も日亜化学三菱ケミカルなどだった。

 ところが、アップルが新機種を「有機EL」とすることになり、産業地図ががらりと塗り変わる。有機ELは、その材料を日本の出光興産、住友化学、日鉄ケミカル・マテリアルなどが生産している。有機ELは、発光する赤緑青の有機化合物で映像を表示するので、液晶パネルより画像が鮮明になる。次期5G対応のスマホすべてを、アップルは有機ELに切り替え、首位奪還を目指す。
 この趨勢を見越した韓国LG化学は、中国の武漢と広州にある液晶向け偏光板工場を、中国企業の杉杉集団に売却する。お得意の高値売り逃げ? 


 ▼最大の難関は次世代の半導体製造装置だ

 そして最大の難関は次世代の半導体製造装置である。EUV(極端紫外線)ではシェアの100%を持つのが日本の東京エレクトロンなのである。しかも同社は1350億円を研究開発費に投じる。このニュースで同社株は200%の値上がりを示したが、他方で中国へ相当数のエンジニアを派遣している実態が気になるところだろう

 EUV(極端紫外線)はシリコンウエハーに塗布現像(光りに反応する薬品を塗る)、辻で極端紫外線を当てて、不要な部分を取り除く(エッチング)、そして洗浄である。このプロセスにおける露光装置はオランダのASMLが世界唯一のメーカー、ほかのプロセスでは日本勢が強く、光源装置ではキガフォトンコマツの子会社)、検査機では日本のレーザーテックが気を吐いている。

こうした次世代技術開発戦争の下、順風満帆にみえたファーウェイの前途には祥雲どころか暗雲が立ちふさがり始めた。
  ☆○▽◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□☆☆   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(休刊のお知らせ)7月19日(日曜)は小誌、休刊となります
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
集中連載 「早朝特急3」(第51回) 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 第三部 暴走老人、地球の裏側へ(その10)

第十章 デンマーク、ノルウエイ、スウェーデン

 ▼北海油田で景気がよいデンマークも、経済停滞のノルウエイも夏場は観光客で満員

 デンマークと言えば日本人の印象はアンデルセンの人魚姫、酪農、北海油田。。。。
 他に思いつくことと言えば哲学者のキルケゴールの名前が浮かべばかなりの読書人だろう。庶民にとっては女王の国、ちょうど皇太子殿下が親善訪問を済まされ帰国された翌日に筆者はコペンハーゲン空港に降り立った。
 初夏というのに寒い。さすがに北欧である。そのうえ白夜。午後十一時でも明るい。人通りのない道路が真昼の明るさ!
 町を歩いて最初の驚きは自転車の列、自転車専用道路が歩道と車道の間に色違いのタイルでしつらえてある。そればかりか通勤電車に自転車のまま乗車できる。通勤・通学の足である。ヘルメットを被っている人が少ない。そのくせやけにスピードを出すのだ。
 続けての驚きは駐機場の支払いから公衆便所、コカコーラ一本に到るまですべてがクレジットカード決済だったことである。
 食堂でビール一本でもコンビニでアイスクリーム一個でも、現金ではない。ちなみに北欧四ヶ国の現金決済率は平均で4-5%。スエーデンは2%である。
 世界最先端のキャッシュレス社会だ。中国は、この国をモデルにしたのかな?

 コペンハーゲン中央駅は国際列車が頻繁に行き交うが、そこから繁華街へ歩くと、やたら目につくのが寿司バアではなく中華料理レストランだった。
 もちろん時期的には「コロナ以前」の頃である。
 歩行者の蝗の大群は中国人ツアー。北欧は旅行シーズンだったせいか、何処へ行っても行儀の悪い、大声を響かせる中国人の団体客ばかりだ。外貨持ちだしがひとり年間五万ドルに制限されているため爆買い風景はなかった。
 冷気を感じるのだが、現地の人は半袖、南国からの旅人はコートを羽織り防寒頭巾のいで立ち、季節感がちぐはぐである。オープン・カフェではストーブが焚かれている。
 怪しげな一角はストリップ劇場、街娼が立っている。セックス器具を扱う店が並ぶ裏道は入れ墨屋が軒を連ね、治安が悪そう。
 疲れたので「東京」という日本食レストランに入ると現地人で賑わっている。店員は全員が日本人だ。朝日ヒールがチェコ製、麒麟ールはドイツ製だった。小瓶が一本800円。物価が高い理由は消費税が25%だからだ。
 物価の話をすればタバコは一箱800円、コンビニでビールを買えば一本200円ほど。デンマークの物価は高いと思うが、通貨高の所為もあって逆にスエーデンやノルウエイなどに比較すると安い。
 ビール二本程度では飲酒運転とは見なされず、規則は寛大である。
 北欧四ヶ国のうち、フィンランドだけがユーロ。残り三ヶ国(デンマーク、ノルウエイ、スエーデン)はそれぞれが王国でもあり独自通貨クローネである。デンマーク・クローネが飛び抜けて高いのは北海油田のせいで景気が良いからだ(1デンマーククローネは16円74銭。スエーデン・クローネは12円21銭。ノルウエイ・クローネは11円52銭。いずれも2020年7月14日のレート)。

 酪農国デンマークは食糧自給率が200%。輸出の稼ぎ頭の豚肉は日本でも有名だ。本国の45倍の面積をほこるグリーンランドはデンマーク領である。ほかに漁業国でもあり近年は胃袋の大きい中国への輸出に熱い目を注ぐ。どうやらデンマークにとっても、中国は大事なお客様だ。
 ユーロには加わらないがNATOのメンバーであり、しかも徴兵制がある。ただし定員がいつもオーバーするため18歳以上の男子はくじ引き(四人に一人の割合)で軍隊へ入る。

 ▼シェンゲン協定に加盟して、何が起きたか?。

 デンマークは域内の人の移動を自由とする「シェンゲン協定」を締結しており、したがって移民には寛大だからイスラム教徒がとくに目立つようになった。黒人も多い。
 キリスト教プロテスタントが主流で、所得の1%を教会税として納める。だから若者の宗教離れはドイツとそっくり。
 この国には専業主婦がいない。女性の就業率は世界一。育児休暇は一年。出産も同時に奨励されている。
 教育制度は実にユニークで義務教育は九年だが、クラス替えが九年間ないのだ。担任教師もずぅっと変わらない。しかも大学まで無償。ついでにいえば医療も無償でサウジアラビア並み。
 このシステムが軋むのは移民の流入によって基金が欠乏しつつあり、今後、学費と医療費の無償という福祉システムは徐々に失われるだろうと予測される。
 もっとユニークなことがある。
 市会議員はボランティアだから無給。したがって午前7時開会、ときに午後八時から。投票率は90%あって、ボランティア市会議員への立候補者が犇めく。労働組合は産業別で編成されており、会社毎の労組はない。

 翌朝、人魚姫の像を見に行ったが、海に突き出しており、そのうえ夥しい人出。撮影したいという意欲が失せた。
 アマリエンボー宮殿は女王陛下が不在だったが、たとえおられても中庭まで自由に出入りできるほどに開かれている。

 衛兵の交代式が一時間毎に行われ、近くの波止場には女王陛下専用の大型ヨットが停泊している。貴賓を迎えてのパーティはこのヨットで開催される由だ。
 対岸はオペラハウスで、冬は屋上がスキー場、夏は高飛び込み場に利用されるとか。このオペハウスは世界一の海運会社マースクの社長が寄付した。
 興味があったのは運河を挟むニューハウン地区である。中世の船乗り宿、居酒屋の名残がある小さなタウンだが、狭い運河の両岸の路地に建物がせせっこましく建ち並び、中世の面影を留める町並みだ。道路はぎっしりとレストランの椅子がはみ出している。
 小さな公園にはハトが飼われ、おまけに運河からは観光船がひっきりなしに発着するので付近は慢性的な交通渋滞。駐車場は国外の長距離バスが鈴なり、デンマークの運転手は止めるところがないと不満たらたらである。陸続きだからドイツ、ポーランドチェコから安いツアーが集中するためだ。
 ストロイエ地区はコペンハーゲンの銀座、ショッピング通りでブランド品の旗艦店も軒を競う。歩行者天国と聞いて歩いてみた。どこの国にもある町並みとほとんど変哲がなかった。

▼「コペンハーゲン民主サミット」にポンペオ、蔡英文、黄之鋒が勢揃い

 2020年6月18日から二日間、コペンハーゲンで、世界の民主活動家、政治家を集めた「コペンハーゲン民主サミット」が開催された。今年はコロナ禍のため多くの参加者はテレビ会議よった。
 ポンペオ米国務長官は「中国の西側への挑戦」と題して基調演説を行い、「中国は香港の言論の自由を封鎖し、中国の一部として扱う懼れが強い」とした。
 コペンハーゲン民主サミットは元デンマーク首相(元NATO事務局長)のラスムセンが組織した「自由同盟」が主催、EUの政治家が一堂に会して自由と平和を議題にする。
 初日のトップバッターは、なんと「香港民主化運動」のリーダー、黄之鋒だった。
 「香港安全法が北京で具体的討議にはいり、私の自由な発言はこれが最後かもしれない」と悲壮な表情で語った。
 ポンペオは「コロナ災禍で情報を隠蔽した中国を非難し、ウイグル強制収容所における洗脳教育は人権に悖る」と中国を激しく攻撃した内容と歩調をあわせた。
 二日目の台湾の蔡英文総統のスピーチが注目を集めた。プログラムの扱いも別格で、蔡英文の顔写真はポンペオや米国歴代国務長官ジョン・ケリー、オルブライドよりもターンブル前豪首相、ブラッド・スミス(マイクロソフトCEO)よりも大きい。蔡総統は「台湾はコロナの防疫で成功した。民主主義の勝利である」と訴えた。 
 欧州各国は5月28日の中国全人代で「香港安全保障条例」が採択されたことを非難し、「自由、民主、法治、人権を脅かす」との共通認識をもっている。
 この会議の前段は6月2日だった。ポンペオ国務長官は往時の天安民主化運動の活動家だった四人をワシントンに招いて懇談したのだ。招かれたのは王丹、李蘭菊、李恒青、蘇暁康。王丹はウアルカイシに替わって民主派のスポークスマン的な役割を演じてきた。
 席上、ポンペオは「中国民主化のために米国が支援できることは何か?」と問い、王丹らの説明に熱心に耳を傾けた
 天安門の虐殺を逃れ、欧米に亡命した民主活動家たちは、強い連帯も何時の間にか分裂を繰り返し、往時の影響力を失ったかに見えた。反政府、反共、反共産党で顕著な戦いを続けているのは法輪功らいだったが、昨今の中国の横暴に勢いが盛り返したのだ。

 ▼ノルウェーの森

 森と湖のくにはノルウェイだ。
 コペンハーゲンから飛行機でノルウエイのベルゲンという町へ飛んだ。シェンゲン協定加盟国だから入国審査はない。
 ここが世界遺産に登録されているフィヨルド観光の拠点である。
 100キロ東に位置するヴォスという町へ、ここからフイヨルドを廻遊する鉄道がミュルダール、フロムへと繋がる。世界遺産のネーロイ・フイヨルドから、ツギニソグネ・フィヨルドへは湖を二時間かけてクルーズ船が出発し、つぎにハンダゲル・フィヨルドへ到る。かなりの強行軍だが、この行程だと三つのフィヨルドを一日で見たことになる。
 峻険な?、峨々たる岩山、深い湖。これらが氷河期の氷が溶けて地形を荒削りに変えて渓谷を形成した。日本人から見れば奇観である。
 クルーズ船ではビールが1500円、いきなりデンマークの倍の値段になる。ノルウェイの自慢は「デンマークはたった三時間でナチズに降伏したが、われわれノルウエイ人はは三日闘った」ことらしい。しかし三時間と三日は何が違うのか? 差違は空爆の被害である。デンマークはすぐに降参したので無傷だった。
 共通するのはドイツへの敵愾心と警戒であり、これがスエーデンかフィンランドへ行くとロシアへの警戒心が露骨になる。
 村上春樹『ノウウエィの森』は世界的ベストセラーで、どの書店にも積んであるが、中国では『ノルウエイに森はない』という類似亜流小説まででたことを思い出した。

 ▼オスロで見たムンク「叫び」

 次の日、バンダゲル・フィヨルドを後に、一日がかりのバスの旅は渓谷、トンネル、高山を越え、首都のオスロまで365キロの長いドライブとなった。
 坂道を上り降りし、くねくねと回り、途中に名物の瀧が何カ所もあるので休憩をとったりするので、朝九時にでても、オスロ着は午後五時になった。
 山頂には残雪、針葉樹、高山植物と山羊、馬、スキー場のあるリゾートは世界から登山客やトレッキング愛好者を集める。どこへ行っても中国人だらけである。
 首都のオスロは想像してきた以上に狭い町だ。こざっぱりとして清潔だが、なにし小粒で、これが首都か、という感じである。
 大聖堂もさることながら、やはり見たいのはオスロ市庁舎ホールである。小さな公園広場を横切ってゆるやかな階段を登ると、ノーベル賞受賞式の開かれるホールがゆったりと広がって、四方の壁画は平和のシンボルだらけだ。
 ここで国王陛下主催の晩餐会が開かれ、世界のテレビが報道する。

 もう一つ、オスロで是非とも見たかったのはムンク「叫び」だった。
 セザンヌゴッホピカソなど名画が揃う同美術館は世界から美術愛好家、美大生徒らが押し寄せるので、ムンクのコーナーは人がひしめきあい、撮影が自由なので、絵画をバックに記念撮影に熱中している。筆者はほかの絵に目も呉れず「叫び」を見続けた。
 この絵は四枚あって、一枚はオスロのほかの美術館に、もう一枚は世界の何処かに、そして最後の一枚は米国の大富豪が96億円をはたいて買った。
 「叫び」は索漠荒涼なる町を背景に、耳をつんざくようなまがまがしい音響に耳を塞ぐという図柄である。
 ムンクの狙いは愁い、孤独、寂寥にあるとされるが、絵画の解釈は見る人の自由であり、ほかの傑作マドンナのほうが芸術性が高いと言われる。
 批評家はなぜか、この絵に熱中するのだが、筆者にとってもやはり「叫び」の絶望的孤独のモチーフに惹かれるのだった。
        ☆○◎☆◎○☆○◎☆◎○☆○◎☆    
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(休刊のお知らせ)7月19日(日曜)は小誌、休刊となります 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者之声
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   ♪
(読者の声1)中国はV字回復し、GDPは3・2%のプラスと中国国家統計局が発表しました。[V字回復]とは劇的な、あまりにも劇的な印象ですが、これは本当の数字でしょうか?
  (TY生、三鷹


宮崎正弘のコメント)コロナは「退治した」そうです。王毅外相は先日の記者会見で「中国は過去五千年、他国を侵略したことはない」と言い放ちました。
 そしてV字回復です。中国人だって、誰も信用しないでしょう。
   ○△□◇◎○△□○△□◇◎○△□◇◎  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ●宮崎正弘の新刊 ●宮崎正弘の新刊 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
   ♪
『WHAT NEXT(コロナ以後大予測)』(ハート出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4802400993/
宮崎正弘『「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する』(徳間書店)
https://www.amazon.co.jp/dp/4198651167
新型肺炎、経済崩壊、軍事クーデターで、さよなら習近平』(ビジネス社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828421769/
『CHINAZI(チャイナチ) 崩れゆく独裁国家・中国』(徳間書店
https://www.amazon.co.jp/dp/4198649871

♪♪
<< 宮崎正弘ロングセラーズ >> 
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『地図にない国を行く』(海竜社)
『日本が危ない!  一帯一路の罠』(ハート出版)
『AI管理社会・中国の恐怖』(PHP新書)

   ♪♪♪
<< 歴史評論シリーズ >>
神武天皇以前 (縄文中期に天皇制の原型が誕生した)』(育鵬社、1650円)
https://www.amazon.co.jp/dp/459408270X/
明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店 定価1650円)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07PWLGXRS/
吉田松陰が復活する』(並木書房、1650円)
西郷隆盛 ──日本人はなぜこの英雄が好きなのか』(海竜社、1650円)
『取り戻せ 日本の正気』(並木書房)

  ♪
<< 宮崎正弘の対談シリーズ >> 
宮崎正弘 v 渡邊惣樹 『戦後支配の正体 1945-2020』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 石 平  『ならず者国家習近平中国の自滅が始まった!』(ワック)
宮崎正弘 v 西部 邁 『アクティブ・ニヒリズムを超えて』(文藝社文庫)  
宮崎正弘 v 渡邊哲也 『コロナ大恐慌中国を世界が排除する』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 田村秀男 『中国発の金融恐慌に備えよ!』(徳間書店)) 
宮崎正弘 v 高山正之 『世界を震撼させた歴史の国 日本』(徳間書店) 
宮崎正弘 v 河添恵子 『中国、中国人の品性』(ワック)  
宮崎正弘 v 宮脇淳子 『本当は異民族がつくった虚構国家 中国の真実』(ビジネス社) 
宮崎正弘 v 藤井厳喜 『米日露協調で、韓国消滅!中国没落!』(海竜社)
宮崎正弘 v 室谷克実 『米朝急転で始まる中国・韓国の悪夢』(徳間書店
宮崎正弘 v 福島香織 『世界の中国化をくい止めろ』(ビジネス社)
宮崎正弘 v 馬渕睦夫 『世界戦争をしかける市場の正体』(ビジネス社)

   ◎○☆○◎☆◎○☆○◎☆◎○☆○◎☆◎○☆○◎☆    
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2020 ◎転送自由。転載の場合、出典明示
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~