パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

米国は ウイグル人の扱いに「ジェノサイド」(民族浄化)のラベルを付けることを検討する  

米国は中国のウイグル族の扱いについて 民族浄化の状況を重視

2020-08-26RFAより邦訳転載
 
 
 
 
 
2019年2月5日、中国の「再教育」キャンプで不当に投獄された多数派ムスリムウイグル人の自由のために国務省が戦うように促すために、ニューヨークの国連ミッション以外の集会に人々が参加します。
2019年2月5日、中国の「再教育」キャンプで不当に投獄された多数派ムスリムウイグル人の自由のために国務省が戦うように促すために、ニューヨークの国連ミッション以外の集会に人々が参加します。
AFP
 

 

 

 

 

 

 

 

米当局は水曜日にワシントンが報じられた後、少数派の180万人ものメンバーが再教育キャンプに送られた新疆ウイグル自治区ウイグル人の虐待を止めるよう中国に圧力をかける「様々な方法」を検討している。ウイグル人の扱いに「ジェノサイド」のラベルを付けることを検討する  

北京は、XUARにある3年前のキャンプのネットワークを、仕事スキルと戦闘過激主義を提供する自発的な「職業センター」と説明しているが、RFAや他のメディアの報道によると、被拘禁者は彼らの意志に反して厳しい状況に置かれている非人道的な扱いと政治的教化に耐えざるを得ない。

トランプ政権はすでに北京でのウイグル人への対応に打撃を与えており、最近では、キャンプや強制労働と人口管理のプログラムに責任があるとみなされた中国当局者と国営企業体に制裁を科している。

「当局は、人権侵害やウイグル人、カザフ民族、キルギス、新疆の他のイスラム教徒少数派グループのメンバーの虐待の強制について、強制中絶や強制不妊などの強制的な人口抑制措置を含め、一貫して意見を述べてきた」前記。

「私たちは中華人民共和国に新疆での人権侵害をやめるよう働きかけるために懸命に努力しており、常にさまざまな対策を評価しています。我々は潜在的な行動についてコメントしない」と当局は言った、新疆の大虐殺の指定の根拠に関する複数の機関のレビューの報告。

オンラインジャーナルのPoliticoは8月25日のレポートで、ジェノサイド指定の可能性についての話し合いが国務省、国家安全保障理事会国土安全保障省の担当者によって行われているが、「まだ初期段階」であると述べた。行政当局。

「ジェノサイドという用語を使用するのに十分なコンセンサスがない場合、政府は代わりに、「人道に対する犯罪」または「民族浄化」などの他の残虐行為の中国の指導者を非難する可能性がある、とPoliticoは述べた。

ホワイトハウスは、報告された大量虐殺の審議についてコメントすることを拒否しましたが、NSCのスポークスマン、ジョンウリョットは、新疆における強制労働、中絶と不妊、その他の虐待に対する最近の米国の制裁およびその他の措置を列挙した声明を発表しました。

ウイグル人に対する北京の残虐行為には、強制中絶、強制不妊、およびその他の強制避妊法、国家主導の強制労働、拘留中のレイプによるものを含む性的暴力、ハン[中国]当局による強制ホームステイなど、女性に対する恐ろしい行為が含まれます。そして強制結婚」と声明は言った。

中国共産党の残虐行為には、第二次世界大戦以来の少数民族の最大の投獄も含まれる」とウリオット氏は付け加えた。

米国における超党派の支持

超党派の米国国際宗教自由委員会(USCIRF)の委員であるNury Turkel氏は、彼の独立した連邦政府機関はトランプ政権に提案された指定を進めることを望んでいると語った。

「USCIRFは、中国共産党が犯した残虐行為を正式にジェノサイドとして指定するよう国務長官に要請してきた」とTurkel氏は述べ、中国がウイグル人の子供を家族から分離し、ウイグル人の人口増加を防ぐためのキャンペーンを拡大し、規定のリストに含めた。ジェノサイドの法的定義を満たす。

「虐殺の合衆国政府の公式の承認は残虐行為を終わらせるのを助けるでしょう」とTurkelは言いました。

ポリティコの報告に応えて、ジョーバイデンの大統領選挙キャンペーンのスポークスマンであるアンドリューベイツ氏は声明を発表し、次のように述べました。最強の条件でそれに対して。」

ドイツの研究者、エイドリアンゼンツ氏は、XUARのウイグル人を対象とした強制不妊手術と妊娠中絶の件数が近年劇的に増加していることを詳述しているレポートの共著者であり、国務省による指定と超党派支持の兆候を歓迎バイデンキャンプから。

新疆ウイグル自治区での劇的な人権侵害に関する圧倒的な証拠があれば、国務省がこの残虐行為の性質について正式な指定をする時がきた」共産主義記念財団。

「新疆における残虐行為に関するバイデンのキャンペーンの強力な声明は歓迎されるべきである」と彼は付け加えた。

ドイツを拠点とする亡命世界の大統領であるドルクン・イサは、「新疆ウイグル自治区での大量虐殺に関する米国の調査結果は、他の国や組織に電流を流し、関係当局から法的説明責任を求めるとともに、ウイグル人の苦しみに対する賠償を求める」と述べた。ウイグル議会。

ホロコースト博物館によると、米国国務省は冷戦終結以来5件の事件で「ジェノサイドが発生したとの声明」を発表しています。ボスニア(1993)、ルワンダ(1994)、イラク(1995)、ダルフール(2004) 、およびISISの管理下にある領域(2016および2017)。RFAのウイグルサービスについて、Alim Seytoffによって
報告および翻訳されました。Richard Finneyによって英語で書かれました。