パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

中国での信教の自由:状況報告 「国連人権委員会では 中国の大変な人権侵害を指摘する39ケ国と 中国に金で買われた65ケ国がパキスタンやキューバを代表に中国援護を行っている」

f:id:yoshi-osada:20200710204919j:plain


国連の
39か国は新疆ウイグル自治区、   チベット、香港 および中国からの難民に対し 「重大な懸念」を表明

ドイツのイニシアチブは、以前のケースではイタリアを含む中国について沈黙を守っていた国々によっても支持されました。

マッシモ・イントロヴィーン

右側は、国連で39カ国の声明を読んだドイツ大使クリストフ・ホイスゲン
右側は、国連で39カ国の声明を読んだドイツ大使クリストフ・ホイスゲン(クレジット

北京のひどい人権記録について発言した場合、商業的報復の脅威に脅かされることを受け入れる民主主義国はますます少なくなっているため、中国の風は変わりつつあります。

ドイツは現在、ニューヨークの国連で10月6日に読まれた文書の署名者のリスト公開しています

39か国には、アルバニア、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ボスニアヘルツェゴビナブルガリア、カナダ、クロアチアデンマークエストニアフィンランド、フランス、ハイチ、ホンジュラスアイスランドアイルランド、イタリア、日本、ラトビアリヒテンシュタインリトアニアルクセンブルグが含まれます。 、マーシャル諸島共和国モナコナウルオランダ王国ニュージーランド北マケドニアノルウェーパラオポーランドスロバキアスロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、米国に加えてドイツへ。

イタリアを含め、過去に同様の文書に署名しなかった国の存在は重要です。おそらく、米国務長官マイク・ポンペオのヨーロッパ中の非常に悪意のある最近の旅行は、結局、いくらかの実を結びました。

この文書は、新疆ウイグル自治区と香港の人権状況に焦点を当てており、チベットと中国の宗教的迫害全般についても言及しています。それは、「2020年6月に、50の国連特別手続が人権を尊重するように中華人民共和国に呼びかける例外的な懸念の手紙を発行した」と述べています。39か国は懸念を共有し、「中国に対し、人権、特に新疆ウイグル自治区チベット自治区の宗教的および少数民族に属する人々の権利を尊重するよう求める」。

39か国は、新疆ウイグル自治区における「政治的再教育」キャンプの大規模なネットワークの存在を非難し、信頼できる報告によると、100万人以上が恣意的に拘留されている。重大な人権侵害の報告が増えています。宗教や信念の自由、移動、結社、表現の自由、そしてウイグル文化には厳しい制限があります。広範囲にわたる監視は、ウイグル人やその他のマイノリティを不釣り合いに標的にし続けており、強制労働や不妊手術を含む強制避妊についての報告が増えています。」

国連の専門家グループはまた、「香港国家安全保障法の多くの規定は中国の国際的な法的義務に準拠していない」と結論付けた。39か国は、「特定の事件を起訴のために中国本土に移送することを認める国家安全保障法の要素について深い懸念を表明している」。彼らは、「関係当局に対し、ICCPR(市民的および政治的権利に関する国際規約)および言論の自由、報道および集会の自由を含む中英共同宣言の下で保護されている権利を保証するよう要請する。」

この文書は、中国に対し、「国連人権高等弁務官事務所およびその事務所を含む独立したオブザーバー、および関連する特別手続義務保有者に、新疆への即時の意味のある自由なアクセスを許可する」こと、および「ウイグル人の恣意的拘禁および他の少数派のメンバー。」

この文書はまた、中国に対し、「香港の自治、権利、自由を支持し、香港司法機構の独立を尊重する」ことを求めています。

最後に、この文書は、中国での迫害から逃れ、海外で亡命を求める人々の状況に関するものです。39の警告によると、世界のすべての国は「ノン・ルフール原則を尊重する」べきであり、これは中国からの難民が拘留され迫害される国に送り返されるべきではないことを意味します。今や39の署名者がこの原則を尊重し始めると期待するのは合理的であるように思われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

方や中国本土は CCPウイルスで大稼ぎ

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和2年(2020)10月9日(金曜日)
        通巻第6665号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パンデミックの災禍で逆に肥った中国の億万長者たち
新興財閥114名で稼ぎ出したのは

1兆6800億ドル
***************************************


 一月にパンデミック本格化。十月になってもおさまらず米国の死者21万人、インド14万人。インバウンド業界は死にいたる病。飲食店は廃業が目立つ。失職し、自殺に追い込まれた人も夥しい。

 こんな時に荒稼ぎ?
 引き籠もり、テレワーク、食糧の配達。隔離授業、テレビ会議等々。つまり通信、ゲーム、運搬業が益々業績を伸ばしたことは明らかである。

 アリババ、テンセント、ネットイーストなど中国の新興企業のめざましいばかりの業績の躍進に助けられ、沈没寸前だった上海株式市場は、これらの重複上場で、なんとか維持できた。ウォール街から排斥される中国企業が多い状況下、一部の企業は香港と上海市場に重複上場をやってのけた。

 中国の新興企業、そのCEOらが稼ぎ出したのは1兆6800億ドルとなった。因みに米国の億万長者は10兆2000億ドル。2010年の中国の其れは2880億ドルだった。

 さらに因みにナイジェリアのGDPは4480億ドル,香港のGDPは3660億ドル。そのうえ、香港財閥は、中国の新興財閥の躍進に比べると、甚だしく数字が劣り、ランキングに辛うじて残るのは数社のみとなった。
 日本企業? 
孫正義は借金王。ゴーンが去って、高額所得者はほとんど不在である。
       ☆○▽◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□☆☆   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~