パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

中国国内においての 数々の人権違反に対しての国連における人権理事会の議席維持に対して 中国代表は力(金で買った65か国の支援を得て)で議席を守ろうとしている

グループ、活動家は国連人権理事会の議席に対する中国の提案に反対するキャンペーン

2020-10-08 RFAより邦訳転載
 
 
 
 
 
 
中華人民共和国の旗は、ニューヨークの国連本部での北京の任務で飛んでいます、naファイル写真。
中華人民共和国の旗は、ニューヨークの国連本部での北京の任務で飛んでいます、naファイル写真。
 AFP
 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   国際人権団体は、北京が国際人権システムを弱体化させようとし、新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒の大量迫害と投獄を続けていると述べ、中国が国連人権理事会の議席を維持することを許可することに投票しないよう国連加盟国に呼びかけている

ニューヨークを拠点とするヒューマン・ライツ・ウォッチHRW)と中国人権擁護者(CHRD)ネットワークは今週10月13日、中国とサウジアラビアでの一連の人権侵害に注意を喚起する声明を発表し、候補者の権利侵害を考慮に入れるために加盟国は次の人権理事会に投票すると述べた。

中国人権擁護者CHRDは木曜日にツイッターアカウントで、「中国での人権侵害の増加と政府の[国連]勧告の完全な実施の失敗に対応して、国連加盟国に強力かつ効果的な行動を取るよう要請する」と述べた。同グループはウェブサイトの声明で、「中国政府は、意味のある方法で人権を保護および促進することに失敗し、国連の普遍的定期審査プロセスを悪用した」と述べた。



与党の中国共産党は、2018年11月の人権審査中になされた58の勧告のいずれも実施できなかったと述べた。「習近平のますます厳しくなる支配の下で、中国政府は、特に政府によるCOVID-19のパンデミックへの対応、新江とチベット少数民族の迫害、およびの削減に対する批判の取り締まりにおいて、人権抑圧をエスカレートさせた。香港の市民的および政治的自由」と述べた。北京を拠点とする権利活動家の胡佳は、国連機関における北京の存在感と影響力の高まりが世界的な懸念の原因になるはずだと述べた。


「西側諸国からの非難に直面して、中国共産党は国民の批判を回避するために攻撃を続けた」と胡主席は最近のインタビューでRFAに語った。「嘘が何度も繰り返されることが真実になるというナチスの宣伝大臣ゲッベルスの考えに基づいて、彼らの声は北京が非常に短い時間で権威主義国家の指導者としての地位を固めるのに十分なほど大きくなった。」
「中国は、人権の記録が悪い国々を制圧してギャングに加わるためにドル外交に取り組んでおり、お互いを保護する国際社会における国境を越えた地下世界の利益のネットワークを形成している」と胡主席は述べた。「彼らは、国連がこれまでに持っていた価値や重要性を破壊しています。」



#VoteNoChina(中国に票を投じない)

 

現在、中国国民は4つの国連機関でトップの職に就いています

食糧農業機関(FAO)の屈冬玉。

国際民間航空機関(ICAO)のFang Liu; 

国際電気通信連合(ITU)の趙厚邑。

国連工業開発機関(UNIDO)の李勇。

ウイグル人権プロジェクト(UHRP)は、ソーシャルメディア#VoteNoChinaハッシュタグの下で、XUARで北京が「現在ウイグル人に対して大量虐殺を行っている」と述べ、キャンペーンにその声を加えました。

同グループの事務局長オメル・カナト氏は声明のなかで、「現在ウイグル人に対する大量虐殺を行っている中国政府が、世界中の人権保護を監督する責任を負う国連機関に選出される可能性の背後にある誤った論理を理解するのは難しい」と述べた

同グループは、中国政府は、文化権侵害、集会の権利、強制失踪、表現の自由、プライバシー、テロ対策の名の下に行われた虐待の調査を含む、「自国での人権調査を永続的に阻止している」と述べた。

UHRPによると、2017年と2018年に、世界ウイグル会議(WUC)のドルクンイサ大統領は、呉紅波の要請により国連先住民問題常設フォーラムから追放されました。呉紅波は後に中国政府の利益のために行動したことを認めました。

声明は、「批判的な対話と交換のために国家をまとめる独自の能力における評議会の重要性を認識しているが、それが信頼できる組織であり続けるためには、ジェノサイドを犯すメンバーを容認することはできない」と述べた。

HRWの国連ディレクター、ルイ・シャルボノーは同意した。

「中国とサウジアラビアは、国内で大規模な権利侵害を犯しただけでなく、彼らが参加することを要求している国際人権システムを弱体化させようとした」とシャルボノーはHRWウェブサイトの声明で述べた。

彼は、適切な候補者がいない場合、加盟国は投票を拒否すべきだと述べた。

サウジアラビア、中国、ネパール、パキスタンウズベキスタン

人権理事会を創設した国連決議は、メンバーに「人権の促進と保護への候補者の貢献を考慮に入れる」ことを投票する州に促し、HRWは述べた。

評議会のメンバーは「昇進において最高水準を維持し、国内外で「人権の保護」を行い、「理事会に全面的に協力する」と述べた。

サウジアラビア、中国、ネパール、パキスタンウズベキスタンはすべて、評議会のアジア太平洋グループが利用できる4つの議席を埋めるために競争しています。

HRWは、中国は人権理事会の議席を利用して、自国の虐待や同盟国による虐待の監視を防止してきた歴史があり、国連のイベントへの権利擁護者の参加を防ぐために繰り返し行動を起こしていると述べた。

「最悪の権利侵害者が選出された場合、人権や権利評議会にとっては良くない」とシャルボノー氏は述べた。

CHRDは、中国が2年前の最後のレビュープロセス中になされた58の勧告のうち3つだけを「部分的に実施」したと述べた。

女性は雇用においてジェンダーに基づく差別に直面し続けている」とCHRDは中国の権利記録の追跡調査の後に言った。

LGBTQI +の人々は家庭、職場、学校、公共の場で差別に直面し続けており、中国は2020年に民法を採択したときに同性結婚を合法化しなかった」と述べた。

COVID-19の大流行の間、アフリカの移民に対する人種差別が頻繁に報告されたが、少数民族および宗教的少数派は「雇用と住居における差別に直面し続け、多くは彼らの宗教と文化を実践するために恣意的拘禁に直面した」と述べた。

障害のある人は、教育、医療、貧困救済、雇用などの分野で差別と合理的配慮の欠如に直面し続けている」と報告書は述べた。

高まる国際的な精査

2018年11月のレビュー以来、中国は宗教団体を対象とした「中国化」政策を強化し、「信教の自由の権利を行使したために個人が恣意的に拘留されている新疆ウイグル自治区やその他のトルコ系イスラム教徒のための収容所」を維持し続けている。「ウイグル人、回族、その他のチュルク人グループ、チベット人キリスト教の家の教会、法輪功を含むイスラム教徒は、引き続き残忍な迫害に直面している」と報告書は述べた。一方、ジャーナリストや弁護士を含む人権擁護家は、恣意的拘禁、強制失踪、拷問、行政処分、家族に対する集団的処罰、人権の促進と保護への取り組みに応じた的を絞った監視に直面し続けていると述べた。





多くの人が「国家安全保障を危険にさらしている」として起訴されており、991人の人権擁護家が現在中国の刑務所の鉄格子の後ろにいるとそれは言った。

今週初め火曜日、英国とドイツは、39の加盟国のグループを率いて、中国によるウイグル人の扱いと香港での厳しい安全対策の実施を国連総会で非難し、国際社会からの北京の政策に対する反対の高まりを示した。

遅くに総会の人権委員会に出された共同声明の中で、両国、そして米国、カナダ、オーストラリア、日本、そして欧州連合のいくつかの加盟国は、新疆ウイグル自治区でのウイグル人の迫害の件で中国を非難した。

RFAの広東語サービスについてはNgYik-tungとSingManによって、マンダリンサービスについてはHePingによって報告されました。LuisettaMudieによって翻訳および編集されました。