パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

中国での信教の自由:状況報告 「中国全土で逮捕された弟子会員協会 キリスト教の弾圧の実態 」

 

f:id:yoshi-osada:20200926100419p:plain

中国全土で逮捕された弟子会員協会

この禁止された宗教運動を対象とした取り締まり作戦が5月から実施されており、その結果、主要な指導者が逮捕されている。

ヤオ・チャンジン

 中国の新宗教運動である弟子協会Mentuhui)は、1989年に設立され、翌年、中国共産党政府によって禁止されました。1995年に、それはxiejiaoのリストに含まれました。リーダーのジ・サンボが1997年に亡くなって以来、この運動は大幅に縮小しましたが、中国共産党は信者への迫害を止めたことはありません。

内モンゴル自治区の包頭市の運動メンバーはビターウィンターに、地元の警察が5月18日から28日の間に教会を標的にした作戦を実施し、2人の主要な執事を含む100人近くのメンバーを逮捕したと語った。そのうちの1人は5月28日になんとか逃げ出したが、当局が彼の携帯電話を監視したため、翌日逮捕された。

雇われた労働者がドアを開けた後、私服警官は教会の会場と信者の家に数時間で入った。警察は尋問中に、謝家と名付けられた宗教団体で活動することは「国家権力の転覆」であり、それに関与する人々は厳しく罰せられるだろうと信者に語った。

「逮捕された説教者の一人に尋問した国家安全保障旅団の将校は、大学で勉強したい学校の優秀な生徒である彼の子供は、父親の信仰のために勉強することも未来もできないだろうと彼に言いました。」包頭の弟子協会の会員は言った。

6月から9月の間に、山東省東部の徳州市警察は100人近くの弟子協会のメンバーを逮捕した。5人の主要な教会指導者は、「法執行を妨害するためにxiejiao組織を使用した」罪で起訴され、依然として拘留されているか自宅軟禁されている。逮捕されたメンバーのほとんどは、禁止された運動のメンバーシップに関する以前の調査のための警察の記録を持っています。

弟子協会の7人のメンバーが1月に寧夏回族自治区の銀川市で逮捕されました。
弟子協会の7人のメンバーが1月に寧夏回族自治区の銀川市で逮捕されました。

彼女の病状のために釈放された教会員は、警察が彼女の家を捜索し、彼女のすべての宗教書を没収したとビターウィンターに語った。彼女の尋問中に、警察は、彼らが彼女を3か月近く監視し、彼女の電話記録を入手し、彼女の家に行ったすべての教会員に関する情報を収集したことを明らかにした。

法輪功や弟子協会のような禁止されたすべての宗教団体は厳しい取り締まりにさらされていると役員は私たちに語った」と別の釈放された教会員は回想した。逮捕された信者に彼らの教会についての情報を明らかにさせるために、警察は彼らに他の逮捕された人々が拷問されているのを見ることを強制した。

6月と7月には、弟子の協会の少なくとも35人のメンバーは、瀘州市と涼李自治で逮捕された県の家を探索し、宗教的な材料を没収した後、四川省の南西部の州では。60代の教会員が電気警棒で殴打された。他の何人かのメンバーは解放されるために彼らの信仰を放棄することを余儀なくされました。警察は彼らの信仰について尋ねるために何人かの教会員の職場にさえ行きました。

警察は、四川省の内江市、資陽市、達州市の3つの弟子協会の集会所を襲撃し、執事を拘留した。

5月、雲南省南西部の曲靖市で弟子協会の10人のメンバーが逮捕された。2人の執事は、現在裁判にかけられている「法執行を混乱させるためにxiejiao組織を組織して使用した疑い」で拘留された。一人の執事はなんとか逮捕を免れ、今は逃亡中です。

CCPは、大規模な宣伝キャンペーンを組織し、禁止された宗教運動を報告するよう国民を奨励するためのチップオフシステムを設定します。  昨年、青海省北西部、雲南省四川省、その他の省で、弟子協会の329人のメンバーが逮捕されました。

警察は昨年9月に青海省の弟子協会会員の自宅を襲撃した。
警察は昨年9月に青海省の弟子協会会員の自宅を襲撃した。

昨年8月、雲南省普ジ市の景東イ族自治区当局者が戸別訪問し、住民の宗教的地位について尋ねた。弟子協会の少なくとも20人のメンバーがこの作戦中に逮捕され、彼らの家が襲撃されました。ほとんどは後に1,000元(約150ドル)から2,000元(約300ドル)の罰金を科されました。

「女性は10年前に弟子協会を去ったが、家に十字架があったため、木にカフを付けられ、1,000元の罰金を科された」と景東郡の弟子協会の会員は回想した。

警察は釈放された信者に、携帯電話を1日24時間保管し、その地域を離れないように言い、彼らが信念を放棄しなければ、子供たちに大学に行く機会や公務員になる機会を奪うと脅した。

景東イ族自治区の別の信者は、「警察が逮捕し、信仰の立派な人々がいるため、信者たちは自宅で密かに信仰を実践し始めた」と嘆いた。

2019年、警察は5月から9月にかけて、四川省眉山市と楽山市で18人の弟子協会のメンバーを逮捕し、涼山県、達州市、南充市で16人を逮捕しました。そのうち4人は、1年以上拘留された裁判を待たなければならなかった。69歳のメンバーは、当局が自宅で嫌がらせをした約20日後に死亡した。

「彼らは彼の家に押し入り、それを捜し、そして男が彼の信仰を放棄しなければ彼の孫の未来を台無しにすることを脅した」と仲間の教会員は思い出した。「彼の健康はストレスのために急速に悪化し始めました。彼は死ぬまで孫のことを心配していた。」