パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

大統領選挙は 激戦州に対しての結果を再評価させるとともに、全国民に何が起きて、だれがそれを起こしているのかを来週にかけてあきらかにするようである

アメリカでも エポック社大紀元しか伝えないトランプ陣営の

状況と、選挙で行われた民主党の数々の不法なこと。

トランプの票が7000万票以上も集めたため、民主党の不正がドンドン明らかにされる。  またアメリカ国内で起きていた 国家犯罪的な動きがすべて 解きあかされようとしているがそれは トランプ陣営の不法投票とは違う角度で、共和党にまで追及の手が入り始めているのだ。 大規模の CCPからの金の動きや FBIや CIAの内部の腐った国家犯罪までもがあぶりだされ、過去のオバマ政権にまで、そのメスは入れられるようである。

 

日本のマスコミは一切言及しない、米国の実体。

 

 

チャンネル登録者数 21万人
 
登録済み
 
 

 

米国大統領選挙という「善悪の大決戦」が今日まで至り、私たちは依然として、平行して進む二つの世界を見る事が出来ます。バイデン氏側は、トランプ政権からの移行開始を応援しています。そして2ヶ月後の王座即位を夢見て、自分の内閣人事のことで忙しくしています。 もちろん、これには重要な背景があります。現在、まだ決着のつかない6つの激戦州ではいずれも異なる訴訟に直面しています。しかしそんな中でも、ミシガン、ペンシルベニアジョージアネバダの4州が、公に州の選挙結果を認証したため、バイデン側の選挙人票は、表面上270を超えました。 そして、平行する別の世界では、トランプ大統領は、自分の政権および政府機関に移行プロセスの開始を指示すると同時に、現在の最も物議を醸している6州に集中突撃する準備をしています。こちらもやる気に満ちており「必勝」の決意が固いようです。 ◆大紀元エポックタイムズ・ウェブサイト Youtubeチャンネルと同様、真実と伝統をモットーに、他のメディアが報道しない独自の視点で世界のニュースをお届けしています。その他、歴史、生活、健康情報も満載。是非、こちらのリンクから御覧ください。 https://www.epochtimes.jp

 

 


【遠見快評】 激戦州6州でのトランプの「うまい手」 パウエル&ウッドの「奇襲」作戦