パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

拉致被害者帰国3市「全拉致被害者帰国には期限がある」& 東京連続集会 114

 

f:id:yoshi-osada:20210702172619j:plain


★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2021.07.02)拉致
被害者帰国3市「全拉致被害者帰国には期限がある」

 北朝鮮から帰国した拉致被害者が暮らす新潟県柏崎市佐渡市、福井県小浜市
の3市でつくる「拉致被害者関係市連絡会」は6月30日、北朝鮮金正恩委員
長に対し、親の世代の被害者家族が健在のうちに、拉致被害者の帰国の決断と日
朝協議に応じることを求めるメッセージを発信した。このメッセージは各市のホー
ムページに掲載される。

 また、家族会、救う会が今年4月に、「全拉致被害者の即時一括帰国の決断」
を求め、「このメッセージには期限がある」と発信したメッセージを「全面的に
支持・支援する」と表明した。

 3市がメッセージを発信するのは2019年に続き2回目。

 全文は以下の通り。

拉致被害者帰国3市「全拉致被害者帰国には期限がある」を支持

 親の世代の被害者家族が御健在のうちに、一日も早く拉致被害者即時、全員
の帰国を決断していただきたい。そのことがなければ日朝間の関係改善は進みま
せん(以上太字)。

 私たちは、拉致被害者地村保志、富貴恵さん御夫妻が帰国された福井県小浜市
曽我ひとみさんが帰国された新潟県佐渡市蓮池薫、祐木子さん御夫妻が帰国さ
れた新潟県柏崎市、3市の市長で構成する「拉致被害者関係市連絡会」です。

 私たちは、曽我さんのお母様のミヨシさん、新潟県新潟市で拉致された横田め
ぐみさんを含む被害者の即時帰国、全員帰国を求めております。

 さて、長年に渡り、拉致被害者の救出を求めてきた親世代の御家族の皆さんは、
既に御高齢となり、一日も早い再会と、残された人生の中で、一日でも多く家族
一緒に静かな日常生活が営めることを切望しながら、祈るように毎日をお暮しに
なっています。

 去る2021年4月3日、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会と北朝鮮に拉致
された日本人を救出するための全国協議会は連名で、委員長に対し、「全拉致被
害者の即時一括帰国を決断して頂きたい」という2回目のメッセージを発出しま
した。

 そして、「このメッセージには期限があります」と宣言しました。つまり、四
半世紀の間、救出運動を続けてきた親の世代の被害者家族(横田さんのお母様で
ある早紀江さんや有本さんのお父様である明弘さん)が、被害者と抱き合うこと
なしに国交正常化に賛成することができないことや、それが実現しなければ、大
多数の日本国民は、貴国との関係改善に反対することになるとし、「もうこれ以
上この問題の先送りは許されない」という不退転の決意で、問題の早期解決を訴
えています。

 私たち「拉致被害者関係市連絡会」3市長としても、拉致被害者家族が40
年以上にも渡り、引き裂かれてきた不幸な現実を一日も早く解消してほしいとい
う切実な思いを重く受け止め、このメッセージを全面的に支持・支援するもので
あります。

 私たちは日朝間の不幸な過去を清算し、一日も早く国交正常化を望んでまいり
ましたが、拉致問題の未解決という現実をもう、これ以上、放置することはでき
ません。残された時間は、刻一刻と少なくなっています。我が国の菅義偉総理大
臣は、委員長と直接向き合って拉致問題を解決すると繰り返し表明しています。
一日も早く日朝首脳会談に応じてください。

 貴国による拉致被害者の即時、一括帰国の決断こそが、両国間の平和と、未来
に向けた新たな第一歩につながっていくことを改めて強く訴えるものであります。

金正恩国務委員長 殿

                         2021年6月30日

新潟県柏崎市長 櫻井雅浩
新潟県佐渡市長 渡辺竜五
福井県小浜市長 松崎晃治

以上