パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

いじめ探偵がNHKスペシャル出演で受けた、脅迫や嫌がらせの数々

.

いじめ探偵がNHKスペシャル出演で受けた、脅迫や嫌がらせの数々

2019.05.27
 
156
 
dt20190527
 
5月19日に放送され大反響となったNHKスペシャル「子どもの“声なき声”第1回 いじめと探偵~行き場を失った“助けて”~」。いじめの解決に執念を燃やす現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんの姿は全国の視聴者の胸を打ち、放送直後から応援メッセージが多数届く一方、いじめ問題の関係者からの脅迫や嫌がらせもあったといいます。今回のメルマガ『伝説の探偵』では阿部さんが、数々の嫌がらせの「証拠画像」を白日の下に晒しています。

いじめの根源と環境

5月19日、私はNHKスペシャル「子どもの“声なき声”第1回いじめと探偵~行き場を失った“助けて”~」に出た。この回は私を追ったドキュメンタリーで、名古屋市名東区の中1自死事件や山口県大島商船高等専門学校でのいじめ事件を追った。
実はこの2つの事件は、加害側生徒関係者や学校関係者からの執拗な嫌がらせがある事件であった。
特に大島商船関係者の稚拙な嫌がらせは、この学校の自治や管理能力の他、関係者(大人)が実に脅迫的であることを認知していない酷いものだと言わざるを得なかった。

いじめの常態化は環境

人間は環境動物だという。
いじめが酷くなる学校はその環境に大きな原因がある場合が多い。一方で、いじめ加害を固定的に行い、常に被害者を生み出す人物については、その生育歴や家庭環境なども大きな原因の1つといえる。
つまり私に対する誹謗中傷や脅迫行為は、自死者までが出たいじめ常態化の環境の1つの特徴であり、それをしてしまう人物にとっては、許容範囲の正当な反応でもあるのだ。
今回は、こうした特徴を多くの方に知ってもらうため、敢えて放置し、その状況をレポートしたい。

大島商船高等専門学校関係者による脅迫

商船高専関係者からは、まず、「騒ぐな!」というメールが来た。同一グループによるいじめ加害行為は自死者を出し、自殺未遂事件まで起きているにもかかわらず、「騒ぐな!」とはどういう了見であろうか。
さらに「もう1回で終わるから騒いでいるのだな」という内容のメールも来た。
(脅迫内容が含まれるメールからの抜粋)
(脅迫内容が含まれるメールからの抜粋)
これは、内部事情に詳しい人物でないと知ることはできない内容だ。
実は自殺未遂まで追い詰められた被害者は、この被害を申告し、第三者委員会の調査となる経緯の間、成績を示すスコア(学力テスト)や出席については十分な合格点であったが、教員が内申点を極端に低くつけたことで留年させられているのだ。
理解できないのは、内申点だけで留年させられるというある意味学生への生殺与奪権に近い権能を教員が持っているということだ。彼を庇った生徒らが停学処分をされたくらいは当たり前に行うのだから、このいじめ被害の申告は学校経営者には都合が悪かったのであろう。
仕組みとしては二度留年すると退学処分相当となるとのことで、恣意的に留年させられる仕組みがある以上、「もう1回で終わる」は「もう一度恣意的に留年させれば学外へ追い出すことができる」と関係者が私に通告したということになる。これを脅迫と言わずしてなんと言おうか。
(ツイッターでのツイート)
ツイッターでのツイート)
他では、NHKスペシャルの予告編が流れると、「9割嘘」「ただ目立ちたいだけ」「デマ」との情報を拡散しようとした関係者もいる。彼は、商船高専の生徒から直接そう聞いたのだという
(9割が嘘というツイートを出す関係者)
(9割が嘘というツイートを出す関係者)
NHKスペシャルを観た方はご存知であろう。本件におけるいじめについては、学校が立てた第三者委員会においてもいじめ自体は認められているのだ。さらに、私は生徒らからもいじめについての情報を直接得ているし、加害グループに属していていたという生徒からも情報を得ている。
さらに、当時の録音やいじめの状態を示す写真や映像、事実としていじめが認定され、早々に処分をされた生徒がいることも確認している。
放送こそされなかったが、関係弁護士や取材に当たった記者さんから直接の情報も得ている。
こうして確認を重ねて裏付けを取り、一方向からではなく多方向からの情報を分析し、証拠物を入手しているのである。
出てきた不都合な事実を潰そうと必死なのはわかるが、根拠の薄い言い訳をネット上に拡散しようとすれば、それはいじめ被害者の声を潰すのと同様、腐った組織を守るために、生贄には声も出すなというのと同じことをしているのである。
私は都内でも今ではウォーターフロントという地域で育った。埠頭は遊び場であり、大きな船は常に近くにあった。そのためか多くの海の男たちを知っている。もちろん、こうした事件を記事にする際は意見を聞いているが、母校であれば、「自分も苦言を呈したい」ということであった。嘘をついてまでも、必死に蓋をするのは母校や組織を守ることには繋がらない。それはより悪化を招くのだ。
 

高専生による誹謗中傷

高専生はネット上で私に対する誹謗中傷を繰り返した。
一部は鍵付きのツイッターの中でのことであるが、被害側の情報源となっている生徒らから私のもとにすぐに連絡が来た。
(大島商船高専生徒の投稿)
(大島商船高専生徒の投稿)
そもそもいじめの確認の際には、学校の教職員や指導生という上級生について悪口三昧なツイッターは見ていたので驚きもしなかったが、その幼稚で稚拙な行動は高校生相当のそれとはかけ離れたものであると同時に、通例学校組織では存在するネットパトロールは、存在していないことを意味することになる。つまり、大島商船高専では、名ばかりのネットパトロールであり、その実、ネットは放任されていて荒れ放題の状態であるのだ。

名古屋市名東区立中学校保護者による偽情報

名古屋市教育委員会が遺族に自死事件を議題にした会議の議事録がないとしたことに、多くの方が驚いたようだ。
ただ、このような記録がない事案は他所でも多く確認ができる
その理由は、のちに開示請求をされれば議事録は確実に見られてしまうのであえて作らないというものであり、捏造する記録もあるから、それと比べれば、まだマシなのだ。だが、どのように考えても、重大事態の会議において議事録が存在しないことは正当性はない。
こうした状態であるのに、私の元には、多くは偽名で偽情報が飛んでくる。
(偽情報を一方的に送りつけてくるメールからの抜粋)
(偽情報を一方的に送りつけてくるメールからの抜粋)
いじめはない」「自死は家庭の問題」「あまり気持ちの強い子じゃなかった」などである。そして、事実上の脅迫もある。詳しくは、身の危険が及ぶ人物がいるため、保護のため明かせないのだが、私へのものではなく関係者へのものである。
偽名を使った偽情報で翻弄し、弱者を狙うと脅迫をして追求の動きを封じようとする卑怯な手段である。

生贄を必要とする小社会

このようにいじめが常態化し、被害者が固定するような小社会では、「いじめはOK」の社会が形成され、それを邪魔する者は、攻撃しても何の問題にもならないという村独自のルールが存在する。
そして、そうした小社会では、いじめの被害者が自死したり、不登校などになって姿を消すと、新たな被害者を探し出し、「生贄として攻撃を始めるのだ。
事実、前述の2つの事案では、調査の最中、新たないじめが確認されていた。
NHKスペシャルの放送の中で、名古屋市名東区の遺族が、「次は他の誰かの血で染まるかもしれない」という言葉を残していたが、その通りになろうとしているのだ。
エビデンスを重ねた証拠や結果論として避けようのない重大な事実があっても、この小社会の中で心地よく生きている者にとっては、事実を事実として認めることができないのだから自浄能力は期待できない。生贄を必要とする仕組みは文化となり、当然の風景をなり得ている。一般には組織を一変し、改革を行なっていなければ正常を取りもどすことはできないものだ。第三者委員会は、いじめについての事実調査のみならず、その背景、根本的な根源を指摘し、予防的視点においても、糾弾が必要であれば、立場を厭わず糾弾すべきであろう。

社会問題を探偵調査を活用して実態解明し、解決する活動を毎月報告。社会問題についての基本的知識やあまり公開されていないデータも公開する。2015まぐまぐ大賞受賞「ギリギリ探偵白書」を発行するT.I.U.総合探偵社代表の阿部泰尚が、いじめ、虐待、非行、違法ビジネス、詐欺、パワハラなどの隠蔽を暴き、実態をレポートする。また、実際に行った解決法やここだけの話をコッソリ公開。
まぐまぐよりメルマガ(有料)を発行するにあたり、その1部を本誌でレポートする社会貢献活動に利用する社会貢献型メルマガ。


著者プロフィール
 阿部泰尚
T.I.U.総合探偵社代表、NPO法人ユース・ガーディアン代表理事。録音の技術において国内随一の技術を誇り、NHKクローズアップ現代」などで取り上げられる。2004年に、探偵として初めて子供の「いじめ調査」を受件し、解決に導く。以降5000人以上(2015年12月現在)の相談を受け、関係各所が動きが取れない状態であった330件(2015年12月現在)に上るいじめ案件を手がけ収束・解決に導く。今も精力的に「いじめ問題」に取り組む。いじめの実態の最も近い第三者として、新聞テレビ雑誌などの取材を受け、精力的に発言している。自社で運営する探偵学校校長も務める。
フジテレビドラマ「探偵の探偵」の監修を務めるなどテレビドラマ監修や協力を行う。初めて、いじめの証拠にICレコーダーを使い、録音することを提唱した。詐欺被害の立証やストーカー特定のための調査を体系化させた探偵。小中高(道徳公開講座等)やPTA主催の講演会や市議会議員のためのいじめに関する講演も行い、いじめの実態や情報リテラシー問題、解決方法などを提案している。探偵の枠を超え、その経験や技術を伝える講演会やWS