パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

中国は四川省のYachen Gar (アチェン・ガル)仏教センターからの追放を再開


中国は四川省のYachen Gar (アチェン・ガル)仏教センターからの追放を再開

2019-06-07 RFAより転載
イメージ 1

Sichuan's Yachen Gar Buddhist encampment is shown in an undated photo.
RFA

中国西部の四川省の当局は、アチェン・ガル仏教研究センターから新たな追放を始めました。今回は、Kardze県のPalyul郡にある広大な施設に加わるために外部から来た僧侶や修道女たちを対象としました。
1985年に設立されたYachenGarは、近年までに仏典研究と瞑想に捧げられた推定1万人の修道士、修道女、および在家者を収容していましたが、その遠隔地のため訪問者はほとんどいませんでした。
しかし、2017年8月に、中国当局は2,000人の僧侶と尼僧の家の解体を開始し、同時に同数のセンター在住民の追放を命じた、と先の報道でRFAに語った。
「今、約1カ月前、当局は他の地域からYachenGarにやって来た僧侶や修道女たちを排除し始めた」と亡命中のチベット人の情報筋はRFAのチベット人サービスに語った。
RFAの情報筋によると、「少額の旅費以外に、出身地に住む場所を探したり、勉強を続けたりするための手配は行われていません」と述べています。

進行中のプロセス

2018年に始まって、センターの居住者に関する情報を収集するために多数の中国当局者がYachenGarに到着し彼らの名前と年齢、彼らの出身地、そして彼らの修道会の所属を記録した。
この地域のチベット人の情報筋は、この追放は「まだ進行中のプロセスであると述べているが、現在追放されている人々の数の合計はすぐにはわからなかった。
彼らが教師と彼らの霊的な兄弟姉妹を残すことは耐え難い」と匿名の情報筋に話している。
「追放されている僧侶や修道女たちは、何年もの間YachenGarで敬虔な修行者でしたが、彼らの友だちは彼らを助ける力がなく、中国政府の命令に立ち向かうことができないので悲しみの涙泣いています」彼は言った。
 

展開戦略

 四川省のSerthar郡におけるYachenGarや 有名なLarung Gar複合施設に対する制限は、チベットの仏教研究と実践のためのこれらの重要なセンターの影響と成長を制御することを目的とした「展開政治戦略」の一部でだと チベット支援グル―プが2017年3月の報告書で述べています。
ワシントン州を拠点とするチベット国際キャンペーンは、「(両センターとも)設立以来、何千人もの中国人開業医が仏教倫理を学び、精神的な教えを受けてきた」と述べた。
 
この地域の情報筋によると、2017年と2018年の間に、少なくとも4,820人のチベット人と漢族の僧侶と尼僧がLarungGarから撤去され、7,000人以上の住居やその他の建造物が2001年から取り壊されました。
ラルンガルの撤去状態

イメージ 2

撤去された場所には 当局がホテルやその他 観光関係施設を
建設する予定だと言われている。