パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

ウイグル人の 強制収容所を 肯定する『50か国』 金にまみれた恥ずべき国」



恥ずべき枢軸国に加盟した50ヵ国の信憑性のあるリストを公開した。残念ながら、欧州からはセルビアが参加していた。
そして 日本の左翼反日勢力や反日新聞が伝える情報がこれらの50か国から伝えられる。 おかしげな国連での人権問題討議が 支那の汚い金を中心に さらなる人権弾圧を世界中で継続している。そしてその金が洗浄され、犯罪の金にも回される。  世界中の悲しみが 国連を中心にして世界中に流される、これが実体。

マッシモ・イントロヴィーニャ氏(Massimo Introvigne、1955年6月14日、ローマ生まれ)はイタリア人の宗教社会学者です。新宗教の研究者の国際的なネットワーク「Center for Studies on New Religions(新宗教研究センター: CESNUR)」を設立し、理事長を務めています。イントロヴィーニャ氏は宗教社会学の分野で70冊の著書と100本以上の論文を発表してきました。Enciclopedia delle religioni in Italia(イタリア宗教百科事典)の主要著者の1人でもあります。また、イントロヴィーニャ氏は、Interdisciplinary Journal of Research on Religion(宗教研究の学際的ジャーナル)の編集委員であり、カリフォルニア大学出版による「Nova Religio」の理事でもあります。2011年1月5日~12月31日にかけては、欧州安全保障協力機構(OSCE)の「キリスト教徒およびその他の宗教の信者への差別に着目した、人種差別、排外主義、差別の根絶活動の代表者」を務めました。そして、2012~15年には、世界規模での信教の自由に関する問題を監視するために、イタリア外務省が設置した「信教の自由の監視」委員会の議長を務めました。