パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です 転載はご自由に  HPは http://palden.org

国境の観光客が禁止された宗教や「過激主義」を国に持ち込まないようにすることを試みています.


中国:国境観光規制にも邪教対策が盛り込まれている

 | | 

新しい措置は、国境の観光客が禁止された宗教や「過激主義」を国に持ち込まないようにすることを試みています.

梁昌埔

国境観光: ベトナムのラオカイにあるベトナムと中国の国境。
ベトナムと中国の国境、ベトナムのラオカイ。クレジット

中国は、監視と管理を強化するための新しい規制を継続的に作成しています。中国共産党の邪教と「過激主義」に対する強迫観念が文字通りいたるところに現れている様子を観察するのは本当に興味深いことです。

9 月 20 日に、「国境観光管理措置」を含む新しい規制草案が、文化観光省によってコメントのために公開されました当局が受け取った第三者の声明に基づいて導入された重要な変更。

国境観光は、他の国と同様に中国でも定義されており、近隣諸国の国境付近に住む人々による短期旅行による観光であり、通常のビザ要件が免除される場合があります。中国では、国境のすぐ外の地域を訪れる中国人および中国を訪れる外国人の両方による国境観光は、観光客が事前に決定されたプログラムと旅程を持つ組織グループの一員である場合にのみ許可されます.

これらの制限があるため、COVID の後に国境観光を再開することは、CCPにとって重要です。中国国境近くに住む外国人を中国共産党プロパガンダにさらす絶好の機会です。中国人に関しては、ここ数年と数十年の間に、多くの人が観光の趣味を身につけ、国境近くの短い旅行だけでも海外旅行が許可され、観光客の士気を高め、社会の安定に良い影響を与えています.

ただし、CCPコントロールは常にキーです。国境の反対側に住む民族的および言語的に類似した集団が、少数民族の間で「分離主義者」感情を刺激する可能性があるため、この規制は「過激派」活動にまで及びます。また、近年、そしてCOVID危機の間でさえ、特にベトナムとの国境で、宣教師や違法な宗教資料の中国への入国を防ぐという特定の目的で、国境警備が組織されました.

活動中の中国国境警察。 スクリーンショット。
活動中の中国国境警察。スクリーンショット

邪教は「カルト」と訳されることもあるが、実際には、中国共産党が政権に対して敵対的であると見なすグループを示しており、中国の裁判所は、邪教の公式リストに含まれていないグループも含めて、このカテゴリを解釈することが増えている.

国境観光に関する新しい規制は、「邪教を助長するコンテンツ」または「過激主義」を促進する別の非常に広いカテゴリーを、国境観光客向けのプログラムに含めたり、国境観光客自身が中国に持ち込んだりすることを明示的に禁止しています。これは実際にはありそうもないと考える人もいるかもしれませんが、この規制は中国共産党の強迫観念のさらなる証拠を提供しています

 

なぜ 「トルコパスポート」を所持するウイグル人を わざわざ 「中国」に強制そうかんするのか????? かれの運命は、「死」を待つだけかも

インドネシアウイグル人受刑者、中国に送られたのではないかとの懸念:強制送還

Ahmet Bozoglan はテロ容疑で有罪判決を受け、7 月 1 日に釈放された、と警察高官は述べた。
BenarNews 2022.09.27の Arie Firdaus著
 
インドネシアのウイグル人受刑者、中国に送られたのではないかとの懸念から強制送還2015 年 7 月 29 日、ジャカルタのテロ容疑で北ジャカルタ地方裁判所に出頭するアフメット ボゾグラン (左)。
AFP

インドネシアウイグル人のテロ囚を7月に刑期を終えた後国外追放した.警察は彼がどこに送られたかを明らかにしなかった.

2015 年に有罪判決を受けた 35 歳の Ahmet Bozoglan は、前年に中部スラウェシ州の県であるポソで逮捕されたとき、トルコのパスポートを持っていた。

ボゾグランは、ジャワ島沖のヌサ・カンバンガン島に投獄されていたと、インドネシア国家警察のデンサス88対テロ部隊のシニア・コミッショナーであるアスウィン・シレガーは語った。

「[ボゾグラン] は 7 月 1 日に釈放され、強制送還されました」とアスウィンは BenarNews に語った。

ボゾグランが強制送還された場所を尋ねられたとき、彼は「関係当局に尋ねてください」と答えた。

移民総局のスポークスマンである Ahmad Nursaleh は、Bozoglan の所在に関する BenarNews からの質問にすぐに応答しませんでした。

ウイグル人の元弁護士であるファリスは、彼が 7 月 1 日に釈放されたことを認めたが、ボゾグランがどこに追放されたかはわからないと述べた。

「私たちはもはや彼を代表していません」と、1つの名前で通っているファリスはBenarNewsに語った.

2020 年 9 月にインドネシアの拘留から解放された他の 3 人のウイグル人男性は、北京が裁判所によって課せられた罰金を支払った後、中国に強制送還されたと考えられている、と 2 人のセキュリティ研究者は当時 BenarNews に語った。

研究者の 1 人は、男性が収容されていた刑務所の情報源から情報を得ていた、と彼は述べた。この 3 人のウイグル人男性も、ボゾグランと共に逮捕されたとき、トルコのパスポートを持っていました。

急進主義と非急進化研究センター (PAKAR) の研究者である Moh Adhe Bhakti は、ボゾグランは中国に強制送還された可能性が高いと述べた。

「以前のケースを見ると、違いはないようです」と Adhe 氏は BenarNews に語った。

Adhe は、インドネシア政府が 2020 年に釈放された男性をトルコ政府に申し出たが、トルコ政府は「気が進まなかった」と付け加えた。

「おそらく、中国は彼らが中国市民であることを証明できたので、インドネシア政府は最終的に彼らを中国に送り返したのだろう」とアデ氏は語った。

BenarNews は、ジャカルタのトルコ大使館と中国大使館に連絡しましたが、迅速な対応はありませんでした。

国連の6月の報告書は、西ウイグル自治区(XUAR)におけるウイグル人やその他のトルコ系少数民族に対する中国の弾圧は、「国際犯罪、特に人道に対する罪を構成する可能性がある」と述べた。

報告書は、中国政府がテロ対策と反過激主義戦略を適用したという文脈で、XUAR で「深刻な人権侵害」が行われたと述べた。

この地域の当局は、2017 年初頭以来、200 万人近くのウイグル人やその他のイスラム教徒の少数民族を収容キャンプの広大なネットワークに収容していると考えられています。

ボゾグランと他の 3 人のウイグル人、2015 年に偽造パスポートを使用して入国し、IS に参加しようとした罪で有罪判決を受けた後、ジャカルタの裁判所で 6 年から 8 年の懲役と 1 億ルピア (6,600 米ドル) の罰金を言い渡されました。ポソを拠点とする東インドネシア ムジャヒディーン (MIT) の過激派グループ。   

当時、MIT はイスラム国家過激派グループへの忠誠を誓い、外国のムジャヒディーンの参加を歓迎していた。

「処刑される可能性が高い」

ニューヨークを拠点とするヒューマン・ライツ・ウォッチの研究者で、4 人のウイグル人の裁判に同行した Andreas Harsono は、元囚人にとって最悪の事態を恐れていた。

「処刑される可能性が高いため、彼らは中国に強制送還されるべきではありませんでした。そこの法制度が公平だとは思えません」とアンドレアスはベナーニュースに語った.

 「このことをインドネシア政府に伝えましたが、返答はありませんでした。」

2020年のインタビューで、ボゾグランは、他の 3 人のウイグル人と同様、刑期を終えた後、中国に強制送還されるのではないかという懸念を表明していました。  

「私は、トルコに行く方法を探しているときにインドネシアで拘束されてしまった一人です。トルコやヨーロッパ、または別の場所に行って亡命を求めて、トルコに戻らないようにするための助けを求めています。中国」とボゾグランは、BenarNews と提携しているオンライン ニュース サービス、Radio Free Asia (RFA) に語った。

「友人の 6 年の刑期は満了しましたが、パスポートに問題があったため、罰金としてさらに 6 か月の滞在を余儀なくされました。中国は 6 か月分の料金を支払い、その後 3 人を帰国させました。」

4 人のウイグル族の弁護士は、彼らはインドネシアで休暇中のトルコ国民であると述べたが、検察官は、彼らが偽のトルコのパスポートを持っており、当時インドネシアで最も指名手配されていたテロリストであった MIT の指導者サントソに会いに行く途中だったと主張した. サントソは、 2016 年 7 月にテロ対策のマンハントで射殺されました。   

ボゾグラン氏によると、彼の 3 人のウイグル族の仲間は、罰金が支払われたことを認める書類に署名することを余儀なくされ、その後、刑務所長が警備員に、中国大使館が請求書を負担し、「彼らを中国に連れて行く予定である」と話しているのを耳にしました。

2014 年 9 月に拘束された後、ボゾグランは、ウイグル警察や大使館関係者を含む中国当局が何度も現れ、彼らを「黒いコート」またはテロリストであると非難したと述べた。

BenarNews は、RFA 系列のニュース サービスです。

 

全日本台湾連合会主催シンポジウム  2022年10月29日(土)13時~16時 プレスセンター(日本記者クラブ)10階

全日本台湾連合会主催シンポジウム

「外交関係なき50年~これからの日台関係を考える~」

1972年9月29日、日本は中華人民共和国と国交を樹立した直後に中華民国(台湾)と断交しました。あれから50年、正式な外交関係のない中で、日本と台湾は互いを「家族」と認め合う程に良好な関係を築いてきました。台湾はこの50年の間に自らの力で国民党の一党独裁体制を変革して自由で民主的な国に生まれ変わり、民主主義国家の信頼できるパートナーと見做されるようになりました。一方、中国は日本や欧米の経済支援を利用して巨大化し、世界的な脅威となっています。「台湾有事は日本有事」と亡き安倍晋三元総理が看破したとおり、台湾と日本は運命共同体です。これまでの50年間を踏まえた上で、これからの日台関係をどう築いていくべきなのかを共に考えるシンポジウムにしたいと思います。

 基調講演には鋭い視点で言論界を常にリードする櫻井よしこ先生をお迎えし、お話し頂きます。
パネルディスカッションは中山泰秀、浅野和生、許世楷、林初梅、ダニエル・ラッセルの各氏をパネリストに、当連合会常務理事の王明理をコーディネーターとしてこれからの日台関係を展望します。
日台関係のさらなる深化を願い、一人でも多くの方のご参加をお待ちしております。


【日  時】 2022年10月29日(土)13時~16時 (受付開始12時30分)

【会  場】 プレスセンター(日本記者クラブ)10階 大ホール
東京都千代田区内幸町2-2-1 TEL:03-3503-2722
     交通:地下鉄「霞ヶ関駅
都営地下鉄「内幸町駅」 JR「新橋駅」

【来賓挨拶】 謝 長廷氏  駐日台湾大使

【基調講演】
「共にアジアの未来を拓く日本と台湾」 櫻井よしこ氏 ジャーナリスト

【ビデオメッセージ】 蔡 英文氏  台湾総統

【パネルディスカッション】

パネリスト:  中山 泰秀氏  自民党政務調査会長特別補佐・前衆議院議員・元防衛副大臣
浅野 和生氏  平成国際大学副学長・教授
許  世楷氏  元駐日台湾大使・津田塾大学名誉教授
林  初梅氏  大阪大学教授
ダニエル・ラッセル氏  米国元国務次官補(リモート参加)
コーディネーター:王 明理氏  全日本台湾連合会常務理事

【参 加
費】 3,000円(学生1,000円)*当日受付にてお支払い下さい(お釣りのないようにお願いします)

【お申込み】 

申し込みフォーム:http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=HJFAPQ3bbiCHy5EfcX9TtY8Zmh2E1wBfrmHQAE5KJvlNlI5DUaIVA6nIJPgZKqv4
メール:ajtu.info@gmail.com

    FAX:043-236-3189
【締  切】 10月25日(火)

【主催・お問い合わせ】
全日本台湾連合会 東京都新宿区高田馬場4-8-8 TEL:080-5388-1488

FAX用申し込み書お名前と連絡先電話番号を記入して送ってください    

  一兆ドルを「一帯一路」に投下して、成果がこのざま   だから 習近平には 舞台から降りなければ 中国は 破綻と大恐慌と飢餓が訪れ、共産党の統治が終わる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆☆◇◆◇☆◆◇◆☆◇◆◇☆◇◆◇◆◇☆◇◆◇
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
     令和四年(2022)9月28日(水曜日)
        通巻第7477号 <前日発行>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 一兆ドルを「一帯一路」に投下して、成果がこのざま
  中国「大調整」(大長征)に舵取りを変更へ
****************************************

 アジア・アフリカ、そして中南米諸国から東欧、中央アジアの旧ソ連圏へと、旋風のように巻き込んで、習近平の目玉プロジェクト「一帯一路」。これまでに中国が投下したカネは1兆ドルに達した。

成果が芳しくないのが大看板の「CPEC」(中国パキスタン経済回廊)、スリランカはハンバントタの99年租借には成功したが、反中暴動が起こって擱座した。

ほかもうまくいっていないプロジェクトを羅列すると際限がないがニカラグア運河は中断。インドネシアとマレーシアの新幹線は縮小するか、中断。モンテネルロの高速道路は汚職まみれとなってEUから非難を浴びた。

工事が完成したという意味で『成功』はエチオピアジブチ鉄道、そして雲南からラオスビエンチャンまでの新幹線。しかし経営は赤字であり、維持すればするほどの赤字は累積されてゆく。長期的には成功だといえるか、どうか。

1兆ドルは中国の対外債権としてバランスシートには計上されるが、じったいは不良債権である。この金額は中国の米国債保有額と同じである。中国は外貨準備が3兆ドルと豪語しているが、それならなぜ外国銀行からドルを借りまくっているかの説明がつかない。不思議なのである。

 中国は一帯一路を「大調整」(大長征?)に舵取りを変更すると『ウォールストリート・ジャーナル』(9月26日)が報じている。
       □☆み□☆☆□や☆□☆□ざ☆□☆□き☆□☆□ 

 

 

 

 

yoshi-osada.hatenablog.com

 

yoshi-osada.hatenablog.com

 

  

やはり 大陸が手を回した 国葬反対運動 金で買われたマスコミ:::「国葬反対大集会」と 「日中国交正常化50周年記念大集会」 連絡先(事務局)同じ過ぎて笑う。

国葬反対大集会」と
日中国交正常化50周年記念大集会」
連絡先(事務局)同じ過ぎて笑う。
中国大使が来賓。ははは!
今日は一日静かにしてようかと思いましたが、明日抗議活動するのでお知らせします。
【虐殺侵略国家中国の『友好』に日本は騙されるな!】
28日衆議院第一議員会館13時〜14時、16時〜16時半
中国人と香港人と日本人で(他の民族も来るかも)抗議してきまーす!
私はカンボジアの集会参加のため、少ししか参加できないかも...
参加出来る方是非!
主催: 民主中国陣線 王戴、在日普遍的価値同盟 愚公一同
私は #国葬反対 集会やデモの参加者は労組とか自ら旗出してるから動員もいるけど全てサクラだと思ってないし、四六時中統一教会について報道していたから世論調査に反対と答えた人もたくさんいると思う。
ただね、
#国葬反対 企画の中心には
虐殺国家中国に加担する人達もいる事を知って欲しい。
《それぞれのチラシの一番下の連絡先見てね》
 

電話番号に注意

 

 

電話番号に注意
 

中國共産党が千年以上 続いてきた「 仏、法、僧」という教えを 国家意識、市民意識、法の支配意識という「3つの意識」に変えようとする 洗脳教育がまたひどくなった。

チベット:僧侶と尼僧のための新しい再教育プログラム

 | | 

「三意識キャンペーン」は、中国共産党チベットの非暴力抵抗運動の成功を懸念していることを示しています。

プサン・グルン

チベットのラサ近郊の僧侶。 クレジット。
ラサ近郊の僧侶。クレジット

すべては5月に始まりました。チベット自治区(TAR)中の仏教の僧侶と尼僧が召喚され、国家意識、市民意識、法の支配意識という「3つの意識」を教える再教育コースに参加するよう求められました。彼らはプログラムが始まる前から、「国民意識」とはチベットにおける中国の支配を支持し、「分離主義」を非難することを意味し、「市民」と「法の支配」意識とは中国共産党、中央委員会、および習近平

悩まされているチベットの僧侶と尼僧は、以前にいくつかの再教育プログラムに提出されましたが、これはやや新しいものであると彼らは報告しています。彼らは確かに何を支持するように教えられるかを知っていましたが、今回は具体的に4つの運動を放棄し、非難するよう求められました.

第一に、彼らはツェタール、つまり「功徳の解放」、すなわち屠殺する運命にある動物を解放する仏教の慣習を非難すべきです。この慣行は現在、環境保護論者の間で批判されており、野生に放たれた動物は生態系に不均衡をもたらす可能性があると主張しています。しかし、中国共産党を悩ませているのは、ツェタールの宗教的な意味と、当局によって厳格に規制されている家畜を扱うシステムの外で起こっているという事実です。

ツェタール。 赤いリボンは、動物が自然死することを許されることを示しています。 フェイスブックから。
ツェタール。赤いリボンは、動物が自然死することを許されることを示しています。フェイスブックから。

第二に、僧侶と尼僧はサカ ダワの断食を非難するよう求められます。Saka Dawa は、ブッダの誕生、悟り、死を祝う祭である Vesak の周りの聖なる月です。多くのチベット人は 2 日 (または 3 日) 断食し、1 か月間肉を食べません (西洋の誤解にもかかわらず、多くのチベット仏教徒菜食主義者ではありません)。

第三に、僧侶と尼僧は、チベットの新年であるロサールを祝うように言われ、同じことをするように一般の仏教徒を扇動します. ロサルは典型的なチベットの祭りであり、チベットの暦と結びついており、その祝祭がチベットアイデンティティと中国化への抵抗を強化しているように見えるため、部外者にとっては奇妙に思えるかもしれませ。しかし、2008 年の集団暴動に対する血なまぐさい弾圧の後、中国国境内のチベット人は、ロサールを祝うことを控えることによって抗議することを決定しました。

インド亡命先でロサール祭の準備をするチベット人。 クレジット。 チベットでは、多くの人が中国に対する抗議の形としてロサルを祝うことを拒否しています.
インド亡命先でロサール祭の準備をするチベット人クレジットチベットでは、多くの人が中国に対する抗議の形としてロサルを祝うことを拒否しています.

この運動は 2009 年に始まり、チベット人の自発的な動員のおかげで大成功を収めました。中国共産党は、ロサールを祝わない者は僧侶に操られているとしばしば主張してきた。毎年、僧侶が逮捕されています。中国共産党は一方では組織的にチベット文化を破壊し、他方では僧侶や尼僧にロサール祭を宣伝するよう求めているため、パラドックスは続いています。

第四に、僧侶と尼僧は「ファーマーズ ストライキ」に反対するように教えられます。これは、農民がチベット語チベット文化の抑圧に抗議するために土地の耕作を拒否する非協力的な抗議のもう 1 つの形式です。抗議行動は、現在中国の四川に含まれている歴史的なチベットの一部で始まりましたが、TAR にも拡大しました。

これらはすべて非暴力的な抗議の形であり、特に中国共産党を混乱させます。中国当局は、より多くの抗議を引き起こさない限り、どのように対応すればよいか分からないことがよくあります。彼らは、チベットの抗議行動はすべて僧侶と尼僧によって組織されているという独自の神話を信じているようで、後者に「協力するか、さもなければ」強制しようとしています。しかし、尼僧や僧侶を黙らせても、人々全体のますます成功している抵抗を止めることはできません。

 

 

読み続けます

 

 

ノルドストリーム、3本のガスパイプラインが損傷 「前例ない」妨害工作の疑いも

ノルドストリームでガス漏れ相次ぐ 妨害工作の疑いも

配信

 
 
 
AFP=時事

ドイツ・ルブミンにある天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」の施設(2022年8月30日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

 

AFP=時事】ロシアから欧州へ天然ガスを供給するパイプライン「ノルドストリーム1(Nord Stream 1)」で、経由地のバルト海(Baltic Sea)の海中2か所でガス漏れが発生した。現地当局が27日、明らかにした。前日には「ノルドストリーム2(Nord Stream 2)」でも、同様の問題が報告されていた。原因不明のガス漏れが相次いでいることで、妨害工作との疑いも浮上している。 【図解】ノルドストリームでのガス漏れ発生地点を示した地図  デンマークのダン・ヨーエンセン(Dan Jorgensen)気候変動・エネルギー・供給相はAFPの取材に対し、「当局はノルドストリーム1でも、2か所でガス漏れが発生したとの報告を受けている。両パイプラインは稼働していないものの、ガスは充填(じゅうてん)されている」と文書で回答した。  同省は、「問題の原因について述べるのは時期尚早」だとしている。  ヨーエンセン氏によると、報告を受けて当局が「電気・ガス部門での備えの強化」を要請したという。  ノルドストリーム1のガス漏れは、1か所はデンマーク、もう1か所はスウェーデンのそれぞれ排他的経済水域EEZ)内で発生。今回のガス漏れは、前日のノルドストリーム2での問題同様、「安全対策措置の対象」とされる。  付近を航行する船舶や飛行機に対し、ガス漏れ発生地点から半径5カイリ以内、高度1000メートル以内の航行時には注意するよう、警告が出された。  ヨーエンセン氏は、両パイプラインで報告された問題は「デンマークのガス供給には影響しない」としている。  今回の問題について、ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフDmitry Peskov)報道官は「極めて憂慮している」と述べた。記者団から妨害工作行為の可能性について問われると、現時点では「いかなる可能性も排除できない」との考えを示した。【翻訳編集】 AFPBB News

 

 


ロシアからのパイプライン損傷か ガス漏れ、「攻撃の可能性」―独紙

2022年09月27日19時08分

ロシアからの天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」の関連施設=2011年11月、ドイツ北東部ルプミン(AFP時事)

ロシアからの天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」の関連施設=2011年11月、ドイツ北東部ルプミン(AFP時事)

 【ベルリン時事】ロシアからバルト海経由でドイツに天然ガスを運ぶパイプライン「ノルドストリーム1」と「2」の圧力が大幅に低下していることが分かった。運営会社が26日、発表した。ドイツのメディアはこれに関し、攻撃による損傷が原因だとする関係筋の見方を伝えた。

バルト海沖、フェリーで火災 300人乗り、積載車が炎上か

 デンマークスウェーデンは、両国の排他的経済水域EEZ)内でガスの流出を確認。デンマークは、ガス漏れ地点とみられるボーンホルム島沖から5カイリ内の船舶航行を禁止した。
 独紙ターゲスシュピーゲルによれば、当局の原因調査に関わる関係筋は「意図的な攻撃でないとは考えられない。全てが偶然の出来事ではないことを示唆している」と述べた。海底パイプラインの攻撃には、潜水艦や特殊部隊が必要という。
 同紙は、ロシアの侵攻を受けるウクライナによる攻撃か、ウクライナの仕業に見せ掛けたロシアの「偽旗作戦」の可能性が議論されているとしている。

ノルドストリーム、3本のガスパイプラインが損傷 「前例ない」

配信

 
ロイター

 9月27日、ロシアと欧州を結ぶ天然ガスパイプラインを運営するノルドストリームは、3つのパイプラインが同じ日に損傷したと発表した。写真は「ノルドストリーム1」の関連施設。ドイツ・ルプミンで3月撮影(2022年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[モスクワ 27日 ロイター] - ロシアと欧州を結ぶ天然ガスパイプラインを運営するノルドストリームは27日、3つのパイプラインが同じ日に損傷したと発表した。

こうした事例は「前例がない」としており、復旧の見通しは立っていない。 デンマークの海運当局は26日、ノルドストリーム2でガス漏れが発生したと発表。これに続きスウェーデン海事局は27日、ノルドストリーム1で2カ所のガス漏れが見つかったと明らかにした。 ノルドストリームは、3本のパイプラインが同日に損傷するのは前例がないと指摘し「ガス輸送インフラの復旧時期を予想することは現時点で不可能だ」と述べた。 ノルドストリーム1は、並行する2本のパイプラインで構成され、それぞれ年間275億立方メートルの輸送能力を持つ。2011年にロシアからドイツへのガス供給を開始した。7月以降は能力の20%しか稼働していなかったが、8月末に停止しメンテナンス後も再稼働していない。 ノルドストリーム2は、21年9月に建設されたが、ドイツが計画を停止したため稼働しなかった。

 

欧州ガス先物、上昇-前例のない損傷とノルドストリームが報告

配信

 
Bloomberg

ブルームバーグ): 欧州の天然ガス先物は27日の取引で上昇。稼働停止となっているパイプライン「ノルドストリーム」を巡る問題が報告され、ロシアからのガス供給を巡る不確実性が一段と高まっている。

欧州ガス先物の指標、オランダ期近物は一時6.4%値上がり。今週は先に2カ月ぶりの安値を付けていた。

ロシア産の天然ガスをドイツに運ぶノルドストリームは26日遅く、圧力低下に見舞われ、調査中だと発表。27日には「前例のない」規模の損傷があると報告した。

 

原題:European Gas Rises Amid Outages at Idled Russian Pipelines、Nord Stream Says Damage to Gas Pipeline to Germany Unprecedented(抜粋)

(c)2022 Bloomberg L.P.