パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です 転載はご自由に  HPは http://palden.org

思い出せ日本人、 露助、チョンコロ、チョンと 隣人たちを侮蔑した呼び方は 彼らが第二次世界大戦下における行動で判断した。

しかしやはり 社会主義共産主義を快いと思う民族は露助、チョンコロ、チョンと侮蔑されても当然かもしれない。

いまだに 間違いが正されておらず、教育が施されておらず、逆にいまだに洗脳教育を受けているのである。 

 

「ロシア兵に殴られ、撃たれ、生き埋めに」 ウクライナ人男性が証言

配信

コメント19件
  •  
  •  
CNN.co.jp

ミコラさんは穴の中で手足を縛られたまま、兄の遺体の下から地上へとはい出したという

 

yoshi-osada.hatenablog.com

 

ロシア軍の退役大佐、国営テレビでウクライナ侵攻を批判

ロシア軍の退役大佐、国営テレビでウクライナ侵攻を批判

配信

コメント406件
  •  
  •  
CNN.co.jp

壊された建物と公共広場=16日、ウクライナ首都キーウ(キエフ)郊外のボロディアンカ

ハンター・バイデン 削除されたPCデータが公開へ  告発者はスイスに逃亡

【Facts Matter】ハンター・バイデン 削除されたPCデータが公開へ  告発者はスイスに逃亡/ウイグル人約3万人拘束、流出の新疆警察データベース明かす=米VOA 大紀元ニュースレター2022年5月18日号

大紀元 エポックタイムズ・ジャパン

【22/5/27金 東京:衆議院第2議員会館】2022年 中国における臓器移植を考える会(SMGネットワーク)設立4周年集会開催のお知らせ

[SMGNetwork-Official-News :85] SMG ネットワーク(中国における臓器移植を考える会)事務局通信 [号外]、

【22/5/27金 東京:衆議院第2議員会館】2022年 中国における臓器移植を考える会(SMGネットワーク)設立4周年集会開催のお知らせ

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Stop Medical Genocide!

(中国の医療虐殺を止めよ!)

 

SMGネットワーク(中国における臓器移植を考える会)

事務局通信 【号外】

 

令和4年 5月 17日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

中国における臓器移植を考える会(SMGネットワーク)設立4周年集会開催のお知らせ

 

 

SMGネットワーク(中国における臓器移植を考える会)は、中国共産党による法輪功学習者、ウイグル人等に対する臓器収奪・迫害等を取り上げ、周知・啓発活動を続けて来て、今年で4年目を迎えましたが、残念ながら、今もなお、これらの人権問題は続いています。

 

 

 この1年で臓器収奪問題をめぐる世界の情勢に様々な発展が見られます。2021年6月、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の特別報告者12名により、中国において「臓器狩り」が、法輪功学習者や、ウイグル人等に対して行われていることについて懸念の表明がありました。また、欧州議会では、中国における”臓器狩り”が継続しているという報告を受けて、2013年に続き、5月初旬に2度目の非難決議が行われました。

 

 また、イギリスのデイリーメールでは、2021年Netflixで話題になった「イカゲーム」において描写された臓器摘出の場面は、中国では実際に起きているとして、臓器移植問題を取り上げました。また、ドイツの週刊誌シュテルンでも、今年に入って取り上げています。このように、欧州では大手メディアが、この問題を取り上げる動きがみられます。

 

 

 今回の集会では、中国の人権問題を憂慮する国会議員の先生方からご挨拶等を頂いた後、臓器移植問題をテーマとして新たに製作された映画「冷戦の中のカナリアたち」(Canaries in a Cold War ※カンヌ映画祭 最終選考選出作品)の上映および、中国の現地で臓器移植問題の状況を調べ、英国で開催された中国・民衆法廷で証言をした在米中国人の于溟氏からネット中継でお話しをお伺いする予定です。同氏の証言はBBC・FOXでも報道されています。

 

 

「冷戦の中のカナリアたち」(Canaries in a Cold War)

カンヌ映画祭 最終選考選出作品

ヨーロッパ映画祭 ベストドキュメンタリー賞

※ゴールデンハーベスト映画祭 ベストドキュメンタリー賞

※ラスベガス映画アワード ベストドキュメンタリー賞

 

~あらすじ~

2021年の初め、シンガーソングライターで人権活動家のジェームズ・H・ホワイトは、北京冬季オリンピックに抗議する曲を作るため、ワシントンDCに向かう。中国で拷問を受けた3姉妹の痛ましい話を聞いた彼は、3姉妹から聞いた話に光を当てようと、大西洋を飛び、何人かの専門家と話をする。

 

世界有数の人権専門家、弁護士、そして想像を絶する事態に直面し、生き延びた人々への悲痛なインタビューが盛り込まれたジェームズの1年にわたる旅は、すべてが始まった場所であるワシントンDCに戻り、そこで彼は厳しい現実に直面することに・・・

 

※題名について・・・英語に「鉱山のカナリア」という表現がある。炭鉱で二酸化炭素を測量するためにカナリアが用いられる。カナリアは鉱夫に比べて呼吸が早く、体も小さく、新陳代謝も良いので、鉱夫より先に倒れ、鉱山の危険性を鉱夫に警告する。

 

于溟氏(Fox Newsより)

プロフィール:

中国出身の企業家、現在は米国に在住。30歳に中国東北の瀋陽でアパレル工場を設立し、100名近くの人を雇用。法輪功を修煉することで4度に渡り逮捕され、強制労働施設、刑務所に12年収容されていた。中国の病院の移植科に潜入調査を行い、多くの証拠映像を集めた。米国に亡命後、イギリスの「(中国共産党政府による臓器収奪に関する)民衆法廷」に参加し証人として証言する。

 

 

 

この機会を、より一層この問題を日本各界に広めるための契機としたいと考えております。

 

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

一般の方もご参加いただけます。

 

会場の都合により定員40名の予約制となっております。

お申し込みは下記こくちーずリンクから

 

https://www.kokuchpro.com/event/2022smgnet/

 

 

 

とき:2022年5月27日火曜日 15時〜17時30分

場所:衆議院第2議員会館 第4会議室

 

※会館でのイベント名は「中国人権状況に関する検討会議」となっています。

 

 

お問い合わせ: 

SMGネットワーク事務局 根本

電話:080-5173-8550 

メール:y.nemoto@smgnet.org

 

 

関連リンク:

 

【公式】冷戦の中のカナリアたち ※英語

https://www.canariesinacoldwar.com/

 

youtube】冷戦の中のカナリアたち トレーラー 

https://www.youtube.com/watch?v=ZZNfUe0VZV8

 

【ETAC】(英)中国での良心の囚人からの臓器収奪を調査する民衆法廷 2019/4/6の第2回 公聴会

※于溟氏(Yu Ming)のセッション

http://jp.endtransplantabuse.org/ct-hearings-2-1#Yu_Ming

 

 

以上

 


■■■SMGネットワーク ~中国における臓器移植を考える会~
代表=加瀬英明
事務局=野村旗守
東京都新宿区大京町12-40-305(㈱ジシック内)
tel&fax / 03-5925-8711、携帯 / 090-9107-9721
email / nomuhata@smgnet.org
URL:http://smgnet.org/
FaceBookhttps://www.facebook.com/StopMG/
メールマガジンの配信停止をご希望の際は、
 メールアドレス「info@smgnet.org」へ
 タイトルを「配信停止:SMGネットワーク 事務局通信」

として空メールをお送りください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

添付ファイル エリア

YouTube 動画 【予告編】<ドキュメンタリー>冷戦の中のカナリアたち をプレビュー

【予告編】<ドキュメンタリー>冷戦の中のカナリアたち

法の支配からの中国の撤退は、ウイグル人と新疆ウイグル自治区だけでなく、中国の他の地域と世界にとっても懸念される展開です。


新疆ウイグル自治区:法の支配はますます「権威主義的無法」に取って代わられている

中国の法律と法的手続きはすでに十分に不公平ですが、ウイグル人に関しては、CCPはそれらを尊重するふりをしていません、と新しい報告書は主張しています。

ルース・イングラム

(Ab)法の使用。 新疆ウイグル自治区での刑事手続

中国北西部の新疆ウイグル自治区で法に違反するウイグル人は、曖昧さ、秘密、説明責任のない曖昧な世界を待っています。

少なくとも公正な裁判と適正手続きを望んでいる間、数十万人が真夜中に自宅から身をかがめたり、通りすがりのトラックに運ばれたりして、準合法的な世界で彼らに対抗する可能性を発見しました。中国の国境を越えて認識できない。

ロンドンを拠点とする人権弁護士であるRightsPracticeによると、特に過去4年間、その困窮したのチュルク人は、民主主義の理想の正義を無視する慣行の犠牲者になっています。法定代理人による公正な裁判によって有罪が証明され、誰にも責任がなく、誰にも答えられないシステムの餌食になるまでの無罪の原則。「法の(乱用)使用、新疆ウイグル自治区での刑事手続」では、2017年以来少なくとも100万ウイグル人の追加の司法拘留により、法的な基盤に拘留することに向けた中国の20年間の進歩がどのように急激に逆転したかを説明しています。 。

北京は、国際的な規範にリップサービスを支払っている間、「中国の特徴を備えた」独自の修正版でそれらのすべてを打ち負かしています。

2017年だけでも、新疆ウイグル自治区で逮捕と起訴が700%増加しました。テロリズムと過激主義を抑制するための緊急措置は、さまざまな種類の再教育施設で、または長期の刑期でウイグル人を臨時的に拘留するための標準的な司法措置を迂回することを正当化した。

権利慣行が中国の量刑文化とその論理的根拠を深く掘り下げて、予測不可能で違法な措置の大混乱、西側の民主主義の目への嫌悪感を示していますが、グローバルコミュニティの1つは、スーパーパワーとの関わりが強まっているため、うまく理解することができます。

習近平大統領の中心的な舞台への漸進的な動き、彼は世界に「イデオロギー的偏見を放棄する」ことを促し、これまで受け入れられてきた「ルールに基づく国際秩序」をもう少し「中国」に支持し、道徳と国際行動の法的目標の投稿。

「中国の特徴を備えた」法律は、ますますそれ自体が法律になっています。

9月11日のテロ攻撃以前、新疆ウイグル自治区での中国の支配に対する抵抗の発生は「反動的ナショナリズム」として特定され、鎮圧されましたが、9.11後のパニックを利用して、いわゆる「ストライクハード」キャンペーンが生まれました。テロ、分離、過激主義の3つの邪悪な力」。北京は、世界的な「対テロ戦争」に沿った監視の強化、予測的ポリシング、追加の司法の切り上げ、先制的弾圧を組み立てたため、国際社会が州全体でますます冷酷な自由の抑圧に参加することを期待していました。 」

しかし、州の「過激主義」のブランドは、新知事の陳全国が歯の間に噛み付いた後、2016年のチュルク人種族に対する北京の新しい電撃の犠牲者だけではありませんでした。テロリズムを深く保持され実践されている宗教的信念と同一視するが、法的に定義されていない中国独自の緩く起草された法的枠組みを利用することは、突然長いあごひげを生やしたり、子供をモハメッドと名付けたり、居間にカーバ神殿のポスターを掲示したりすることを意味しましたあなたの電話でのコーランの読書は、投獄される犯罪になりました、あるいは少なくとも、再教育の呪文に値するものになりました。

法的な保護も防御もなしに数十万人が混雑した独房に閉じ込められたため、恣意的な切り上げの雪崩から逃れることはほとんどありませんでした。2017年から2019年にかけての主にウイグル人の事件の大洪水は、法務サービスを破裂させるまで拡大しました。

判決は大雑把であり、弁護士との面会はありませんでした。また、中国の法律によれば、判決前に20日を超えて拘留されるべきではないほとんどの被拘禁者は、通常は不利な状況に置かれ、しばしば警察の監房に鎖でつながれ、フード付きでした。 2年も。物語を語るために生き残った人々のほとんどは、拷問、屈辱、性的暴力、平凡な配給、不必要な医学的検査や投薬計画の筏を報告しています。多くの人が臓器摘出の亡霊と一緒に暮らしていました。

いわゆる「職業教育訓練センター」が中国の法的パラメーターの範囲外で運営されていることを考えると、北京は、局地的な違法な要約有罪判決と虐待の「オープンシーズン」に目をつぶっています。報告書で引用された、ハラールとハラーム食品について仲間の労働者に助言することを敢えてした1人の従業員は、10年の刑を宣告されました。 10年の刑はさらに13年延長されました。

これらの期間は通常、中国の法律の下で最も深刻な犯罪者のために予約されています。拷問と強制的な自白は風土病であり、愛する人に関する正確な判決データを否定された何十万もの関係がまだあります。中国の他の地域では、裁判所からの多くの判決がオンラインで利用可能ですが、新疆ウイグル自治区の場合はそうではありません。家族は、親戚がどうなったか、あるいはいつ解放されるかを知ることに絶望して無駄に待っています。

驚いたことに、報告書は、「2017年と2018年(そしておそらく2019年)に新疆ウイグル自治区での刑事手続きによって自由を奪われた341,887人の大多数が国際規範に違反して恣意的に拘留されたという説得力のある証拠がある」と結論付けた。

報告書の著者は、中国の法律の文言と新疆ウイグル自治区でのその慣行との間の無数の不規則性と矛盾を明らかにし、被拘禁者の虐待の危険な範囲を残しました。中国が署名している世界人権宣言によって保証されている、祈りや宗教的テキストの所持などの単純な日常の自由の行使は犯罪とされています。

北京の地位が高まり、世界の舞台に影響を与える中、報告書は、中国が自国の国境に活動を制限することにますます満足しないだろうと警告した。いわゆる少数民族の扱いにはっきりと見られる虐待と矛盾は、商業的、地政学的、道徳的に世界の他の地域とのすべての取引に波及することになった。

ロシアと中国の主要な決定に対する拒否権に悩まされている国連が、国際的な虐待に対して重要な監視の役割を果たし続けることを期待している。新疆ウイグル自治区の残虐行為に関する独自の報告書を公表することを国連が拒否することへの不満が高まっており、権利慣行は、国連が北京に挑戦することを躊躇していると主張している。 

中国が法務を遂行する際の秘密と説明責任の欠如の煙幕、および法の恣意的な実施は、犯罪人引渡し条約または法務協力協定を結んでいる国に対して警告の鐘を鳴らすべきである。強制労働に対する沈黙は、北京のチュルク人集団における無意識の貿易のパートナーを無意識のうちに作り、善意のあるが素朴な学術交流は、デフォルトで中国の宣伝クーデターになる危険にさらされています。

法の支配からの中国の撤退は、ウイグル人新疆ウイグル自治区だけでなく、中国の他の地域と世界にとっても懸念される展開です。報告書では「権威主義的無法」と説明されており、新疆ウイグル自治区での行動を正当化し、法の無視を隠蔽しようとする中国の試みは、「法の支配を覆すことを喜ぶパートナーからの危険にさらされている世界への目覚めの呼びかけであるべきだ」と著者は述べているそして国際レベルでの人権。」

読み続けます

初めて金正恩氏のマスク姿を見ました。コロナよりもミサイルと、非常識極まりない。もうめちゃくちゃだと思います

北朝鮮への「ワクチン供与」 政府内に検討の動き

配信

コメント202件
  •  
  •  
テレビ朝日系(ANN)

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 

 

北朝鮮は最初のCOVID-19症例と少なくとも1人の死亡を確認

オミクロンが広がるにつれて、国は「最大の緊急エピデミック防止システム」に切り替わります
RFAの韓国サービス
2022.05.12による
 
北朝鮮は最初のCOVID-19症例と少なくとも1人の死亡を確認北朝鮮のKRTが放送したビデオから作成されたこの画像では、北朝鮮の指導者である金正恩が、北朝鮮平壌で行われた2022年5月12日木曜日のCOVID-19の最初の事件を認める会議中に国営テレビでフェイスマスクを着用しています。
 AP経由のKRT

北朝鮮は、2年以上にわたって「ウイルスがない」と主張した後、木曜日に最初に確認されたCOVID-19の症例と少なくとも1人の死亡を認めた。

国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、先月末から全国に広がった不明熱の検疫で187,800人が治療を受けていると報じた。

レポートには、COVID-19の検査で陽性となった人の数は明記されていません。

北朝鮮金正恩首相は、政治局の会合を主宰し、全国的な封鎖を命じ、「最大の緊急流行防止システム」を宣言した、とKCNAは木曜日に述べた。

平壌の住民はRFAの韓国サービスに、市の保健当局が2日前にウイルスの症例を確認した後、首都平壌が封鎖されていると語った。

「[火曜日]午後5時に、中央党の政治局の国家緊急検疫コマンドからの緊急指令が平壌のすべての部分に発行されました。特定のプロジェクトの詳細は、最大の緊急検疫システムへの検疫プロジェクトを実施する際に、市のさまざまなレベルのユニット、企業、および近隣監視ユニットに配信されました」と、セキュリティ上の理由から匿名を条件に情報筋は述べました。

「指示は、グループの集まりを禁止し、個人の衛生状態、社会的距離を厳守し、頻繁に手を洗い、飲む前に水を沸騰させ、塩水でうがいをして消毒し、コロナウイルスを防ぐために室内の空気を適切に換気することです」と情報筋は述べています。 。

COVID-19の兆候を示す入院患者の例はたくさんありますが、検疫当局は肺炎またはインフルエンザとして症例を診断していました、と情報筋は言いました。

「住民は、検疫当局が突然コロナウイルスを認めた理由に混乱しています。ショップ、レストラン、マーケットプレイスはすべて閉鎖されています。封鎖が長引くと、住民の生活が混乱する」と語った。

平安北道新義州市では、中国から鴨緑江を渡って、水曜日に完全な封鎖が進行中であった、とそこの居住者はRFAに語った。

「党、行政組織、経済組織、警察、国家治安部隊、軍隊を含むすべての部門は、国家緊急検疫司令部の指示の徹底的な実施を強調した」と、治安上の理由から匿名を条件に第2の情報筋は述べた。 。

「COVID-19の流入を認めたのは初めてであり、ステルスオミクロンの亜種です。当局は、それが肺炎やインフルエンザに似たウイルスであり、国産の薬で克服できることを住民に安心させている」と述べた。

この情報筋によると、平壌の親戚は明日からすべての都市住民を対象とした集中的な医療スクリーニングが始まると言っていた。すでに市民は仕事に行くことを禁じられており、多くの人がすでにうまくやっていくのに苦労しているときに、国の経済不安のレベルを高めています。

「人々は、緊急事態の前に目的を達成することさえできないので、混乱の時期に陥りそうです」と、2番目の情報筋は言いました。

ワクチンの状態

世界保健機関(WHO)は木曜日にRFAに、KCNAによって報告された確認されたCOVID-19症例に関する北朝鮮の保健省からの情報をまだ受け取っていないと語った。

WHOによると、北朝鮮はCOVAXグローバルワクチン共有プロジェクトを通じてCOVID-19ワクチンを接種する資格があります。平壌は、パンデミックの初期に、COVAXがまだ「ウイルスフリー」であると主張していたときに、COVAXからのワクチンの受け入れを拒否しました。

ロイター通信は、ホワイトハウス国家安全保障会議のスポークスパーソンを引用して、ワシントンが平壌とワクチンを共有する当面の計画はないと報告した。

アムネスティ北朝鮮政府に対し、北朝鮮政府に対し、現在、世界中で600万人以上が死亡したと推定されているこの病気に対する免疫を確保するよう求めた。

北朝鮮がCOVID-19から人口を守るのに十分なワクチンを利用できることを示す証拠はありません」とアムネスティ・インターナショナルの東アジア研究者であるBoramJangは述べた。

「国内でのCovid-19の発生の最初の公式ニュースで、この道を続けることは多くの命を犠牲にする可能性があり、健康への権利を支持することの無礼な怠慢になるでしょう」と彼女は言いました。「北朝鮮政府は、国際社会と協力することにより、その人口のためにCOVID-19ワクチンを確保する計画を直ちに確立する必要があります。」

ストラテジー

ウイルスが国境に侵入したことを認める北朝鮮のタイミングは「注目に値する」と、現在RAND研究所の元CIAアナリストであるSooKimはRFAに語った。

「国際社会は北朝鮮コロナウイルスの状況に目をつぶることはありませんでした。不当な理由でPPEとワクチンの提供を一貫して拒否したのはキム政権でした」と彼女は言いました。

北朝鮮コロナウイルスの状況が大幅に悪化し、政権がそれを抑制したり、自力で対処したりすることができなくなった可能性があります。しかし、問題は残る。キム政権が最初から国際援助を受け入れていれば、状況は封じ込められたはずだ。では、なぜ今なのか?」彼女は言いました。

キム・ス氏は、公衆衛生上の懸念ではなく、経済不安が北朝鮮の確認された症例がゼロであるという主張から逸脱する動機となった可能性があると述べた。

「大規模な封鎖、国境閉鎖、そしてキムのすでに無能な国家管理は、パンデミックの現実を抑圧することにおいて彼をこれまでのところ連れて行くことができるだけです」と彼女は言いました。

RogueStatesプロジェクトの社長兼CEOであるHarryKazianisは、パンデミックが始まって以来、COVID-19が北朝鮮に存在しているとRFAに語った。 

「しかし、オミクロンが国に忍び込んだ過去数ヶ月間、北朝鮮当局は、人々を家に閉じ込めたり、村全体を孤立させたりするのと同じブルートフォース戦術を使用することはできません。だから今、平壌は彼らが問題であることを認めなければならない。彼らがそれを隠すことはできないからだ」と彼は言った。

北朝鮮が数万人の死傷者を出さない限り、北朝鮮がこの時点で助けを求めるとは思えない。彼らは弱点をまったく見せたくないし、常に彼らの人口の強さと支配のイメージを投影したいと思っています。北朝鮮の目には、助けを求めることは失敗を認めることになるだろう」とカジアニスは述べた。 

LeejinJ.ChungとDukinHanによって翻訳されました。EugeneWhongによって英語で書かれました。

中国22年度GDP成長は3・9%と親中派の野村證券、IMFは4・3% 流通、商業活動が止まり、食糧不足、係官の横暴、工場休業となって道路はがら空き、逆に上海港などで沖合待ち一ヶ月以上。対米輸出航路は平均で74日間の遅れを出している。

☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆☆◇◆◇☆◆◇◆☆◇◆◇☆◇◆◇ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
     令和四年(2022)5月16日(月曜日)弐
        通巻第7335号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 中国大都市ロックダウン続き、サプライチェーンはズタズタ
  22年度GDP成長は3・9%と親中派野村證券IMFは4・3%
***************************************

 有力シンクタンク中国経済予測が出そろった。
 全人代において李克強首相の掲げたGDP成長目標は5・5%だった。親中路線の野村證券が3・9%と最低、UBSが4.2%,ゴールドマンサックスは4.3%、そしてIMFは4・4%と、いずれも中国の公式目標より低い。

 第一はロシアのウクライナ侵攻で西側のロシア経済制裁がじわり、中国に悪影響を及ぼし、ここに原油高、穀物高騰が加わる。ましてや米国の制裁が継続していて、経済は下降速度を増した。
 食品は8%程度の値上がりとなっている。

 第二に武漢肺炎の変異株が猛威を振るい、深セン、上海メガロポリス、西安武漢、東北三省(とりわけ吉林省)の諸都市がロックダウンされた。
 上海メガロポリスだけでも2500万人が不自由な生活を強いられ、六週間に亘るロックダウンは習近平への不満の声となって静かに市民の胸底に体積した。

 流通、商業活動が止まり、食糧不足、係官の横暴、工場休業となって道路はがら空き、逆に上海港などで沖合待ち一ヶ月以上。対米輸出航路は平均で74日間の遅れを出している。港湾労働者も不足し、膨大なコンテナの処理が円滑にいかない。上海および無錫、杭州、蘇州などで外国企業の工場閉鎖は七割近く、生産、販売が劇的に落ち込んでいる。

あまつさえ吉林省と国境を接する北朝鮮で発熱が一晩に17万人とか、四月末から五月半ばまで52万人がいきなり感染し、死者もうなぎ登り、中国製のワクチンは効き目がなく、中国東北地方の経済回復は望み薄となった。

 第三がサプライチェーン中断により、部品も調達できず、操業を再開しても、労働者は工場宿泊となるため出社率が悪い。生産ラインが止まったままである。テスラもトヨタもライン再開はかけ声だけ

もっとも深刻な影響は95%のスマホを中国で生産するアップルで、納期遅れが2ヶ月。
アップルは上海、昆山、鄭州成都重慶深センにiPhone工場があり、およそ95%が中国生産だ。それも委託生産しているのは鵬海精密工業(FOXCON)、ペガトロン、広達(グアンダ)電脳、コンパルなどである。とくにグアンダは、六月前までの生産再開は絶望視されている。

上海都市封鎖は外国企業に深刻な影響だが、中国企業とて例外ではなく、鳴り物入りだった半導体自制のSMIC(中芯国際集成電路)は納品遅れ、工場の拡張どころで名なくなった。

GAFAMの時価総額は25%の大暴落、世界の株式市場からGAFAMの時価総額360兆円が蒸発した(21年末の10兆ドルから22年5月11日は7・4兆ドルに)。アップルは世界株式時価総額トップをアラムコに譲ることとなった。小誌が予測してきたように「さようなら、GAFAM」の季節がやってきた。
 四月の人民元建ての銀行貸し出しは17兆円台に留まって、じつに72%減。資金需要も消えたのである。


 ▲ピョートル大帝を尊敬するプーチン永楽帝をめざす習近平

 こうした逆境のなかで気を吐くのが中露貿易だ。
制裁に加わらないばかりかロシア支援を強める中国は石油とガスをロシアから安く買いたたき、パイプライン加えて、トラックと鉄道輸送。また食品や機械、雑貨をロシアへ輸出している。船舶が利用できなくてもユーラシアを横断する陸のシルクロード=「鉄道」輸送が強みを発揮しており、「コンテナ鉄道」は重慶から2011年にドイツへと開通以来、武漢成都鄭州西安から欧州23ケ国をつなぐ。大半がモスクワ経由である。

 積み荷は食品、衣料品、医薬品、自動車部品、雑貨などとされるがコンテナに武器を積み込みロシア支援に活用しているようである。
 とくに機関銃や弾丸、戦車、自走砲の部品などは偵察衛星の監査から漏れる。

 プーチンピョートル大帝とエカテリーナ女帝の再来を夢想するナショナリズムの強烈な帝国主義を目ざす。プーチンスターリンレーニンを問題視していない。
一方、習近平毛沢東に憧れ、中華民族の夢を豪語してやまないが、それは明の永楽帝が築いた最大版図の回復を実現することであり、台湾ばかりか、尖閣諸島奪取という途方もない野心を研いでいる。

これまで中国はソ連時代からロシアを『兄貴分』としてきたが、ウクライナ情勢で立場を逆転させた。ロシアは弟分、中国が兄貴分で兄弟の杯は、やり直しとなるだろう。
ロシアのGDPは中国の十分の一以下であり、ロシアが誇った武器、宇宙船なども中国が技術をもぎ取った。

だがしかしプーチンは面子にかけても決して習近平の風下に立つことはない。したがって中国台頭への心理的反作用はますます欧米への挑発行為をエスカレートさせる危険性がある。
苛立ちとストレスはすでにプーチンの表情からも読み折れるほどにロシアは反動バネで、より挑発的な姿勢に傾きかねないのである。

      □○◎○☆み○◎○や○☆△○ざ☆○◎☆◎き◎△☆□