パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です

武漢は今 毎日1000人近くの 火葬が行われている そのうち半分が武漢肺炎だとしても その合計は500人x30日(1/20~2/18)=1万五千人ーー>10倍


武漢の火葬場が高時給で〇〇運搬スタッフ急募 燃やし切れないほど死者が多い?

 


湖北省の火葬場2社「一日340人の遺体を焼却」6割が自宅で死亡【新型コロナウイルス 武漢】

 


武漢火葬場の内部映像 コロナウイルス患者の遺体、焼却を待つ長い列

 

動画

 
1:37
 
武漢の火葬場が高時給で〇〇運搬スタッフ急募 燃やし切れない ...
 
NTDTVJP
YouTube - 3 日前
 
1:41
 
湖北省の火葬場2社「一日340人の遺体を焼却」6割が自宅で死亡 ...
 
NTDTVJP
YouTube - 2020/02/10
 
0:15
 
武漢火葬場の内部映像 コロナウイルス患者の遺体、焼却を待つ ...
 
大紀元 エポックタイムズ・ジャパン
YouTube - 5 日前
 
15:10
 
【覆面調査】一体何人火葬している?湖北省の火葬場責任者との ...
 
NTDTVJP
YouTube - 8 時間前
 
 

ウェブ検索結果


新型肺炎 感染死体を野焼きで対応か?火葬場と遺体収容袋が ...

note.com › 善(ZEN) @ヘッドハンター
6 日前 - 2月上旬、武漢市内の空き地(長江沿い)で大規模な火災が発生しました。火の気がない空き地で大規模火災?と思いますが、こちらが実際の映像です。 消防車が全然来ない! 中国では日常的に大気汚染が酷いためPM2.0や空気中の成分を ...

武漢市の火葬場、「1日116人の遺体を焼却」6割が自宅で死亡

www.epochtimes.jp › 2020/02
2020/02/08 - 新型コロナウイルスによる肺炎の感染者・死者の人数をめぐって、中国政府の発表を疑問視する声が後を絶たない。大紀元は2月4日、湖北省の複数の火葬場を取材したところ、火葬場の処理量は平常時の4倍から5倍だという。 電話取材を ...

新型肺炎の死者との「最期の別れ」許されず 告別式禁止で直接火葬

www.msn.com › ja-jp › news › national › ar-BBZUQo3
6 日前 - 武漢市の新型肺炎の死者は12日午前0時時点で820人に上り、24時間で72人が死亡した。患者の遺体を受け入れる火葬場や火葬炉が指定されていることもあり、斎場による遺体の運送・火葬は各施設が対応できる限界を超えている。

日本戦略研究フォーラム(JFSS)

www.jfss.gr.jp › article
よく知られているように、一般に、中国当局が発表する数字はあまり信用できない。しかし、子細にそれらを観察していると、当局は様々なヒントを与えてくれる。 現在、「新型コロナウイルス」(以下、「武漢肺炎」)は武漢市を中心に流行している。中国当局は、死者数 ...

武漢を覆う奇妙な霧 死体の「燃やしすぎ」が原因か | 看中国 ...

www.visiontimesjp.com › 動 画
7 日前 - 神秘的な霧に包まれている武漢(イメージ:YouTubeスクリーンショット) 英デイリー・スター紙によると、武漢は神秘的な ... ジム・フィリッピ(Jim Phillippi)氏は、「このような霧ができたのは、7つの火葬場が1週間絶え間なく稼動しているからだ。

湖北省の火葬場2社「一日340人の遺体を焼却」6割が自宅で死亡 ...

www.ntdtv.jp › 2020/02
2020/02/10 - 大紀元の調査員は湖北省武漢市新洲区火葬場の幹部からも話を聞いた。幹部によると、「現在の圧力は非常に大きく、従業員は休みも取れないため、疲労で限界に来ている。9台の火葬炉が24時間フル稼働し、毎日30体の遺体を処理して ...

武漢の火葬場が高時給で〇〇運搬スタッフ急募 燃やし切れない ...

www.ntdtv.jp › 2020/02
3 日前 - アップロード元: NTDTVJP
最近、ネット上には救急車が死者の遺体を運ぶ動画が次々投稿されている。ネットユーザーらは、救急車が遺体運搬車に改造され、中共 ...

新型肺炎、中国の死亡者は万単位か?湖北省の火葬場がフル稼働。

www.bookservice.jp › 時事 › 中国
2020/02/10 - 湖北省の2社の火葬場が通常時の4.5倍と言う報道が中国内で出ており、そ... ... テンセント、武漢ウイルス実際の死亡者数を流出. 台湾の英語 ... 湖北省火葬場2社「一日340人の遺体を焼却」6割が自宅で死亡【新型コロナウイルス 武漢】 ...

武漢市の火葬場、「1日116人の遺体を焼却」6割が自宅で死亡 ...

www.excite.co.jp › ニュース › 海外 › 中国 › 中国政府
2020/02/08 - 新型コロナウイルスによる肺炎の感染者・死者の人数をめぐって、中国政府の発表を疑問視する声が後を絶たない。大紀元は4日、湖北省の複数の火葬場を取材したところ、火葬場の処理量は平常時の4倍から5倍だという...

 

自民党殿、 我々はこのホテルが 中国資本で動いており、最悪であることを前から感じていた。 そう思うのはたくさんいるはずである。

 

 

 

 

 

ANA アークヒルズインターコンチネンタルホテル とは 

コンナショボイホテル

 

ここの営業なんか 客商売ではない。我々のブログより!

かかわったトラブルを披露しよう。

ーーーーーーーーーーーーーーー

「ANAホテルもう使わない」自民恨み節   野党「敬服」

2/18(火) 11:39配信

朝日新聞デジタル

 「桜を見る会」前日の夕食会をめぐって安倍晋三首相の国会答弁と会場のホテル側の説明が食い違っている問題で、首相答弁内容の一部を否定したANAインターコンチネンタルホテル東京(東京・赤坂)の姿勢に対し、与野党幹部らが様々な反応を見せている。野党からホテルの対応を評価する声が上がる一方、政府・自民党からは恨み節も漏れる。

 野党統一会派小川淳也氏(無所属)は18日、自らのツイッターに「忖度(そんたく)まん延症候群のような日本列島にあって、ANAインターコンチネンタルホテル東京の存在は特別にキラリと光る。真実を毅然(きぜん)といい放つ姿勢に敬服」と投稿。共産党の田村智子政策委員長は「ANAホテルの矜持(きょうじ)を、官僚も自民党も正面から受け止めてほしい」、同党の宮本徹衆院議員も「誰もが総理を守るために口裏を合わせてくれるわけではないのです」とつづった。

 立憲民主党安住淳国会対策委員長は記者団に対し、「第三者のANAホテルが答えを出してくれた。『総理、あなたが言っているのはどうなんですか』ということに答えないと(国会の)質疑はできない」と語った。多くの野党は首相が書面で回答を寄せないことに反発し、この日の衆院予算委員会を欠席した。

 これに対し、菅義偉官房長官は18日の記者会見で「総理が国会で答弁した通り」と強調。野党が要求する書面での回答も「国会で答弁することは議事録に残る」として、後ろ向きな姿勢を示した。自民の二階俊博幹事長は会見で「野党の対応に私が論評することはありません。新たな議論を呼ぶようなことに私が乗るわけにはいかない。野党は野党です」と述べるにとどめ、評価を避けた。

 ただ、首相側近は「なんで(ANAホテルは)回答を出したんだろう」と困惑し、自民党幹部の一人は「もうANAホテルを使うのはやめよう」。同党ベテランは「ANAホテルは外資系だからかな。(対応が)スッキリしている」と述べ、忖度のない対応だと感想を漏らした。

朝日新聞社

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

号外>本日アークヒルズ  インターコンチネンタルホテルによるビラ配布妨害発生

 
編集
本日 東京溜池アークヒルズにある ANA・INTERCONTINENTAL HOTEL東京   近くの歩道上で <11.5 世界同時 IHG グループに対する抗議>のビラを配っていたところ、ANA・INTERCONTINENTAL HOTELが麻布警察署に 110番通報し、
『 悪質な 営業妨害のチラシを歩道上で配っているものがいる 』との通報を受けた、所轄麻布警察署警備課署員 2名によってビラ配りが 中断、中止させられた。

本日は ビラ配りを 13:30から開始したが 14:50ごろの警察到着、当方15:00にチラシ配布を中止した。
この間 意外や 60枚近く 日本人、外国人にビラを手渡すことができた。

14:00ごろから 何人かの スーツ姿の人間が ビラを受け取りに来て、現場の何枚かのプラカードをじっと見ており、その一人に 「インターコンチの警備の方ですか?」と声をかけたら
「違います」 といいながら ビラを取り、 通り過ぎてまた戻ってくるなど不審な行動(笑い)、
スーツの襟に何かマークのようなものが、もちろん警察や公安ではありません。
そうこうするうちに、道ひとつ離れた ANA・INTERCONTINENTAL HOTELの敷地には5~6人の関係者があつまってひそひそ、 特に目立つ中年の方はどう見ても 警察OBの
ホテル警備の方らしく(通常所轄警察署の定年退職署長かな!)、 何分で警察が来るか??

それから 20分後くらいに 2名の制服警官がやってきました。


当日の位置関係: 当方は全く ホテル関係の敷地には一切入っていない またビラは 一般公道の 歩道上で配布。 また関係者も敢えて公道を越えて来ず

イメージ 1

イメージ 2      イメージ 3
溜池山王の地下鉄出口近くの歩道にプラカード  道を挟んでインターコンチの施設
やれれば インターコンチの正面玄関でも よかったが、 警備のガードマンとのいざこざを避けて 手前の歩道上で チラシ配りを行った。


イメージ 4

警察曰く 「 こう いろいろ 置かれると 、やめろ~と いわざると得ない」  といわれ、
当方は 「これを かたずけて、 ビラをもう少し配るつもりと答えた」
この間 一般的な 職務質問があり、 あえて当方は言わなかったが
麻布署の警備課としか名乗らない、この辺 公安や外事課とちがうのかな~~~。
「 名をなおれ !!!・・・・・笑い 」


当方から 別にANAホテルの事を言っているわけではなく、 インターコンチネンタルホテルという ホテルグループが 世界中で悪さをし 特にチベットでは特に 文明人らしくない事をしでかしているので 世界中で 抗議が起きていることを話し、その抗議の日が 来月の11月5日 であることをここで ビラを配布していると説明。

そして当方がプラカードを片付けている間、警官は ホテル側敷地に陣取った ホテル警備の面々に 説明をしていた。 どこに通報者が シャーシャーと顔を出す会社があるのか?

イメージ 5

やはり こういうのが  インターコンチネンタルホテル のやり方なのでしょう。
ヒルトンやほかのホテルチェーンを押しのけて 大きくなった現実である。
40年前の香港や ロンドンやシンガポールではそれほどのものでなかったが、
日本がバブルが崩壊し ホテルチェーンが軒並み撤退した後 自治体とデべとが結託して都市開発の目玉になって 血をすって今も生きている グローバル企業。
こういう会社に 支那、や 日本、韓国などアジアの 文化を大切にしないアジアの国は
これが欧米のやり方と 勘違いが はなはだしいのだろう。

欧米であれば われ関せずのはずであるが!!!!


ビラを配って 「 このグループの親玉が 支那共産党と結託して チベットを迫害するような ホテルを運営開始する事に抗議しよう」 がメインの話であるが、

善意のチベット人支援者からビラを 無料で入手し、悪意に満ちた警察通報するようなANAインターコンチネンタルホテルのやり方は すべからく このホテルの世界営業方針であり、欧米で行われている このホテルに対して、大規模な不買運動がその答えであろう。

また ANAそのものが 支那共産党と結託し 多くの日本人を中国に運び、旅行者の情報を共産党に軽々しく 渡すことにより その地位を得て JALを追い抜いたと自負するも最終的には 媚でしか営業できない 二流の航空会社であることを証明している。
7月に 成田から成都ビジネスクラスで向かった ANAに乗っていた日本人乗客が理由も告げられず
成都に下りることが許されず、同じ機で帰らせられたことに対しても乗客に 一切の謝意はなかったと聞き、 共産党の指示に従っただけという理由話をきけば、 さすが 売国経済人や 売国政治家や、売国ジャーナリストが好む航空会社となれば 納得できる話なのであう。

とにかく 欧米での抗議の支援としか考えていなかった ビラ配りは 日本のインターコンチネンタルホテルごときの ごろつき グローバル企業に 日本社会でのあり方さえも
考えるような 大きな抗議行動に変えなければならないような感じがしてきた。



イメージ 6


イメージ 7



イメージ 8

 

湖北省6000万人を閉じこめて武漢肺炎を止めるために、湖北省と武漢に戒厳令を発し、7つの軍を動員し ①閉じ込め②情報の遮断②死亡者の焼却 を開始

 

 

6000万人の 支那人をすべて死亡させても 武漢肺炎を止める政策だが、それ以外の都市では 封鎖を行いかつ工場を操業、道路を閉鎖しながら材料の発送も円滑にするという 訳の分からない 習金平の指示が出ていると言われる。

 


【新型コロナ速報②】なぜロケット部隊、サイバー部隊まで、閉鎖都市に派遣されたのか・・?市長を替えた理由は?(TVが報じない新型コロナの真実②)

 

 

 

中国はすでに“準内戦状態”に… 湖北省武漢に「戒厳令」が敷かれる日

中国はすでに“準内戦状態”に… 湖北省&武漢に「戒厳令」が敷かれる日
(提供:週刊実話)
 

 2月10日午後、新型コロナウイルスで大混乱に陥っている中国の首都・北京に、習近平主席が、幹部用の青いマスクをしっかりと着用し、ようやく姿を見せた。

「感染者ではないことが確認された上で動員されたであろう住民たちに近づいた習主席は、『今は非常時だから握手はやめよう』と言って声だけ掛けました。そして街頭で住民たちを前に仁王立ちになり、『今こそ“初心を忘れず、使命を肝に銘じる”(習近平思想のスローガンの1つ)を主題とした教育成果を展開するのだ!』と、コロナウイルスとは何の脈絡もない檄を飛ばしたのです。習近平政権が目指すのは『強い指導者』=『皇帝様』ですから、誰に相対しても“上から目線”にならざるを得ません。中国共産党の会議などで、その態度で臨むのは構いませんが、国民がバタバタ倒れている現在、『皇帝様』に求められているのは国民の命の救済のはずですがね」(中国ウオッチャー)

 すでに一部地方では“準内戦状態”に入っており、重要物資は「徴用」どころか「盗用」され、すでに私人のものではなくなっているものが多い。もっとも深刻なのはマスクだ。

「庶民の間では荷物名の欄に『マスク』と書き込むと役人に盗まれるというウワサが流れています。ですから中国の税関当局も『個人用の荷物が税関で徴発(徴用)されることはない』とアナウンスしていますが、県レベルで、仁義なきマスク争奪戦が展開されていることは、英BBCなど一部海外メディアも取り上げています。もっと上のレベル、例えばこのまま経済が悪化し物流が滞れば、戦時統制経済に近い状況になるかもしれません」(国際ジャーナリスト)

 70近い都市が封鎖されて物流、人の交流が分断され、物資配分の不均衡が起こり、多くの地方官僚がミスの責任を取る形で更迭され、官僚システムが機能不全に陥って医療崩壊も起きている。

「中国がグローバル経済サプライチェーンから分離されていき、各国から『中国人=感染者』として入国制限も起きている。中国側も米疾病予防管理センター(CDC)など、海外専門家の受け入れをかたくなに拒み続け、国際社会と情報を共有し、協力してウイルスと戦おうという姿勢に欠けていることもあり孤立化が進んでいます」(同・ジャーナリスト)
 地方に対するコントロール力を失った強権の習政権が、切羽詰まって湖北省武漢に「戒厳令」を敷く日も近いかもしれない。

あわせて読みたい

 
 
週刊実話の記事をもっと見る

 

 

中国の教授「コロナ、武漢市場近くの実験室から流出」

2/17(月) 10:03配信

中央日報日本語版

中国だけで1660人以上の死亡者を出した新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が中国実験室から流出した可能性を提起した論文を中国の学者が発表していた。

16日、明報や蘋果日報など香港メディアによると、中国広東省広州の華南理工大学生物科学と工程学院の肖波涛教授は今月6日にグローバル学術サイト「ResearchGate(リサーチゲート)に論文を発表した。論文は新型コロナがコウモリから中間宿主を経て人に伝染した可能性よりも、湖北省武漢の実験室2カ所から流出した可能性を提起した。肖教授は武漢ウイルス研究所よりも武漢疾病予防管理センターが震源地である可能性が高いとみられると主張した。武漢ウイルス研究所は新型コロナが集中的に検出された華南水産市場から12キロメートル程度離れているのに対し、武漢疾病対策予防管理センターはわずか280メートルの距離にあるためだ。

肖教授は実験室からの流出とみている理由について、新型コロナの天然宿主である「キクガシラコウモリ」は武漢から900キロメートル離れた雲南省浙江省などに棲息していて、食用としては特に使われていない点を挙げた。また、武漢市政府の報告書や武漢市民の証言を総合すると、華南水産市場でこのようなコウモリは扱われていなかったという。

反面、武漢疾病予防管理センターは2017年と2019年、実験用に多くのコウモリを捕まえた。2017年には湖北省浙江省などで約600匹のコウモリを捕まえたが、この中には重症急性呼吸器症候群SARS)ウイルスを持つキクガシラコウモリも含まれていた。当時、同センターの研究員は、勤務中にコウモリに噛まれたり尿をかけられたりしたと話した。同センターはコウモリの細胞組織を分離させてDNAとRNA配列などの研究を行ったが、ここで出た汚染されたゴミがウイルスの温床になったというのが肖教授の主張だ。

初期に新型コロナに感染した患者が訪れた場所として知られている協和がん病院は武漢疾病対策センターとは通り一つを挟んだところにあったと論文は伝えた。こうした中、科学技術部の呉遠彬局長は15日、「実験室でウイルスを研究する際に安全にさらに注意を傾ける内容の指導意見を発表した」と明らかにした。現在、肖教授とは連絡が取れず、該当論文はサイトから削除された状態だ。

共産党の理論紙「求是」は、習近平首席が先月7日の政治局常務委員会会議でウイルス事態を予防・統制するために努力するよう指示したと16日、公開した。今回の公開で習主席が新型コロナを初期に把握していただけでなく、対処の指揮さえしていたと認めるようなもので、習主席の対応失敗責任論が強まっているとニューヨーク・タイムズ(NYT)は報じた。

一方、台湾で新型コロナの感染によって初めて死亡者が出たと中国現地メディアが16日、伝えた。この患者はB型肝炎と糖尿にも罹患していた。中国本土を除く地域で死亡者が出てきたのはこれで5例目となる。

 

死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない

2/17(月) 16:15配信

プレジデントオンライン

米国で季節性インフルエンザが猛威をふるい、患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっている。だが、一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。麻酔科医の筒井冨美氏は、「インフル患者とされた人の中に、相当数の新型コロナ患者がいる恐れがある」という――。

【写真】インフルエンザに似た症状を示した患者に対しても、新型コロナ検査を開始する」と発表した

■インフル患者の中に新型コロナ感染者が相当数含まれる可能性

 世界的に新型コロナウイルス関連のニュースが相次ぐ中、2月14日、筆者たち医師にとって極めて気になるニュースが飛び込んできた。それは、米当局が「インフルエンザに似た症状が確認された患者に対し、新型コロナウイルス検査を開始する」というものである。

 筆者は早速、記事のソースであるCDC(Centers for Disease Control and Prevention米疾病対策センター)ホームページを確認した。CDCとは、米国で感染症対策の司令塔となる国立総合研究所である。感染症対策としてはWHO(World health organization世界保健機構)と並ぶ、世界的に信頼できる組織として医療界では扱われている。そのCDCが記者会見(2月14日)で、「新型コロナの検査対象を大幅に見直す」という発表をしたのだ。日本国内ではそれほど大きく報道されていないが、これはとても重要な意味がある。

■米疾病対策センターが「方針転換した」コワい意味

 CDCのウェブページによると、新型コロナウイルスとは「中国発祥の新規感染症」と扱われており、2月上旬まで検査対象は「『中国への旅行者、旅行者と濃厚接触者』『発熱もしくは呼吸器症状がある人』の双方の条件を満たす」であり、2月14日時点での米国内患者数は443人検査したうち15人だった。

 しかしながら、新型コロナは「ウイルスに感染しても無症状期がある」「無症状患者でも感染力がある」と判明しつつある。そのため、CDCセンター長は次のように宣言した。

 「ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ニューヨークの5大都市における公衆衛生検査機関で、既存のインフルエンザ監視システムと協力して、インフルエンザに似た症状を示した患者に対しても、新型コロナ検査を開始する」

 つまり、大量検査体制の確立もあって、CDCは「中国に無関係でも呼吸器症状があれば検査を行う」と方針転換したわけだ。

■インフル死者1万4000人中どれくらいの新型コロナ感染者がいるのか

 すでに報道されているように米国内では2019‐20年の冬、季節性インフルエンザが猛威をふるっている。CDCによれば「患者数2600万人以上、入院者約25万人、死者約1万4000人」と推定されている。

 米国は日本のような皆保険ではなく、医療機関の受診には高い費用が伴う。「風邪で外来受診すると5万円」レベルの自己負担が一般的であるため、一般庶民は風邪をひくと「たぶんインフルだな、流行っているし」と自己判断で自宅療養するケースが多い。

 また、職場も「病院受診や診断書は不要、自己申告で病休可能」が主流である。よって、「2600万人のインフルエンザ患者」という統計の大部分は、症状のみで判断されている。

 症状(特に初期)だけではインフルエンザと新型コロナの区別は困難だ。

 インフルエンザの迅速検査キットは簡便性があるが正確性には限界があり、自己申告の“インフルエンザ”患者は簡易検査すらされていない可能性が高い。

■米国ではすでに「新型コロナが流行していた」のか? 

 その結果次第では「米国では今冬インフルエンザが大流行」と報道されていた感染症の実態は、「実は新型コロナが以前から流行していた」と覆るかもしれない。2月15日に「名古屋市の日本人夫婦がハワイ旅行の後、新型コロナ感染」が判明しているが、これをその米国での流行のサインではないか、ととらえる日本人医師さえいる。

 日本の新型コロナ対策は、ここへきてようやく「市中感染」を前提としたものに移りつつあるが、これまでは「ダイヤモンド・プリンセス号の停留」や「中国航路の減便」など、「対中国の水際対策」が中心だった。

 今後もし、米国で広範囲の感染が確認された場合、「中国関係者のみ排除しても意味がない」ことはますます明白なものとなるだろう。実際、2月15日には、和歌山の医療機関で5人の新型コロナ集団感染が報告されている。これも中国とは無関係で感染ルートが今のところ不明である。

 「潜伏期や無症状患者を考えると、日本国内でも新型コロナの大量検査体制が確立されたら、中国とは無関係な感染者が多数検出されるはず」と考える医師は多く、筆者もその一人である。

アメリカの新型コロナ「感染爆発」なら日本人はどう対処すべきか

 このCDCの調査結果によっては、日本の防疫体制も「水際対策」から「すでに国内に存在する感染症との闘い」へと、根本的な変更を余儀なくされそうである。厚労省の対応はより早急なものが求められるようになる。

 後手後手の感が否めない日本の新型コロナ対策だが、個人としてはどのように防衛すればいいのか。

 仮に中国だけでなく、アメリカでも新型コロナ感染者が多数発生し、「感染爆発」という事態になったとしても、私たち日本人にできる感染症対策はこれまでと大きな変化はない。

 「こまめな手洗い」
「マスク(一般用で十分)」
「症状があれば休んで自宅療養」
「不要な人混みへの外出を避ける」

 これを徹底するしかない。そして医療者としては、この新型コロナを契機に、いざという時には職場(学校)ではインターネットを活用した在宅勤務(学習)を、行政には「オンライン診療」ができる仕組みづくりを考えるべきだと思っている。



----------
筒井 冨美(つつい・ふみ)
フリーランス麻酔科医、医学博士
地方の非医師家庭に生まれ、国立大学を卒業。米国留学、医大講師を経て、2007年より「特定の職場を持たないフリーランス医師」に転身。本業の傍ら、12年から「ドクターX~外科医・大門未知子~」など医療ドラマの制作協力や執筆活動も行う。近著に「フリーランス女医が教える「名医」と「迷医」の見分け方」(宝島社)、「フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方」(光文社新書
----------

フリーランス麻酔科医、医学博士 筒井 冨美


 そして、今回の検査方針転換によって、今までの統計上“インフルエンザ”と扱われてきた患者の中に、相当数の新型コロナ患者が含まれていたことが判明する可能性がある。

隔離病棟が総数1800人分しかないと聞く日本の状況。当時の民主党からすれば必要ない施設かもしれない。しかし災害が起きた場合 堤防も水門も彼らのために対応できなかった、疫病が流行っても公立の施設は足りなかったのである。

 

 

 

【独自】藤田医科大学 救急病院の開院前に新型コロナ感染者を受け入れへ

2/17(月) 12:47配信

BuzzFeed Japan

藤田医科大学などを経営する「学校法人藤田学園(愛知県豊明市、星長清隆理事長)」は、4月にオープン予定の救急病院「藤田医科大学岡崎医療センター」(愛知県岡崎市針崎町、守瀬善一院長が就任予定)の開院前に、新型コロナウイルス (COVID-19)の感染者を受け入れることを決めた。

厚生労働省の要請を受けて決断したという。

誰からうつったのか感染のつながりが追えないヒトーヒト感染が国内でも広がる中、感染者を国内でなるべく広げないように、入院先・隔離先の確保が課題となっている。

国の重大な危機を回避するのために、民間病院が全面的に協力する英断をした形だ。
【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

一般病床400床 厚労省からの要請で受け入れ決定

同法人によると、同大学岡崎医療センターは、JR岡崎駅南西の土地に建設され、一般病床400床を持ち、重症患者まで24時間体制で受け入れる二次救急医療を提供する予定の救急病院。

建物は既に完成し、1月31日に引き渡しが済んでいる。

今回、検疫中のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号」で集団感染が起き、2月16日現在で既に355人の感染が確認されている。多数の感染者の受け入れ先の確保が喫緊の課題となっていた。

開院予定の岡崎医療センターは、救急対応できる400床が丸々空いており、入院患者に感染させる心配もない状態であることが注目された。

厚労省は藤田医科大学に開院前に、感染者を受け入れられないか要請し、同大学の執行部が週末に協議して受け入れを決めたという。

同大学によると、正式な開院は予定通り4月1日だが、その前に特例として新型コロナウイルスの感染者だけに病床を開放して、受け入れる形を取る。どこまでの医療を提供するかは、今後厚労省と協議しながら決めていくという。

今後、近隣住民などに説明会を開き、理解を求めることを検討する。

岩永直子

 

最終更新:2/17(月) 13:43
BuzzFeed Japan

 

こんな記事も読まれています

 

 

  • daha***

     |  

    まっさらな状態の病院があった事が奇跡のよう。
    そして、受け入れを決めてくれた事に感謝。
    少しだけ不安が解消されたかな。

    これで特効薬でもできたら!

    早く終息して欲しい!!

  • so what

     |  

    凄く勇気ある決断。

    新設の病院を感染者治療用に使うなんて普通は躊躇するでしょう。

    でもきちんと除菌すればウィルスなんて長期生存しないし、院長も要請を断れなかったにせよ素晴らしいです。

  • tsu*****

     |  

    変に患者を分散させるより、ここに集中させた方が、院内感染等を防げるのではないか?
    受け入れを行なっている病院もあるが、安易に受け入れるのではなく、一箇所にした方が感染拡大を防げると思う

  • baz*****

     |  

    スタッフも大変だよね
    準備、間に合うんだろうか
    なんにしても、英断ですね。応援します。
    頑張ってください。

  • cbf*****

     |  

    こういう努力を厚労省がもっと全国各地に打診し動いていれば、収容先が足りないなどという情けないことにはなっていなかったと思います。検査用キットも足りない足りないと言って厚労省は言い逃れしてきましたが、完全に購入行動不足や民間企業への働きかけ不足です。危機意識があまりにも現政権は低すぎます。今回の新型肺炎による様々な人的・物的被害は、完全に政府による人災だと思います。

  • jar*****

     |  

    英断ですね。
    特効薬の無いこの病気は、病院の病床の数が重症から助かる人の数です。
    厚生省も頑張っとるんやね。

  • gtp*****

     |  

    今回のように新規の病院で受け入れは、他ではまずないと思われます。
    今病院の統合も検討されてますが、各県で統合して空いた病院施設での新型コロナウイルス患者の受け入れも視野に入れるのはどうでしょうか?

  • とんし

     |  

    やはり政府よりも民間の方があてにできる。
    検査や薬を試す時に保険適用できるように即座に政府は対応すべき。
    医療従事者は大変だが、検査が受けられずに見えないところで院内感染が起きましたというリスクが極めて少ない。
    とにかく政府には全面的にバックアップしてほしい。
    希望のひとかけらだが、やはり明るい気持ちになれる。
    ありがとうございます。

  • epa*****

     |  

    家族の面会を禁止したり、病院からの二次感染対策をきちんとするのであれば、良いのでは…と思います。

    愛知県民は手放しで、英断です!とは言い難いのではないかと。
    日本国民として考えるのはもちろんですが、もし自分の家の近所なら…と考えると今までの日本の対応を見ていると不安に感じます。

    地元への説明…そこで理解を得られなければ、強制的に受け入れるのかな?
    その辺りが気になるところです

 

中国国民たちが自分の言葉で現状を伝え始めた。 武漢肺炎の本当の真相 それは 病気以前に社会そのものが腐りきっているからである。

実際に支那共産党独裁政権下では共産党以外には生きていけないのが実体であるが、自由社会のマスコミは 実体を伝えない

 

 


私は立ち上がって声を上げる! 武漢市民の叫び【悲しみ→憤り→覚醒】

 


不可解な「スモッグ」!車も走っていない企業も稼働していないのに?

人を野焼きする煙???

 

 

新型肺炎感染拡大で広がる  「反中」 

ツイッターで「#日本に来るな」―米紙

2020年02月03日18時11分

 【ニューヨーク時事】31日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、中国を中心とする新型コロナウイルス感染拡大を受け、世界で「パニックの波が広がり、一部であからさまな反中感情も起きている」と報じた。日本でツイッターの検索の目印となるハッシュタグで「#中国人は日本に来るな」がトレンド入りしたことを取り上げた。

新型肺炎でアジア系差別 「#私はウイルスじゃない」拡散―仏

 同紙によると、シンガポールでは数万人の住民が中国人の入国禁止を政府に訴える嘆願書に署名。香港や韓国、ベトナムでは、飲食店などが中国本土からの客を歓迎しない張り紙を掲示した。また、フランスではベトナム人女性が仏紙ルモンドに対し、車の運転手から「ウイルスを広めるな、汚い中国人め」と罵声を浴びたと証言し、中国人以外のアジア人にも影響が及んでいる。
 差別的な表現を使う報道もあり、仏地方紙は一面で「黄色に警戒を」と報じ、後に謝罪。オーストラリア紙は「パンデモニウム(大混乱)」という文言をパンダにかけ、「中国ウイルスでパンダ―モニウム」と報じ、中国系住民が「容認できない人種差別」と反発した。
 インターネット上にはデマが広がっており、韓国では中国の生物化学兵器施設からコロナウイルスが漏れたという動画が投稿された。豪州ではフォーチュン・クッキーなどが汚染されているという情報が流れたという。
 NYT紙は、「中国の経済・軍事力の成長がアジアの隣国や西側の競争国を不安にさせる中で、コロナウイルスが中国本土の人に対する潜在的な偏見をあおっている」と報じている。

 

no name
ID: 13cd4b
NYタイムズが日本や他国を批判するときはほとんどお前が言うなで終わる
それにNYタイムズは戦前から日系人を差別してきた 未だにそういう日本人蔑視が差別が根底にあるんだろうな こういう記事書く理由は
1
返信 (1件)
14日前
 
no name
ID: 2263fc
米国は中国滞在者の入国を拒否している(米国政府が「中国人来るな」と表明している)
そんな米国の新聞紙からとやかく言われる筋合いは無い。NYタイムズは何を考えているのか。
3
返信する
14日前
no name
ID: e79f20
なんでニューヨーク・タイムズが日本のこと書く必要があるんだ?そもそも米国は真っ先に中国人の入国を規制してるじゃないか?
6
返信 (1件)
14日前
no name
ID: 9a5982
ニューヨーク・タイムズ
中国から支援を受けている報道機関。
恥知らず。
5
返信 (1件)
15日前
no name
ID: 99166a
通報
中国人の入国拒否は我慢してもらうしかない。今の中国人は不必要な外国旅行や、あるいは疎開の様な感覚で外国に出国するのは止めて欲しい。いずれ新型肺炎は収束するでしょうから、それまでは、中国国内に居て欲しい。旅行等で外国への入国は嫌われても仕方が無いと言う事を納得してもらうしか方法は無い。
1
返信する
14日前
no name
ID: 16f811
そもそも、政府がちゃんとしないから大荒れになるんではないだろうか?
仮にお偉いさんが感染したとしよう
かなりの確率で必死で対応策を考えるだろう

 


【新型コロナ速報】人為的に操作された痕跡?医師が指摘する「武漢肺炎/COVID-19の疑惑」 - Dr.林が語る"自然界には存在しないタンパク質"とは? (TVが報じない新型コロナの真実①)

 

「BRI(一帯一路)」のインフラ整備  EU各国は中国のシルクロードから何の裨益も受けていない

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和弐年(2020)2月16日(日曜日)
      通巻6369号  
~~~~~~~~~~~~~~~

 EU商工会議所中国支部がBRIの報告書
  EU各国は中国のシルクロードから何の裨益も受けていない
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

 中国が欧州各国で鉄道、高速道路、「BRI(一帯一路)」のインフラ整備のプロジェクトを主導し、現在132の工事が浸蝕している。
ところが、EU商工会議所中国支部が1月16日に発表した年次報告に拠れば、132のうち欧州企業が直接関与するのはたったの7件、ほかに13件がサブ・コントラクターで、のこりはすべて中国企業だと不満を述べていることがわかった。

現地の労働市場から雇用はなく、地元に裨益することはなく、いったい何がウィウィンだ、と手厳しい。
 国際入札が義務づけられているが、情報の透明性はなく、入札の告示はほとんどなされず、40%のプロジェクトの入札条件が不明瞭だと同報告書は訴えており、EU全体に拡がる中国への不信感を表している。

 当初、欧州も中国の「21世紀のシルクロード建設」に大いなる期待を寄せた。
 しかし、ブルガリアセルビアの鉄道は、ハンガリー側で着工さえなされておらず、モンテネグロの高速道路は、数年前から汚職で批判の的となり、イタリアはトリエステ港の近代化を期待してはいるが、いずれプロジェクトは空中分解するだろうと予測している。
一時期フィンランド財界が目を輝かせた不凍港からヘルシンキへの鉄道建設も、中国が北欧での印象を操作するだけの架空のプロジェクトに終わりそうだと予感している。

 就中、反中路線に百八十度、姿勢を変えたのがポーランドチェコである。
 ともにファーウェイ排斥に米国と同調した。ハンガリーのオルバン首相は反中というより反独であり、独自の中国政策を採用しているものの、中国が提唱したシルクロードの建設プロジェクトの遅延、入札前の汚職に苛立ちを強めている。
     □◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎ 

どうして マスコミも横浜市も 自衛隊の支援業務は十分に伝えない。そして忖度して ピースボートの乗客の下船も一切伝えない????????

 

 

 

シルバークィーン、2月14日午前に横浜到着へ 大黒ふ頭へ着岸予定


画像提供:(PIXTA)

シルバーフェリーを運航する川崎近海汽船は2020年2月12日(水)、新型コロナウィルスの感染拡大防止を目的とした自衛隊支援のため、「シルバークィーン」の横浜への回航を開始した。

「シルバークィーン」による自衛隊支援は、防衛省の要請により横浜港で実施される。これに伴い、「シルバークィーン」による宮古/室蘭航路は、2月12日(水)宮古発便から2月29日(土)室蘭発便まで運休となっている。

「シルバークィーン」は、2月12日(水)昼前に宮古港を出港、横浜へ向け航行しており、横浜市が公表している横浜港の入出港予定船情報によれば、2月14日(金)11時10分に大黒ふ頭T-5号岸壁へ右舷をつけて着岸する予定。T-5号は、「ダイヤモンド・プリンセス」が2月12日(水)時点で着岸しているT-3号岸壁のすぐ東側(東京湾側)となる。

 

 

ピースボートのクルーズ船オーシャンドリーム号が中国寄港のあと横浜港へ / 2020年2月15日に日本到着予定「コロナウイルスを懸念する声」

コロナウイルス


yokohama

世界各国をクルーズ船で巡ることができるピースボート。そのピースボートのひとつとしてオセアニア一周クルーズが実施されており、中国に寄港したオーシャンドリーム号が、横浜港に入港することが判明した。

 

・中国に寄港したオーシャンドリーム号が横浜港に入港か
ピースボートのオーシャンドリーム号は、2019年12月21日に横浜港から出港。12月26日に中国の厦門(アモイ)に入港し、フィリピン、オーストラリア、パプアニューギニアなどに寄港しつつ、日本に向かっている。あくまで予定通りであればだが、2020年2月15日にオーシャンドリーム号が横浜港に入港することになる。

・新型コロナウイルスの感染予防や検査
すでに多くのクルーズ船が、新型コロナウイルスの感染予防や検査のために、日本に入港できない状況となっている。また、日本以外の国でも入稿できないパターンが増えているようだ、そんななか、12月26日に中国に入港したピースボートのオーシャンドリーム号が横浜港に入港できるのかどうかは不明だ。

 

 

<オーシャンドリーム号 予定の一部>
2019年12月21日 横浜出航
2019年12月22日 神戸出航
2019年12月26日 中国・厦門入港
2019年12月29日 フィリピン・セブ島入港
2020年1月15日 オーストラリア・メルボルン入港
2020年2月7日 パプアニューギニア・ラバウル入港
2020年2月15日 横浜帰港
2020年2月16日 神戸帰港

maps

・2月16日に神戸港に入港する予定
これも予定通りならばだが、オーシャンドリーム号は2月15日に横浜港に寄港したのち、2月16日に神戸港に入港する予定である。以下は、ピースボートが発表した新型コロナウイルスに対する公式コメントである。

・新型コロナウイルスに関する当社対応について
「現在ピースボートクルーズには、世界保健機関(WHO)およびアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の定めた新型コロナウィルスの潜伏期間である14日間以内(2020年2月3日時点)に中国大陸から出発、もしくは中国大陸を経由した後に乗船している顧客および職員は乗船していません。【当社の流行防止対策】・過去14日間以内に中国大陸から出発、もしくは中国を経由したお客様の搭乗をお断りしています。・搭乗前に、全てのお客様へ体温測定および健康調査表の提出をお願いし、発熱や病気の兆候を事前に把握することに努めています。・搭乗前に呼吸器官の疑いやその確認がある、或いは発熱の症状があるお客様に対しては、症状や原因を問わず、体温検査などを含む医療機関の診察を行い、安全を確認できない場合には、乗船をお断りすることがあります。・発熱や呼吸器官の疾病、及び新型コロナウイルスの感染の疑いがある全ての方については、隔離された船室での経過観察にご協力いただきます。・中国大陸出身のクルーの船上勤務の暫くの見合わせを行います。また、他の地域出身のクルーに関しては、中国を経由しないフライトを利用し、感染のリスクを避けるようにしています。・船上では通常より実施している定期的な消毒や洗浄など衛生環境の維持を強化しています。・私達は、上記の対策を行いながら、引き続き最新の状況変化に注意して参ります。外部医療専門家、アメリカの疾病予防管理センター(CDC)、世界保健機関(WHO) などの情報を日々確認し、予防対策を行います。※14日間というのは世界保健機関(WHO) アメリカの疾病予防管理センター(CDC)が見なす新型コロナウイルスの潜伏期間です。(2020年2月3日時点)」

・中国寄港時に新型コロナウイルスの影響は?
ピースボートは「過去14日間以内に中国大陸から出発、もしくは中国を経由したお客様の搭乗をお断りしています」とコメントしているが、中国に寄港したのは2019年12月26日であり、そのルールに当てはまらない。また、寄港時に新型コロナウイルスの影響を受けた可能性がないとは言えないため、心配する声が上がっている。