パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

中国での信教の自由:状況報告 「  密告を請求する 国の体制 」  

f:id:yoshi-osada:20200710204919j:plain



中国人は「悪い」歴史を広めている人々を報告するように促された

2021年の党史キャンペーンの一環として、市民は、CCPが承認していない歴史を教えたり漏らしたりする可能性のある「歴史的ニヒリスト」をスパイするために動員されています。

マッシモ・イントロヴィーン

党史動員会議。 出典:中国中央政府。
党史動員会議。出典:中国中央政府

これらの日に中国のメディアを支配ワンキャンペーンと少し海外で知られているが立ち上げた「党史研究」の動きであり、習近平は、この100で中国共産党(の-anniversary年CCP)。私は苦い冬のキャンペーンの主な特徴と、歴史を支配する人々が国を支配するというXiのマルクス主義の説得について説明しました。そこで述べたように、中国共産党を扱うときは、文書やアーカイブ調査に基づいて歴史的真実を確認するための努力として、ブルジョアの歴史概念を忘れるべきです。マルクス主義の歴史の概念は、共産党を促進し強化する方法で事実を伝えることです。

しかし、キャンペーンはうまくいっていません。いくつかの逸脱した要素は、CCPが「歴史的虚無主義を含む有害な情報」(涉历史虚無主义被信息)と呼ぶものを促進するために、Xiの歴史の強調を利用しました。これは、外国の学術史家によるCCP承認されていない作品を使用するためのコード表現です。または、歴史を党とその指導者を強化するためのツールとして見るのではなく、歴史を研究するブルジョアの方法を採用する。

2021年4月9日、中国サイバースペース管理局(CAC)は、中央ネットワーク情報局報告センターと呼ばれる支部を通じて、中国市民にCCP承認されていないインターネット上で発見した履歴を報告するよう求める回覧状を発行ました。スパイとして市民を動員することは、昔ながらのCCP戦略です。  

4月13日、CACは党史研究の作業促進会議で文書を発表しました。

ここで苦い冬啓発円形の文字のの翻訳は。

オンラインの歴史的虚無主義と間違った言論を電話番号12377に報告する—歴史的虚無主義に関連する有害な情報の報告センター

シェアしてください

日付:2021年4月9日

出典:中央ネットワーク情報局レポーティングセンター

今年は中国共産党の創立100周年であり、党全体が動員されて党の歴史を学び、考えを理解し、実際的な結果を導き出し、新しい状況を開きます。習近平書記長が党史研究キャンペーンの動員会議で強調したように、歴史虚無主義に明確に反対し、思想指導と理論分析を強化し、歴史における主要な歴史問題の曖昧な理解と一方的な理解に抵抗しなければならない。党、情報源をよりよく修正し、基盤を強化する。

「誰かが国を破壊したいのなら、それは最初にその歴史を支配するべきです。」しばらくの間、いわゆる「歴史的分析」と「真実の回復」のの下に下心を持った人々が、インターネット上で歴史的な虚無主義的な誤った表現を広め、党、国家、そして混乱させようとして軍隊。アイデアを歪め、人々の心を混乱させ、「4つの自信」を散逸させるので、影響は悪いです。

虚偽の陳述で国民を誤解させることを避け、クリーンなサイバースペースを維持し、党の100周年に向けて世論の良い雰囲気を作り出すために、最近、中央インターネット情報局(州インターネット情報局)の違法および望ましくない情報の報告センター公式ウェブサイト、アプリ、その他のチャネルで「歴史的虚無主義を含む有害な情報」を報告するための特別なエリアを開設しました。

受け入れられるコンテンツは次のとおりです。

1.党の歴史、新しい中国の歴史、改革開放の歴史、社会主義の発展の歴史を歪める。

2.党の指導部を攻撃し、イデオロギーガイドライン、政策を導く。

3. [党の]英雄と殉教者の名誉毀損

4.良い中国の伝統文化、革命文化、そして高度な社会主義文化を軽蔑する。

インターネット利用者の大多数が率先して社会的監督の役割を果たし、ネットワークの総合的な管理に積極的に参加し、有害な情報を熱心に報告し、共同で健全なネットワークエコロジーを維持することを望んでいます。

報告電話番号:12377

レポートのウェブサイト:http//www.12377.cn

公式マイクロブログ、WeChat公開番号:州インターネット情報局レポーティングセンター

レポートクライアント:ネットワークレポート。

 

日米共同声明に「台湾」を銘記したと大騒ぎをしているが   ウイグル、香港はあっても、チベットと南モンゴルは看過された

 やはり バイデン政権は 信用できない

yoshi-osada.hatenablog.com

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)4月18日(日曜日)弐
   通巻第6868号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 日米共同声明に「台湾」を銘記したと大騒ぎをしているが
  ウイグル、香港はあっても、チベット南モンゴルは看過された
****************************************

 2021年4月16日、ワシントン。日米首脳会談が開かれ、バイデン大統領と管首相はサシの会談も含めて長時間はなしあった。終了後に発表された日米共同声明は意外の長さ、かなり詳しい政策協調と外交方針が述べられている。

 仔細に読むと「インド太平洋」というタームが頻度激しく出てくる上、後半はパンデミック、気候変動、サプライチェーン東京五輪である。ミャンマー制裁は付け足しだ。

 なによりも、「中国が唯一の(脅威)競合相手」と米国は記者会見をしているが、共同声明にはその表現はなく、尖閣諸島防衛に「安保条約第五条」が適用されることが再確認された。しかし、これオバマ政権のときからの決まり文句、とくに新しい一歩ではないのではないか。

また次世代通信技術の6G開発に日米共同が明確に謳われ、52年ぶりに「台湾」の項目が挿入されて、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調する」との文言が入った。日本のメディアは、これらのことで大騒ぎをした。

 「中国からの挑戦にともに対応し、21世紀も民主主義国が競争に勝つことを証明する」。そのため「核を含む」との前置詞があって「あらゆる手段で日本を防衛する」。これに対応して日本は防衛力の増強を約束した。

 また北朝鮮核兵器への言及はあるが、南モンゴルチベット問題はスルーされており、「ロシア」の軍事的脅威への言及がない。ロシアの「ロ」の字もないのである。レーガン、ブッシュ時代は「ソ連の脅威」が前面だったから、状況はホントに激変した。

 台湾外交部は日米共同声明で「台湾周辺の安全保障に関心を寄せていることを悦ばしく思う」と歓迎声明、一方の中国は「強く不満を表明し、断固として反対する」とし、「香港、ウイグルは中国の内政問題であり、東シナ海南シナ海は「中国の主権に関わる」と反発を繰り返した。

 米国のメディアは驚くほど小さな扱いで保守系ワシントンタイムズですら「会議は一貫して全員がマスク」、日米同盟の重要性が確認された」程度の小さな記事。
欧州も小さな記事しかなく、フィリップ殿下の葬儀がトップニュースだ。シンガポールなども通信社電を転用しているのみ。

 しかし台湾『自由時報』系のTAIPEI TIMESの社説を読むと、尖閣諸島は台湾領であると示唆し、日米共同声明への不満が柔らかく述べられている。

       ◎☆◎◎み☆◎□☆や□◎◎☆ざ◎◎□☆き◎☆◎◎ 

今日米、世界では 何が起きているのか! 中国の異常さに世界は気が付くだけではなく、行動を起こした。 中国の金と女に骨抜きになった日本人議員、経済人、日本人学者、役人はどういう行動をとるべきなのか? わかる!!!

日米首脳声明「台湾」明記 「海峡の平和と安定重要」 バイデン氏、五輪開催支持

配信

  • この記事についてシェア
時事通信

ホワイトハウスでバイデン大統領(左から2人目)と会談する菅義偉首相(右から2人目)=16日、ワシントン(AFP時事)

【関連記事】

最終更新:
 

 

日米首脳会談 経済分野も「脱中国」 5Gなどで協力拡大へ

配信

  • この記事についてシェア
毎日新聞

首脳会談後、バイデン米大統領(右)と共同記者会見に臨む菅首相ホワイトハウスで2021年4月16日、AP

 

【関連記事】

 

中国外交部の趙立堅報道官は、日本政府の福島第一原発汚染水の海洋放流決定を受け猛反対した。  いつものように嘘の連発! 香港のメディアは 中国国内での49の既存の原子力発電所はいずれも核廃水を海に放出していることを発見し、香港からわずか50kmの距離にある中国・広東省の大亜湾原子力発電所だけを見ても、放射性物質「トリチウム」の排出規制基準は福島の基準の10倍に達するという事を報道。

中国原子力発電所トリチウム排出規制基準は福島の10倍超=香港メディア

最近、日本政府の福島第一原発汚染水の海洋放流決定を受け、中国は猛反対している。しかし、香港メディアが中国の公式情報を調べた結果、中国にある49の原子力発電所はいずれも核廃水を海に放流していることがわかった。中国・広東省の大亜湾原子力発電所だけを見ても、放射性物質「トリチウム」の排出規制基準は福島の基準の10倍に達するという。

日本政府は13日、東日本大震災で破壊された東京電力福島第一原子力発電所から排出された放射性物質を含む処理済みの汚染水を、2年後をめどに海洋放出すると決定した。

基本方針によると、放出前に処理水を海水で100倍以上に希釈し、トリチウムの濃度を国の基準、40分の1程度、世界保健機関(WHO)が示す飲料水基準の7分の1程度にまで薄めるとしている。

この決定に対して、中国当局による日本政府への批判は絶えない。中国外交部の趙立堅報道官は、「海は日本のごみ箱ではない。太平洋も日本の下水道ではない。日本の核廃棄水放出で全世界に尻ぬぐいさせるべきではない」などと激しく批判した。

また、「一部の日本の役人は、これらの水は飲めると言っている。ならば飲んでみてほしい、話はそれからだ」と続けた。

これは麻生副首相兼財務相の「(処理水は)飲んでも何てことはないそうだ」という発言に対する反論とみられる。

中国官製メディアの「環球時報」は、根拠を示していない憶測の記事を掲載した。同記事は、「日本は米国の支持を得て、この時期にそのような決断を下した。裏で米国と何らかの取引していることは排除できない」とし、「米国はアジア太平洋地域の大多数の国家と人々の利益と環境を無視している。その行為は国際社会から非難されるべきだ」などと矛先を米国にも向けた。

しかし、ラジオ・フリー・アジアによれば、中国側の非難はすぐにメディアによって反論されたという。

香港メディア、シチズンニュースは14日、中国の公式情報を調べたところ、同国にある49の既存の原子力発電所はいずれも核廃水を海に放出していることを発見した。香港からわずか50kmの距離にある中国・広東省の大亜湾原子力発電所だけを見ても、放射性物質「トリチウム」の排出規制基準は福島の基準の10倍に達するという。

中国の環境保護当局である「生態環境部」が2017年に発行した資料によると、合計6基ある大亜湾原子力発電所の年間液体トリチウムの排出規制基準の上限は、福島の将来の年間排出量の10倍にあたる225メガベクレルとなっている。

また香港核電投資(HKNIC)のデータによると、過去10年間、大亜湾原子力発電所から排出された液体トリチウムの年間平均排出量は上限の20%、つまり約49.5メガベクレルであることがわかった。これは日本政府が設定した基準の2倍以上である。

昨年末現在、中国は16の原子力発電所を有し、合計49基の商業炉が稼働している。香港の200km圏内だけでも、4基の原子力発電所がある。

ほかにも、中国の秦山原子力発電所が2008年に当局に申請した汚染水の年間液体トリチウムの排出上限は125メガベクレルに達しており、現在の福島の5倍以上である。

国家核安全当局の公文書によれば、当局はこの量は「許容できる」とし、承認している。

(大紀元日本ウェブ編集部)

中国での信教の自由:状況報告 「 キリスト教徒の 十字架の 赤十字旗を縫うと、中国で数年間刑務所に入れられます。 」  

f:id:yoshi-osada:20200710204919j:plain

弟子協会:湖南で逮捕された2人の赤十字

ヤン・フェン

警察に押収された弟子協会の旗
警察に押収された弟子協会の旗。

2020年4月7日、湖南張家界市の慈利人民検察院は、弟子協会の2人の容疑者の逮捕を正式に発表しました。その姓は秦とトゥオです。 

警察によると、彼らは白い旗に赤い十字架を縫い付けて捕らえられ、弟子協会のシンボルとなった。警察は、280のそのような旗を用意したと主張している。彼らの家は2021年2月26日に襲撃され、秦とトゥオは逮捕された。

警察は、彼らの調査によると、2人の信者が石門のから移動することを検察に語っ湖南省の北部に、Ciliのに、三河、Xiangshi、およびJiangyaの町を含め農村部で伝道します。

弟子の協会(门徒会、Mentuhui)がクリスチャンである新宗教に含まれてそれが1990年に禁止された1989年にチSanbao(季三保、1940年から1997年)、真イエス教会の元メンバー、によって設立され、xie jiaoのリスト、そしてひどく迫害された。2020年に、弟子協会に対して全国キャンペーンが開始されました。

弟子の旗を掲げると、中国で刑務所に入れられる可能性があります。
弟子の旗を掲げると、中国で刑務所に入れられる可能性があります。

弟子たちの教義は「第三の贖いの教え」(三赎教)として知られており、ノアの箱舟イエス・キリストの十字架に続いて、運動が救いの第三のしるしを提供するという事実に言及しています。

秦とトゥオは今、厳しい罰に直面しています。間違った旗を縫うことは確かに中国では重大な犯罪です。

 

bw-profile

Yang Fengは、セキュリティ上の理由から仮名を使用しています。

 

アフガニスタン安全保障面で最大の不安に襲われるのは中国となる。「平和維持部隊」と称する中国軍を投入するのは時間の問題となったのでは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)4月17日(土曜日)弐
   通巻第6866号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 アフガニスタンから米軍は撤退し、安全は「空白」となるが。。
  中国軍が「平和維持部隊」を派遣へ
****************************************

 やっぱりそうか、とうとう中国がでてくる。
 9月11日をもって、米軍はアフガニスタンから撤退する。現在の駐屯は2500名。IS、タリバンは、じっとその時を待っている。自分たちの天下がくるからだ。

 アフガニスタンは強桿な部族、英国が手を焼いて部隊を投入して全滅。つぎにロシアが手を出したら、酷い目にあってすごすごと引き揚げた。ウクライナ部隊だけでも15000名が死んだとされる。

 米国がアフガニスタンへ出向くことになったのは911テロへの報復だった。やがて泥沼化し、二十年。逃げ時を考えていた。オバマは「良い戦争」と放言したが、トランプは断固撤収、その路線をバイデンが引き継ぐ。

 さて問題は、アメリカの底意である。既報のように、アフガンに「タリバン+IS連合政権」が出来ると、かれらの標的は中国になる。動機は言うまでもない。イスラムの連帯である。地図をご覧あれ、「アフガン回廊」は中国のウイグル自治区に直結している。

 中国は欧米の多国籍軍アフガニスタン駐留を内心「歓迎」してきた。中国の安全保障が担保されるからだ。その間に、ISやアルカィーダ残党、そしてタリバンと連携するウイグル人を炙り出し、強制収容所をあちこちに造成し、世界から「ジェノサイド」と言われても平然と「予防戦争」を仕掛けてきたのだ。それが本質である。

 アフガニスタンから米軍が去り、安全保障面で最大の不安に襲われるのは中国となる。
 「平和維持部隊」と称する中国軍を投入するのは時間の問題となったのでは?
      ◎☆◎◎み☆◎□☆や□◎◎☆ざ◎◎□☆き◎☆◎◎    

世界中のイスラム教徒よ! 今やる事はスンニとシーアの派閥抗争ではなく 同じイスラムの民ウイグル人を民族浄化から救う事です。

f:id:yoshi-osada:20200710204919j:plain

ピケッティングが機能するとき:中国は民族のカザフ・ラキザン・ゼイノラを解放する

アルマトイの中国領事館での彼の妻のピケットは非常に注目を集めたため、CCPはあきらめることにし、17年間の拘留後に夫を解放しました。

LeilaAdilzhan著

彼女は勝ちました! Rakhizhanは家に帰ります。
彼女は勝ちました!Rakhizhanは家に帰ります。

中国大使館や領事館の外でのピケッティングや抗議は時間の無駄だと主張する人々は、先週カザフスタンで間違っていることが証明されました。

アルマトイの中国領事館をピケッティングしていた新疆ウイグル自治区出身のカザフ人女性、ファリダ(別名パリダ)カビルベックは、夫のラキザン(別名ラヒザン)ゼイノラの帰還を達成した。アルマトイの居住者であるファリダ・カビルベックは、故郷の中国領事館の前で抗議しただけでなく、ヌルスルタンの中国総領事館をピケッティングしました。

2021年4月9日、彼女と彼女の親戚や友人はついにアルマトイ空港で夫に会いました。航空機は中国の成都から到着しました。

Rakhizhanが空港に到着したときの感動的な瞬間。

これは、カザフスタンから新疆ウイグル自治区に行ったときに夫が証拠なしに逮捕さ、13年間刑務所に入れられた驚くべき女性の物語です。この後、彼は収容所に入れられ、その後自宅軟禁されたままでした。そして逮捕からわずか17年後、彼は家族と再会することができました。

新疆ウイグル自治区出身のカザフ人である57歳のRakhizhanZeinollaは、2000年に妻のFarida Kabylbekと2人の子供、男の子と女の子と一緒にカザフスタンに移住しました。家族は新疆ウイグル自治区のボルタラ地域にあるカラブカと呼ばれるからアルマトイ地域に引っ越しました。Rakhizhan Zeinollaは、中国でもカザフスタンでも、政府組織で働いたことはありません。彼は単純な商人でした。 

2004年、Rakhizhan Zeinollaは彼の親戚に会うために新疆に行き、中国の警察によって即座に逮捕されました。当初、彼は「中国からカザフスタンへの人々の輸送」の疑いがあり、その後「カザフスタンのスパイ」として「スパイ」の罪で告発され、13年の刑を宣告された。ファリダ・カビルベックはビター・ウィンターに、これらは切り詰められた料金だと語った。「約20人の若者がカザフスタンで勉強したいという願望を表明し、彼は彼らの事務処理を手伝いました。これは彼の唯一の「犯罪」です。警察は少なくとも彼の「スパイ」の証拠が何であるかを彼に告げることができたかもしれないが、彼らはそうしなかった。」

父親が逮捕された時点で14歳と5歳だったラキザンの2人の子供は、現在は成人です。彼の息子にはすでに自分の家族と4人の子供がいます。

Rakhizhan Zeinollaは、カザフスタンからのグリーンカードと中国のパスポートを持っていました。彼は最後に中国のパスポートを使用して親戚を訪ねることに決めました。彼は、彼が計画したようにカザフスタンの市民権を取得した後、中国に旅行するためにビザが必要になることを知っていました。

逮捕後、ファリダ・カビルベックはカザフスタンの移民警察に声明を書いた。アルマトイ地域の移民警察局内務省の一部)の回答は、2013年6月22日にファリダに来て、「1963年にカザフスタンで生まれたZeinollaRakhizhanは2004年3月12日付けのカザフスタン共和国大統領令第1302号によると、カザフスタン。」

移民警察の対応。
移民警察の対応。

2009年にFaridaKabylbekに提出された国家安全保障委員会からの書面による回答でも、RakhizhanZeinollaはカザフスタンの市民であると述べられていました。国家安全保障委員会の書簡は次のように述べています。「2004年3月12日付けのカザフスタン共和国大統領令第1302号によると、R。Zeinollaはカザフスタンの市民権に受け入れられました。これは、彼の権利と利益がカザフスタン共和国憲法によって保護されていることを意味します。あなたの配偶者が現在中国にいるという事実を考慮して、彼の権利と利益を保護する問題はカザフスタンの外務省の管轄内にあります。」

2016年5月15日、カザフスタン外務省は、ファリダ・カビルベックの夫の返還を支援するよう求める上訴に応えて、次のように書いています。判決、彼らは外交ルートを通じて中国に送られます。」同年5月、カザフスタン検察総局は、「2015年12月に出された中国当局の回答によれば、中国刑務所監視局はRakhizhanZeinollaに関する情報を持っていない」と報告した。

当局からの結果がなかったとき、2017年にFaridaKabylbekが初めてSerikzhanBilashが率いるAtajurtAdvocacyグループに参加しました。翌日、Serikzhan Bilashは、FaridaKabylbekとZhumadanZharkynbekとの大規模な記者会見を開きました。彼らの父親も、証拠なしに逮捕されました。そこで、Atajurt Advocacyグループが活動を開始し、新疆ウイグル自治区の政治的集中キャンプに関する直接の事実を収集しました。

Farida Kabylbekは、政府に再度要求を送信しました。カザフスタン外務省の領事部は、2019年6月22日付けの彼女の控訴に対して、「ラキザン・ゼイノラの事件に関連して、ヌルスルタンの中国大使館に公式のメモを送った。 。」

忍耐力が薄かった女性は、アルマトイの中国領事館の前でピケをすることにしました。しかし、領事館から彼女の要求を聞くために誰も出てきませんでした。彼女は立ち止まらず、首都ヌルスルタンに行き、中国総領事館の前でピケを張った。彼女がヌルスルタンで抗議を始めた翌日、彼女は会議のために領事館に招待されました。彼女は以前、ライブストリームを通じて、領事館に行くことを世論に知らせていました。彼女が領事館に入ったとき、彼らは彼女に尋ねました、「私たちがカザフスタンの領土を征服するとき、あなたの行為があなたに害を及ぼすと思いませんか?」そして他の方法で彼女を口頭で虐待しました。彼女は事件を聞いたときの友人たちと同じように憤慨したが、ピケットを止めなかった。彼女は止められず、さらに3か月間続けました。

夫のイメージを見せているファリダ。
夫のイメージを見せているファリダ。

「彼は理由も証拠もなく拘留され、「スパイ」として13年の刑を宣告され、刑務所に閉じ込められました。それだけでは不十分であるかのように、彼らは彼を1年半の間教育キャンプを通じて変革に送りました。この後、彼は自宅軟禁されました。なんて恐ろしいことでしょう。なぜ彼は解放されないのですか?中国に彼をカザフスタンに戻させてください!」2月8日、アルマトイの中国領事館の前にポスターを掲げてファリダが叫んだ。

彼女はカザフスタンの中国人外交官に対して否定的な宣伝を続け、ついに何かが起こった。彼女の夫は解放され、4月6日にウルムチから成都への飛行を許可されました。成都からのみアルマトイへのフライトがあるためです。

17年間の試練の後、Rakhizhanは彼の家族と再会しました。
17年間の試練の後、Rakhizhanは彼の家族と再会しました。

家族は6、140日間RakhizhanZeinollaを見ていませんでした。2004年に、罪のない男が切り詰められた理由で投獄されました。もちろん、「中国はいかなる不正行為も認めなかったが、国際人権団体や他の民主的機関からの圧力により、ラキザン・ゼイノラも釈放されたと私たちは信じている。これは、中国に対する制裁が機能していることを示唆しています。私たちの他の兄弟姉妹がすぐに自由を見つけ、家族と再会することを願っています」とファリダ・カビルベックは言いました。

ついにファリダとラキザンが一緒に。
ついにファリダとラキザンが一緒に。

ビターウィンターはまた、ファリダカビルベックや他のピケッティングの女性の物語を複数回公開しました。「私たちの家族は、ファリダが私たちに言った、ラキザンの事件で彼らのサポートと助けをしてくれたビターウィンターのスタッフに心からの感謝を表明したい。」