パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

EU がコロナウイルスの蔓延でやっと CCPの悪巧みをりかいしたようである。 一体一路は破れたり!!!

オランダがアジア戦略を発表、EU南シナ海で発言するよう促す

ドレイクロング
2020-11-17 RFAより邦訳転載
 
 
 
 
メールストーリー
この話にコメントする
シェア
ストーリーを印刷する
 
中国の王毅外相(R)は、2019年6月19日、北京でオランダ外務大臣のStef Blok(L)との共同記者会見で講演しました。
中国の王毅外相(R)は、2019年6月19日、北京でオランダ外務大臣のStef Blok(L)との共同記者会見で講演しました。
 AFP
 

 

 

 

 

 

                      

 

 

 オランダは、南シナ海での国際法違反についてより強く発言するよう欧州連合に呼びかけています。

これは、外務省が発行した新しい政策文書の重要なポイントの1つであり、インド太平洋地域の戦略の概要を示しています。これは、「独自のオランダのビジョン」と呼ばれています。

オランダは、中国の影響力の高まりと地域とヨーロッパ間の貿易関係の高まりを認識し、アジアに新たな焦点を当てているフランスやドイツのようなEU諸国の例に倣っています。

金曜日に発表された政策では、中国はその積極的な経済成長と「戦略的目標」を達成するための民間および軍事ツールの両方の使用を引用して、特別な注意を払われています。

オランダは南シナ海への懸念を指摘し、米国と中国の間の激化する競争が重要な水路の安定をどのように脅かしているのかを指摘している。それは、インド太平洋が「大国間のおもちゃ」にならないことを求めています。

世界貿易の3分の1以上が南シナ海を通過しており、そのほとんどが中国が主権を主張しています。年間約1.5兆ドルの商品がヨーロッパからインド太平洋市場に流れています。

27の加盟国であるEUは、東南アジアのブロックであるASEANの2番目に大きな貿易相手国であり、その最大の投資家でもあります。ASEANは10か国で構成されており、そのうち5か国(ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイインドネシア)が南シナ海を取り囲んでおり、主張や海上境界線が中国と重なっています。

オランダは、ドイツに次ぐEU内のASEAN諸国への最大の輸出国の1つです。報告書は、オランダの総輸入量の22.5パーセントがアジア諸国からのものであると述べています。

南シナ海の軍事化はオランダを悩ませているようだ。それは、南シナ海での行動規範をめぐるASEANと中国の間で進行中の交渉においてEUに助言またはオブザーバーの役割を与えることを提案している。この規範は、南シナ海での請求者間の行動を導くことを目的としており、2021年末に終了する予定です。

EUは、自由な通過のために地域の国々との協力を求め、海上安全を保証するべきです」と政策は述べています。「その文脈において、EUは、国連海洋法条約に違反する南シナ海の開発について、より頻繁かつより強く表明しなければなりません。」

UNCLOSとも呼ばれるこの条約は、世界の海洋を統治する法制度の基礎を提供します。2016年の仲裁廷は、南シナ海の紛争海域における中国の主張のほとんどすべてがUNCLOSの下で違法であると裁定し、それ以来、中国は米国やオーストラリアなどの国々から国際法を無視していると批判されてきました。

中国は南シナ海での主張を積極的に主張しており、沿岸警備隊の船や海上民兵の船を他の国の海域に送ることがよくあります。また、この地域での軍事演習のテンポも上がり、最新の演習は南シナ海の最北端で1週間を通して行われました。

一方、米国は南シナ海で一連の軍事演習を実施しており、現在、インド洋、日本、オーストラリアとのマラバル2020演習の真っ只中にあります。これは、インド太平洋民主主義のいわゆる「クワッド」です。 –インド洋で。

新しい政策文書に関する議会への手紙の中で、オランダの外相ステフ・ブロックは、フランスとドイツによって設定されたインド太平洋の政策に言及し、新しいオランダの政策は「ヨーロッパの文脈におけるインド太平洋のビジョン」を見越して作成されたと述べていますそれはおそらくこの地域での一般的なEUの立場でしょう。

欧州諸国は最近、中国に対してより批判的な見方をしているが、意見は一律ではない。ブラチスラバに本拠を置く中央ヨーロッパアジア研究所によるヨーロッパ諸国の新しい調査によると、中国に対する見方は圧倒的に否定的であり、調査対象の13か国のうち10か国の回答者が中国とその行動についてほとんど不利な意見を持っています。ドイツ、フランス、イギリス、スウェーデンチェコ共和国が先頭に立った