パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

AIIB裏切り者の韓国を取り込み「中国孤立化」をはかる米国の本気度



AIIB裏切り者の韓国を取り込み「中国孤立化」をはかる米国の本気度



覇権争いが激化してきたアメリカと中国。AIIB事件で、世界中の親米国に裏切られたアメリカは、中国との対決に本腰を入れるため、日本と韓国を取り込むことにしました。アメリカは、どのような作戦を使って日本と韓国を「味方」につけようとしているのでしょうか。国際関係アナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の中で、「慰安婦問題の解決」や「集団的自衛権の行使容認」など、あらゆる手段で日韓を取り込み、中国との戦いを進める米国の戦略について詳しく解説しています。

日韓慰安婦合意の「戦略的意義」と「問題点」1~アメリカの思惑

日韓合意があまりにも唐突だったので、「これはアメリカの圧力に違いない!」と誰もがいいます。私もそう思います。
この合意が「アメリカの圧力」で成立したとすると、「成立させた理由」は何なのでしょうか? まずアメリカが現在おかれているポジションをはっきり認識しておくことが大事です。
毎回同じ話で申し訳ありませんが、2015年3月の「AIIB事件」で、アメリ、「中国の影響力の強さをはっきり認識しました。イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、イスラエル、オーストラリア、韓国など「親米国家群」をはじめとする57か国が、アメリカの制止を無視して、「中国主導」の「AIIBに参加した。
これ、本当に重要なんです。
覇権国家というのは、「支配する国」のこと。「あれやれ!」といったら、「はい! やります!」というのが「支配」です。「AIIBに参加するなよ!」と命令したのに、57か国が「いや! 参加します!」といった。これは、「アメリカの覇権が失われている」ことの証拠。「誰もいうことを聞かない国」を覇権国家と呼べますか?

かつてソ連は、「共産陣営」の「覇権国家」でした。クレムリンが他の共産国家のトップに、「ああしろ!」といえば、「わかりました!」といってやったものです。ところが、今のオバマさんみたいに、心優しいゴルバチョフさんが登場。「(共産陣営)東欧の政治に、ソ連は干渉しない」となった。そしたら、どうなったか? 「アッ」という間に、「東欧民主革命」がドミノ式に起こった。それで、東欧は、ライバルだったアメリカと西欧の支配下に入ってしまった。「AIIB事件」も本質は同じなのです。

「あんたは、アメリカのいうこと聞くの? それとも中国のいうこと聞くの?」
この質問に、世界57か国が、「アメリカではなく、中国のいうことを聞きます!!!」と答えた。その中には、日本以外の親米諸国が全部入っていた。これが「AIIB事件」の本質です。
実際、日本が「AIIB」に入っていれば、アメリカの覇権は完全に終わっていたかもしれません。日本が、アメリカを救った。それで、2015年4月に安倍さんが訪米すると、大歓迎されたのです。
ようやく、「中国は、すでに覇権一歩手前まできている」ことを自覚したアメリカ。相当遅かったですが、ようやく「覇権争奪戦」に参戦してきました。

親米諸国を取り戻す戦い

で、「どうやって中国に勝つの?」という話。
去年4月から書いているのは、「経済情報戦」。「中国の魅力は、『金だけ』だから、アメリカは中国経済を破壊しにくるだろう」と。その結果が、今の中国の惨状なのです。
もう1つ、「覇権争奪戦で一番大事なのは、『孤立化戦争』である」という話もしています。

戦闘にメチャクチャ強かった日本軍。戦闘に弱かった中国軍。中国はどうしたかというと、情報戦でアメリカ、イギリス、ソ連を味方につけた。1937年に日中戦争がはじまったとき、中国はアメリカ、イギリス、ソ連から支援を受けていた。いくら日本が戦闘に強くても、これでは勝てるはずがありません。これが「孤立化戦争」の例。

「AIIB事件」ではっきりわかったのは、「アメリカは孤立している」「中国を犠牲にしてアメリカのいうことを聞く国は、親米国家群も含めてほとんどいない」ということ。もし、アメリカが中国に勝とうとすれば、「孤立化を回避しなければならない」。
失った親米国家群を取り戻していく戦い」がはじまったのです。

アメリカ戦略の優先順位

「失った親米国家群」の中にも、「優先順位」があるのですね。これは、「地政学的要因」によります。アメリカの重要地域は、3つある。そして、3つの地域で問題が起こっている。
・欧州=ウクライナ―ロシア問題
・中東=シリア―IS問題
・アジア=中国問題
2015年3月まで、アメリカは、ウクライナ―ロシア問題、シリア―IS問題に取り組んできた。しかし、「AIIB事件」後は、2つの問題から距離をおきつつあります。
まず、ロシアとの和解に動き、ウクライナ問題は忘れ去られた。ロシアのシリア―IS空爆を(事実上)容認し、アメリカは中東から距離をおいている。サウジとイランがケンカしても、「問題の仲介はしない!」と宣言している。
そして、5月からアメリカは「中国問題だけ重点的にとりくむようになっています。2011年にオバマがオーストラリアでした、「アジアシフト宣言」がようやく実現の方向にむかいだした。

裏切り者韓国を捨てきれないアメリ

アメリカは、どうやって中国を封じ込めるのか
地図を東から西にむかってみていきます。日本、韓国、台湾、フィリピン。もっと視野を広げると、ベトナム、インド、オーストラリア。日本、韓国、台湾、フィリピン、さらに、ベトナム、インド、オーストラリア。
これらの国々の中で、もっとも軍事費が多いのはインド(=2014年、1782億ドル、世界3位)。しかし、インドは日米ロ中とバランス外交をうまくやっていて、「アメリカについて中国と戦う」という感じではない。
「AIIB」に入ったオーストラリアは、軍事的には頼りになる味方。いざ戦争になったら、アメリカ側について戦ってくれるでしょう。しかし、距離が遠い。そして、軍事費は、183億円で世界23位に過ぎない。
アメリカと戦ったベトナム。中国と領土問題を抱えているため、アメリカに接近している。ベトナムは、陸戦でアメリカにも中国にも勝利した実績がある。しかし、海軍はあまりに弱い。
一度米軍を追い出したフィリピンも、中国の侵略に怯え、アメリカ帰りしている。しかし、この国の軍事力は、わずか80億ドルで、世界41位。
世界一の親日国・台湾は、最近中国に取り込まれつつある。
こう見ると、弱体化しているアメリカの頼りになる国はあまりないことに気がつきます。結局、軍事費460億ドルで、世界8位。同時にGDP世界3位の大国日本を、「頼りになる国」にかえていかなければならない。だから、「集団的自衛権行使」を容認させて、「米軍と共に戦える国」にかえていく。
もう1国、軍事費450億ドルで、世界9位の韓国。この国は、地政学的にも、非常に重要な場所に位置しています。
結局、アメリカが中国と戦う際、あてになりそうな国は日本と韓国ぐらいしかいないということなのです。しかし…。

韓国、裏切りの口実「慰安婦問題」

アメリカが中国に勝つために、韓国は大事。そうなのですが、韓国は米中の間で揺れています。なぜ?

08年に「100年に1度の大不況」が起こったとき、アメリカは沈み、中国は浮上した。なんといっても、08、09、10、11年と、ずっと9%以上成長している。韓国は、「嗚呼、これでアメリカの時代は終わった。これからは中国の時代がくる!」と確信した。それで、早々とアメリカを裏切って中国につくことにした。

日本も韓国のこといえません。09年、親中反米民主党政権が誕生していますから。
それで、韓国は、アメリカと中国の二股外交」を行う。すると、当然アメリカの要求と中国の要求が違うケースが出てきます。そのとき韓国は、どうやって米中の要求をかわすのか?
日本のせいであなたのいうことを聞けません!」と。
全国民必読の名著「中国に立ち向かう日本、つき従う韓国」鈴置高史 から引用してみます。
「日本と軍事協定を結ぶな」と中国が韓国を脅す。
だが、この協定は米国の強い意向を受けたものだ。果たして米中どちらの言うことを聞くべきか― 韓国は板挟みになった。(34p)
メチャクチャわかりやすいケースですね。米国が、「結べ!」と要求。中国が、「結ぶな!」と要求。これは、「日韓軍事情報包括保護協定」のことです。2012年6月に締結される予定だったのが、韓国にドタキャンされた。その理由は、なんだったのでしょうか?
韓国はいつもの「反日」を利用して切り抜けようとした。
韓国では運よく左派が「反日」を理由に協定締結に反対していた。韓国はこれを利用して、中国に対しては「ご指示の通りに軍事協定は断りました」と歓心を買った。
その一方で、米国に対しては、「ご指示の通りに協定を結ぼうとしたのですが、日本のせいでできません。従軍慰安婦問題や独島(竹島)問題で日本が強情なため、我が国の左派が反対するのです」と責任を転嫁した。(41p)

この例を見てもわかるように、韓国はアメリカのいうことを聞きたくないとき、「日本のせいでできません。日本が慰安婦問題で強情なのが、一番の原因なのです!!!」と主張してきた。それでアメリカは、「じゃあ、慰安婦問題を解決すれば、いうこときくのか?」とせまった。すると朴さんは、「その通りでございます!」といったのでしょう。

韓国がアメリカのいうことに従ったのは、「中国への幻滅」もあるのでしょう。まず、中国経済がダメになってきた。そして、中国は、北朝鮮から韓国を守る気が全然なさそうだ。経済面でも安全保障面でも、期待されたメリットはなかった。それで、「やっぱり、金をせびるなら日本よね」となった。今回は「10億円で示談」ということなのですが、他のケースで「金出しやがれ」と要求が来るに違いありません。

アメリカの意図まとめ

まとめてみましょう。

1. AIIB事件で、アメリカは、中国に対抗せざるを得なくなった
2. そのために、アメリカは、ウクライナ問題を解決し、中東から距離をおきはじめている
3. 中国と対峙するためには、アジア諸国との連携が不可欠
4. しかし、本当に頼りになりそうなのは、軍事費世界8位の日本、9位の韓国である
5. アメリカは日本を「戦える状態」にする必要があり、「集団的自衛権行使容認」を急がせた
6. 韓国は、日本と「慰安婦問題」をダシに連携を断るので、アメリカが仲介し、問題を解決させた

いずれにしても、アメリカは韓国を中国から引き剥がすことで、「中国孤立化」の大きな一歩を踏み出しました。アメリカ的には、「勝利」といえる。
しかし、道はまだまだ長いです。
次号では、「日韓慰安婦合意」、日本にとっての意義について触れます。
 
ロシア政治経済ジャーナル
著者/北野幸伯
日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝の無料メルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。
<<登録はこちら>>