パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

6月8日 2:30~3:30PM 衆議院第2議員会館 第8会議室にて『中国ウイグル人権侵害問題・非難決議』が野党によって邪魔されて決議でき無い事に対しての要請

f:id:yoshi-osada:20210607203301j:plain

 

 

youtu.be

 

衆議院議員のバカさ加減に 電話攻勢を行おう!

 

Facebook・三浦小太郎】
急遽明日の記者会見が決定したという連絡が入りました。
これがおそらく本国会での、チベット南モンゴルウイグルそして香港に対する人権決議を求めるための最後の行動になるかと思います。

ミャンマーに対する決議に私たちは反対どころか歓迎しています。人権弾圧への抗議に国境はありません。しかし、「なぜ中国に対しては行われないのか」という疑問はどうしても私にはあります。どうか、メディアの皆様のご協力をよろしくお願いします

メディア関係者各位
緊急 記者会見のお知らせ(プレスリリース)

ミャンマー問題を非難する国会決議の成立を歓迎すると共に、
「中国における人権問題を非難する国会決議」の今国会における成立を求める共同記者会見

1、日時:2021年6月8日(火)14:30―15:30
2、会場:衆議院第2議員会館 地下1階 第8会議室
 ※「勉強会」と表示
※第2会館1階ロビーにて、主催者の係りが通行証を配布します。

【概要】 当事者民族の13団体による共同声明を発表
①「ミャンマー問題」を非難する国会決議が、8日(火)衆議院で可決する方向であり、参議院
でも続けて可決する方向だと報じられています。
②「ミャンマー問題」を非難する国会決議の成立を私たちも歓迎します。
③しかしながら、一方において、当初3月から検討が重ねられてきた「中国における人権問題」を非難する国会決議については、会期末が迫る中、いまだ成立の目途が立っていません。
④当初「ウイグルチベット南モンゴル、香港、ミャンマー等の」とされてきた文案のものを放置して、「ミャンマーだけを個別に成立させる政治的意図に対して大きな疑問があります
⑤記者会見では、連絡協議会(13団体)による共同声明を発表すると共に、チベットウイグル南モンゴル、香港からそれぞれ代表者が1人ずつ出席して、各民族の訴えを行います。

【登壇者】
1、チベット:テンジン・クンガ(在日チベット人コミュニティー
2、ウイグル:于田 ケリム(日本ウイグル協会 会長)
3、南モンゴル:チメド・ジャルガル(世界モンゴル人連盟 社会政治部長、南モン
ゴル クリルタイ 副会長)
4、香港:ウィリアム・リー(香港民主活動家、Stand with HK@JPN)
<進行> 石井 英俊(インド太平洋人権問題連絡協議会 事務局長)

【お問い合わせ先】
インド太平洋人権問題連絡協議会 事務局長 石井 英俊(自由インド太平洋連盟 副会長)
TEL : 090-8913-8871インド太平洋人権問題連絡協議会

【参加団体】
チベット
ダライ・ラマ法王日本代表部
Students for a Free Tibet Japan
在日チベット人コミュニティー
ウイグル
日本ウイグル協会
南モンゴル
世界モンゴル人連盟
南モンゴル クリルタイ
<香港>
Stand with HK@JPN
香港の夜明け
香港建国連盟
<中国民主化
民主中国陣線
<民族横断グループ>
アジア自由民主連帯協議会
自由インド太平洋連盟
臓器狩り問題>
SMGネットワーク
【役員】
事務局長 石井英俊(自由インド太平洋連盟 副会長)
※会長・副会長などは置かない。※連絡・調整係としての事務局長のみ置く。
【目的】
1、超党派で推進されている国会決議及び今後の支援等に対して、中国による人権問
題等の当事者間の連絡調整を計り、団結を示し、意見集約の受け皿となる。
【成立】
令和3年(2021 年)3月30