パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

チベットの牧畜家達がモーターバイク乗車に必要な免許発行を拒否された

チベットの牧畜家達がモーターバイク乗車に必要な免許発行を拒否された

2018-07-26 RFAより転載

イメージ 1


四川省のSerthar郡の位置を示す地図。

四川省のSerthar郡の中国当局は、遠隔地で遠距離を移動するためにモーターバイクにますます依存するチベット遊牧民に運転免許証を発行することを拒否しているという。 
 
ライセンスは通常、申請書の提示と600元(100米ドル)の手数料の支払いで取得することができますが、現時点ではその地域の出身者に対しては拒否されていると RFAに連絡があった。 
 
中国政府当局者は、虚偽の言い訳を使用して、申請を繰り返し拒否している、とRFAの筋は伝えている。 
 
「時には、コンピュータがダウンしていると言われることもあります。 或るときには、彼らは遊牧民が免許の発行要件を満たしていないと言います。 
 
7月24日にソーシャルメディア上で拡散し、RFAによって入手されたビデオクリップでは、チベット人のグループは、郡警察署で免許証を求めて書類作成と購入証を手渡した。 
 
カウンターの後ろにいる女性が、何もできないことを彼らに伝えます。 
 
「多くの場合、遊牧民は単に追い出され、公務員は建物を離れて物事をさらに議論する必要がなくなります」と、RFAの筋は言いました。 
 
多くの人が長距離を旅し、長い列で待つために早く到着したが、ま逃げ出しているという。
拒否の公式な説明は行われておらず、Serthar警察からのコメントを求める電話は、木曜日に無回答となった。 
 
Sertharの多くの遠隔地が主要道路から切り離されているため、モーターバイクは交通手段として利用するチベット遊牧民に人気が高まっているという。 
 
「乗馬のために2日間乗馬をしていたのは、数時間後にバイクで到着するようになった」 
 
「しかし、遊牧民オートバイの運転免許証を持っていなければならない、そうでなければ警察に迷惑をかけてしまう」 
 
DolmaKyab氏は、中国のチベット地域で起こった多くの差別事件のうちの1つチベット遊牧民に運転免許証を与えることを拒否したと、RFAと話している。 
 
「これらの遊牧民チベット人はそれほど教育を受けていないため、当局は法的権利を理解していないチベット人を見下ろしている、」と述べた。