パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

山西省の家庭教会が閉鎖に追い込まれる


日本のカソリックおよびキリスト教教会は 戦争前の 嘘慰安婦問題をとやかく言う前に 今・目の前の 中国国内のキリスト教徒の迫害に立ちむかわないのか?  
習金平の支援者から寄付をうけたりしているのか?


最近のレポート


海外とのつながりを疑われた山西省の家庭教会が閉鎖に追い込まれる

2019年07月02日 張峰
海外の宗教団体とのつながりは、三自教会への参加を拒む教会を排除するために中国共産党が多用する口実の一つである。
Read in browser »
share on Twitter Like 海外とのつながりを疑われた山西省の家庭教会が閉鎖に追い込まれる on Facebook


 

その他のレポート


生きても死んでも奪われる信教の自由
国家に反論した三自教会の聖職者が暴力を受け逮捕される
中国の民俗宗教が弾圧を受ける – 6000の寺院が取り壊される
家庭教会のキリスト教徒、会食をして刑務所行きに
規制強化で三自教会が監獄の檻並みに

中国は虚偽報道に大金を投じています。事実を伝えようとする、私たちの活動に毎月数百円のご協力をお願いいただけませんか。