パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

中国での信教の自由:状況報告


最近のレポート


国の管理下に置かれる教会の原形をとどめない「中国化」

2019年07月05日 李光
中国共産党が三自教会への干渉を強めている。説教にプロパガンダを取り入れ、十字架を共産主義の象徴に置き換え、さらには建物の建築様式まで変えている。政府公認の三自教会は強制的に「中国化」され、事実上愛国教育の拠点に転用されている。
Read in browser »
share on Twitter Like 国の管理下に置かれる教会の原形をとどめない「中国化」 on Facebook

バチカン問題のガイドライン:中国天主教愛国会への参加は許可するが強制はしない

2019年07月05日 マッシモ・イントロヴィーニャ
中国共産党が管理する天主教愛国会へのカトリック教徒の参加の義務の有無を問う、厄介な問いに関して、バチカンが最新の文書で公式の立場を示した。
Read in browser »
share on Twitter Like バチカン問題のガイドライン:中国天主教愛国会への参加は許可するが強制はしない on Facebook


 

その他のレポート


中国天主教愛国会への参加を迫られる福州市の地下カトリック教徒
逮捕覚悟で信仰を貫く浙江省台州市の家庭教会の信者
吉林省のキリスト教取り締まり 100を超える教会堂の十字架を撤去
中国共産党が新疆で「漢族化」を強化 漢族の人々に新疆への移住を勧めている
新彊でキリスト教徒として暮らす 弾圧と迫害

中国は虚偽報道に大金を投じています。事実を伝えようとする、私たちの活動に毎月数百円のご協力をお願いいただけませんか。