パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

支那の国連における横暴には 国連分担金を拒否し、認められなければ脱退もよし

国連人権会議では シナ共産党代表が拒否権をだし
まったく 自国の 人権侵害や香港の人権に口を出させない。
そして 我が国に対して 仕掛け人を次から次へと連れてきて
戦前の話をして自国の人権侵害や 他国への侵入を正当化する。
とにかく 国連が中国がまき散らした汚い金で アフリカの国々を
味方につけ 一人芝居中。
捕鯨協会と同様 我々もユネスコや国連の分担金を止め、
国連から脱退してはどうか?


  1. 香港の歌手、民主主義活動家)第8号は、二回国連人権理事会での講演、中国の代表によって中断されました。デニスは2万人が参加し、香港に来る香港の民主主義の主権と自由の転送が損なわれた後、彼女は言った、平和的なデモ、彼女は中国の人権侵害の行動を考慮して、国連が中国の人権理事会から除去されなければならないと述べました。
    翻訳する
  2. 香港九龍パレードは紛争の終わりに終わり、「どこにでも広がる」のだろうか?
    翻訳する
  3. 7月8日、より民主化立法者は、警察の非難、力の平和的な抗議過度の使用の顔をクリアしたときに、不適切な戦術を。民主党の会議の議長である毛沢東は、批判した。問題に直面していない。彼女は、最高経営責任者に、人々に直面し、人々によって提示された5つの要求を解決するために出てくるよう求めた。
    翻訳する