パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です

 

先月中国警察による拘禁以来チベット人

が行方不明

RFAよりの転載

 

f:id:yoshi-osada:20191107180311p:plain

現在、拘禁中の隔離されているナチュの居住者ラダーは、日付なしの写真で示されています。 RFAリスナーが提供する写真

 10月初旬に中国の警察に未知の容疑で拘留されたチベット人男性は逮捕されてから 行方不明となり、拘禁中に消えたと地元の情報筋は水曜日にRFAのチベットサービスに語った。

 

36歳のラダールは、警察からこの地域を離れないよう警告を受けた後、チベットのナチュ(中国ではナク)郡で拘留され、ナチュのタルチェン郷のジェソ・サリ村の居住者だったと、RFAの匿名性の情報筋は述べている。

「彼は「国家の秘密を漏らしている」ために逮捕されたと思われる」と、情報筋は言った。しばしば、チベット地域での北京の支配に対する抗議のニュースや当局によって政治的に敏感であると考えられるその他の情報の拡散を止めるために使われる容疑を引用した。

 

「ラダールは、チベットでの政治的再教育プログラムやチベット人に対する制限の強制など、中国の抑圧政策に強く反対している」と情報筋は述べた。

 

「彼は、チベット内および亡命中のチベット人との再会に関する問題について常に率直に語り、ダライ・ラマチベットへの帰還に大きな希望を持っています。したがって、彼は中国警察の「監視リスト」に載っていた」と彼は言った。

 

ラダーは以前、中国の「愛国教育」キャンペーンに反対するナグチュでの抗議中に当局と衝突し、他のチベット人とともに逮捕され、暴行をうけた、とRFAの情報筋は述べた。

 

「彼は最終的に釈放されたが、その後彼の動きは制限された」と彼は言った。

 

かつて独立した国であったチベットは、約70年前に中国に吸収され、組み込まれました。その後、チベットの精神的指導者であるダライラマと何千人もの追随者がインドに亡命しました

 

中国当局は現在、チベット人の政治活動と民族的および宗教的アイデンティティの平和的表現を制限し、チベット人を迫害、拷問、投獄、および超法規的殺害等起こし、この地域を強権と暴力によってしっかりと把握している。

 

RFAのチベットサービスについてDawa Dolmaによって報告されました。ドルジー・ダムドゥル訳。リチャード・フィニーによって英語で書かれました。