パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です

香港は 香港長官が警察をコントロールできない状況、すなわち支那共産党によって警察が動かされている模様

 

f:id:yoshi-osada:20191118164856p:plain f:id:yoshi-osada:20191118164734p:plain 

 

f:id:yoshi-osada:20191118164807p:plain 

 

f:id:yoshi-osada:20191118164832p:plain

f:id:yoshi-osada:20191118165014p:plain



香港理工大からデモ隊数十人脱出、警察が拘束-覆面禁止に違憲判断

11/18(月) 8:11配信

ブルームバーグ): 香港理工大学から数十人に上る黒服の抗議デモ参加者が18日午後に脱出したが、警察は催涙ガスを放ち拘束した。負傷者も出ている。同大は警官に包囲されていた。

テレビ映像では警察が一部の参加者を地面に押さえつけ、時折警棒でたたく様子も見られた。理工大に残っているデモ隊の人数は不明。一部の警官は参加者に拳銃を向けているように見えたが、誰かが撃たれた様子はなかった。

香港高等法院(高裁)は18日、政府が緊急権限を使って先月導入した覆面禁止は基本法と相いれず、違憲との判断を下した。マスク禁止は市民の基本的権利の制限で行き過ぎだと指摘した。一方、香港政府は学校の休校を19日も継続すると発表した。

香港警察は18日午前、週末の抗議活動参加者らとのにらみ合いの末、九竜地区にある香港理工大でデモ隊の排除に動いた。

警察は排除作戦を行ったと説明し、キャンパス内に「攻め入った」とのニュース報道に反論した。数日にわたり立てこもっていた抗議デモ参加者の排除で警察は実弾を使用する可能性を警告していた。理工大は活動参加者らが実験室を破壊し、「危険な化学薬品」を取ったと話した。

一方、中国国防省の呉謙報道官は訪問先のバンコクで開いた18日のブリーフィングで、人民解放軍の香港駐留部隊が街頭で16日行った清掃作業について、兵士らは「香港市民と共に路上の障害物を片付け、こうした取り組みは市民に歓迎されている」と擁護した。

民主党主席を務めた政治家、劉慧卿(エミリー・ラウ)氏は一部の香港住民が大規模な妨害にうんざりしつつあるものの、多くは抗議活動が掲げる広範な目標をなお支持していると述べた。

劉氏はブルームバーグテレビジョンで、「一部の香港市民は過激な抗議活動参加者に関して我慢の限界に達している」と指摘しながらも、「強い共感を持ったり、彼らを今後も支持するため黒い服で街頭に出たりする人もいる」と述べた。

理工大の学生代表、オワン・リ氏は18日未明に記者団に対し、学内に残っている人数は分からないとした上で、流血の事態を避けるよう訴えた。

リ氏は学生と職員が安全にキャンパスから離れる「解決策があると心から望んでいる」と述べた。

一方、中国共産党機関紙・人民日報は1面で、香港の将来と主権に関連する問題については妥協や譲歩の余地はないと論評した。香港の混乱はその統治システムの改善が必要かつ急務であることを浮き彫りにしているとした上で、中国は「一つの中国」政策に挑戦する者を許さないと強調した。

週末はデモ隊がレンガや火炎瓶などを警察に投げつけ、催涙ガスや放水車で警官が応じるなど大規模な衝突が見られた。警察のメディア連絡官が脚に矢を受けたほか、街頭を清掃していた住民はデモ隊から火炎瓶を投げつけられた。

中国の人民解放軍の兵士らは16日、駐留施設から出て清掃活動に参加するという異例の行動を取った。これについて一部では、中国が香港に対する統制を強化するものだとの懸念が強まった。

原題:Arrests, Clashes as Protesters Flee University: Hong Kong Update(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Natalie Lung, Iain Marlow, Moxy Ying

 

貼り付け元  <https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-32281316-bloom_st-bus_all&p=2>