パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

全ての拉致被害者の即時一括帰国のために   救う会全国協議会ニュース

 

 

 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2020.03.27)全て拉致被害者の即時一括帰国のために

<参考情報>

 以下は2月24日に公益財団法人モラロジー研究所でおこなわれた、ニッポン放
送のラジオ番組「飯田浩司のOK! Cozy up!」のPodcast番組公開録音での西岡会
長の発言です。参考情報として送ります。

■全ての拉致被害者の即時一括帰国のために

 家族会、救う会ができたのは平成9年、1997年ですが、1988年に平壌
から手紙が届きました(石岡亨さん=拉致当時22=から日本に届いた手紙で、
有本恵子さんが北朝鮮にいることが判明)。有本恵子さんの拉致が明らかになっ
て、まずご夫婦で外務省に行ったり、警察に行ったり、自民党本部に行ったりし
て運動されていた。

 当時はみんな冷たくて、外務省は今はそうではないですが、課長にも会えなく
て、課員の人と廊下のソファで話をして「国交がないから仕方がないですよ」と
いうような話をされた。あるいは、「名前を出して訴えると向こうにいる人が危
なくなりますよ」とも言われた。これは有本さんたちだけでなく、横田さんも最
初にめぐみさんの拉致が明らかになった時に言われた。静かにしていたら政府が
助けてくれるのかというとそうではなかった。そういう厳しいなか、最初に出会っ
たのが安倍晋三さんだった。嘉代子さんが亡くなった後、家族会、救う会で会議
をやって、そこで決めた今年の運動方針を持って、安倍総理に会いに行きました。
先々週の金曜日です。安倍総理はこう言っていましたね。

「嘉代子さんは自分が安倍晋太郎事務所の秘書だった時から一緒に闘ってきた仲だ」

 当時、拉致があるということを言うだけで、「身の危険はないですか」、ある
いは「向こうにいる人たちが危ない」と言われたんですね。

 有本さんたちは88年からですが、私は91年に文藝春秋社から出ていた『諸
君』という雑誌に日本の学者として初めて、日本人が拉致されたという論文を書
きました。周りから言われたのは「身の危険はないか」ということでした。日本
の学者が日本語で拉致があると書くだけで、公安関係者らから、「先生、身の危
険はないですか」と言われました。そういう中で、拉致があるんだということを
言うだけで大変な不利益があったわけですけれども、特に政治家の立場としては
そうだと思いますけれども、安倍総理もそうだし、亡くなった中川昭一先生等と、
いままで一緒にやってきた。

 第2次安倍政権になって結果が出ない。本当に悔しいですけれども、総理が
「一緒に戦ってきた」と言うのを聞いた時、「この人まだ根性あるな、北朝鮮
戦っている気持ちなんだな」と。私も嘉代子さんが亡くなった時、「戦場にいて
横にいた戦友が弾にあたって倒れた。私が先にあたるかもしれない」と。そうい
う戦いを30年近くやってきた。総理も同じなんだなと思って、何とか結果を出
さなければいけない。戦いを止めたら勝てません。戦い続けるしかないと思って
います。

 「殺してやる」という脅迫状が来たこともありました。バッシングあるならい
いんですね。表向きはまったく無視されて、しかし、脅迫状が来たりする。そう
いう雰囲気だったですね。バッシングされるようになったのは運動を始めた97
年、横田めぐみさんのことが明らかになった。私が編集長をやっていた月刊「現
代コリア」が明らかにするのに関与しました。韓国の情報から明らかになったん
ですけれども、横田さんのご両親(滋さん、早紀江さん)は大変悩んだんですね。
名前を出して、写真を出して訴えると、向こうにいる娘が殺されるかもしれない。
北朝鮮は当時、拉致はないと言っていた。名前を出したら、証拠隠滅のため殺さ
れるかもしれないというアドバイスを日本政府の関係者がしていた。あるいは専
門家もしていたんですね。しかし、何もしなければ動かない。20年間、残念な
がら日本政府はこの問題に取り組んでこなかった。北朝鮮と外交交渉をしたのに
取り上げなかった。何もしなければ娘は北朝鮮に拉致されたことも明らかになら
ないまま死んでいくだろう、親たちも死んでいくだろう。危険はあるけど、世論
に訴えようという決断を横田さんたちがされて、それに有本さんたちが合流して
家族会ができた。それが平成9年です。

 私はそれまで学者として論文は書いていましたけど、それ以上の行動はしてい
なかった。家族がそこまで決断するのを見て、それでも世論が盛り上がらなかっ
たら日本は独立国家でも何でもない。家族を助けないといけないと思って、運動
をするようになって、「救う会」という家族会を支援する組織をつくって、23
年になってしまった。まだ5人しか助けられていないというのが現状です。

 私は今、拉致被害者を取り戻す3回目のチャンスが来たと思っているんですね。
1回目は金丸訪朝の時です。(注、1990年9月、自民党の金丸信元副総理、社
会党の田辺誠副委員長が訪朝した。北朝鮮に抑留されていた邦人2人はその後釈
放されたが、有本恵子さんの拉致は取り上げられなかった)

 2回目は小泉訪朝の時ですね。(注、2002年と04年の2回開かれ、拉致
被害者5人が帰国した)

 そして3回目が今です。北朝鮮は困らなければ日本に接近してこないんです。
ただ話し合いをしてもダメなんです。まず困らせる。具体的には制裁をかけると
いうことです。北朝鮮は石油など持っていませんので、外貨を枯渇させるという
ことが効くんです。北朝鮮独裁政権を維持するためには、金正恩の個人資金、
39号室というところが管理しているんですけれども、年間40億ドル(約44
00億円)から50億ドル(約5500億円)必要なんですね。昔朝鮮総連が多
額のお金を送っていたわけですが、今はそれを遮断した。韓国の左派政権が送っ
ていたのも遮断されている。文政権は送りたくてしょうがないが米国が見張って
いるので送れない。去年の春の段階で、40から50億ドルあったのが、数億ド
ルになった。これは複数の情報源から取ったものです。苦しくなってきている。

 もう一つ、北朝鮮を追い込むのは、米国を中心とする国際的な軍事圧力です。
小泉訪朝の時も米国が「悪の枢軸」といって軍事圧力をかけたから日本に来たん
です。今、それと似たような状況ができてきているので、安倍総理は去年、条件
なしに金正恩氏に会うと言いました。去年、家族会とともに米国に行って、トラ
ンプ政権の高官に会いました。

トランプ大統領ハノイでの金正恩氏との会談で、2回拉致問題を出した。1
回目は1対1の会談で出した。その時は金正恩が話題を逸らした。2回目は少人
数の夕食会で出した。その時は意味のある答えをしました」と教えてくれました。

「しかし、この内容は家族会にも教えられていません。シンゾー・アベには全部
言ってあります」と。

 金正恩氏の頭の中には拉致問題が入った。そのため無条件で会うということを
言っているわけです。

 嘉代子さんが亡くなって言いますが、われわれもギリギリのところまできてい
ます。もしかしたら負けるかもしれない。23年間やってきましたが。ご両親に
被害者を会わせるためにやってきたのに、小泉訪朝のとき10人ご両親が生きて
いらっしゃったんですけれども、いま嘉代子さんで7人目です。お亡くなりになっ
たのは。市川(修一)さんのお父さん(平さん)、お母さん(トミさん)、増元るみ子
さんのお父さん(正一さん)お母さん(信子さん)、松本京子さんのお母さん(三枝
さん)、松木薫さんのお母さん(スナヨさん)、そして嘉代子さん。 

 残っているのは3人だけなんです。横田さんのご両親と有本さんのお父さん(
明弘)だけで、横田さんのお父さんは2年前から入院中です。

 そういうギリギリのところにきていますけれども、しかし、家族会の人は総理
に会った時、「慌てないでください。急いでほしいが慌てないでください。拙速
にみせかけの進展を求めて、平壌に行くということを目的にして制裁を緩めたり
したら終わりだ」と。今苦しいけれども、前回は5人しか取り戻せなくて、あと
「死んだ」と嘘をつかれて失敗したので、われわれは今回は「全拉致被害者の即
時一括帰国」と言っています。全員が一緒に帰らないとだめだ。何人かだけでは
だめだ。日本政府は17人認定し、5人が帰国しました。12人残っていますが、
政府は認定の有無にかかわらず全員助けると言っています。認定されていない被
害者もいる。その人たちも含めて、「あなた知っているでしょ、金正恩さん、あ
なたが決断するしかないんだ。それをしない限り制裁は緩みませんよ。トランプ
大統領もその気ですよ。あなたはもう生き残れないところまで、その直前まで来
ている」と。

 苦しいですけれども、この戦いをやめるわけにはいかない。

以上





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆