パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

的を射たダライ・ラマの『幸福論』に驚く声が続出 「そんなハッキリいうとは」「深い…」

ニコニコニュースより転載

的を射たダライ・ラマの『幸福論』に驚く声が続出 「そんなハッキリいうとは」「深い…」

用語リンク(β)
大百科用語リンク
『非暴力の闘い』で平和を訴え続けている、チベット仏教の最高指導者のダライ・ラマ14世
1989年ノーベル平和賞を受賞し、いまでも世界平和のために多くの国で外交活動をしています。

ダライ・ラマの言葉に、共感の声

動画に日本語テロップを付け、ダライ・ラマ14世が講演で説いた『幸せについて』の言葉を投稿しました。
#ダライ・ラマ法王 は2月11日に #ダラムサラ の公邸で行われた講演にて、ドラッグ、アルコール、お金から幸せは得られない、また宗教への信仰心から得られるものでもない、究極の幸せや喜びは思考によってのみ得られるもので、頭脳を使い科学的に考えことが重要、神仏に祈る必要もないと説かれました。
10,623人がこの話題について話しています
ドラッグアルコールやお金から幸せは得られません。究極の幸せや喜びは、思考によってのみ得られるのです。そして、宗教への信仰心から得られるものでもないのです。
信仰するのではなく、考えなければなりません。我々人間の頭脳を使い、科学的に考えなければなりません。神様や仏様に祈る必要はないのです。
その点において、釈尊は非常に賢明でした。「私は人々の苦しみを取り除くことはできません。私は人々の否定的な感情を洗い流すこともできません。私は私自身の心の平穏を人々に与えることもできません」。
釈尊は、ご自身の経験を元にした心の平穏を得る方法を、ただお示しになったのです。素晴らしいですね。
1人の人間としての釈尊であり、神様ではありません。
@tibethousejapan ーより引用
世界的な仏教指導者でありながら、大衆の前で「幸せは宗教への信仰心から得られるものではない」という言葉を発したダライ・ラマ14世。
幸せを得るためには、ただ神様に祈るだけではなく、自らの頭でしっかりと考えることが重要であるダライ・ラマ14世は説きました。
ダライ・ラマ14世の合理的な『幸福論』に、ネット上では多くの日本人が共感の声を上げています。
・「神仏に祈る必要もない」ってハッキリいうのね。的を射ていて好き。
・これをいえるのがダライ・ラマ14世のすごいところだなぁ。共感する。
・すごく同感です。要は他力本願では何も得られないってことだよね。
・おお、すごい…本質的なことを説かれていらっしゃる。
きっと、何かにすがりたい思いで神様に祈りをささげ、安心感を得ている人も多いでしょう。
しかし『本当の幸せ』をつかむには、誰かをあてにするのではなく、自らが行動しなければならないと考えさせられます。

[文・構成/grape編集部]
出典
@tibethousejapan