パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

それはわかりきった事> 対馬観光直撃 国境の島 韓国人客が激減


国境の島なのだから 東京からよりも釜山からの交通の便が良い
のは確かである。 
しかし今から7世紀前に 半島から 蒙古と朝鮮の
軍隊が攻めてきて 対馬壱岐の島は女子供含めて皆殺し
となったことは忘れてしまったのか????

半島に住む民族など これでロクでもないことが分かったはずだ。
もちろん 大陸も同じ。 今九州が 金を出して 半島と大陸人の
クルーズ船への投資をしている。
3-5000人が 1隻の船で移動するわけであるから、ビジネスチャンスかもしれない。  
しかし台湾も独立派がかじ取りを取ったとき
台南に行くすべての クルーズをキャンセルして、前年に投資させた多くの台湾企業を破滅に追いやった。
今回はそれと同じである。

本来の民主主義ではこんなこと起きるはずがない。
今起きているのは 日本側が間違った政策で 半島や大陸を
教育して、間違った民主主義経済を確立してしまったことである。
日本とて どう見ても 社会主義的民主主義国家で 自由度や
政府の組織も 欧米の自由主義、民主主義、にはまだその差はあるようである、

すくなくとも 日本の中に 日本人の皮を被った 反日左翼が
一杯いて 日本を滅ぼすように 半島や大陸の目線や都合で
主張を繰り返すことを 念頭に置いて すべての事を考えて欲しい、

対馬が 東京や北海道から 観光客や産業を誘致することに
どれだけ 市や県はどりょくしてきたのか????????
いまだに 仏像が返却されないことも 頭に入れて話を進めなけ
ればならないことを 本来は新聞は伝えるべきである。

「韓国人お断り」 と言える度量を  国民が身に着けるべきである。
金が落ちなくても 静かな日本ではないだろうか?

そして よく見れば 金が落ちているのは 公共の手を借りた大陸や半島関係者であって 本来の地元がどれくらい潤っているのかよく見まわした方が良いのでは。。。。。。



日韓関係悪化 対馬観光直撃 国境の島 韓国人客が激減 収束見えず募る危機感

7/31(水) 11:20配信
長崎新聞
 元徴用工問題半導体材料の輸出規制強化を巡り、日本と韓国の対立が深まる中、国境の島・対馬市で韓国人観光客が激減し、観光関連業者が打撃を受けている。長崎県対馬振興局の調査では、特に団体客の減少が目立つ。長崎県の担当者は「事態がいつ収束するか見通せない。今後さらに減少する可能性がある」と危機感を強めている。
 県対馬振興局は30日、ホテルや民宿など島内宿泊施設25社に日韓関係悪化の影響を調査した結果を発表。それによると、宿泊者数は前年比5割減の施設が多く、8月は8~9割減の見通しという施設もあった。担当者は「7月から予約キャンセルが発生し、厳しい状況だ」と話す。
 日曜の28日昼。対馬市厳原町中心部にある免税品店「蔵」は韓国人観光客の姿がなく、閑散としていた。韓国・釜山市出身の副店長、金(キム)貞英(ジョンヨン)さん(30)は「普段、夏場の日曜なら1日50人は入る。朝に釜山から来るはずだった船が運休している」と肩を落とした。
 対馬市などによると、釜山から対馬への船便を運航する6社のうち、2社が今月から運休。3社が減便している。
 対馬で免税品店やスーパーなどを運営する対馬振興開発の武末裕雄会長(75)は「宿泊やレンタカーなどさまざまな業種が影響を受けている」と指摘。「釜山からの船便運休は対馬にとって蛇口が締められるようなもの。長く続くと島内の業者は干上がってしまう」と懸念する。
 釜山と対馬南部の厳原港間でフェリーを運航している対伸(対馬市)は8日から運休。波田政和社長(62)は「輸出規制強化の話が出て以降、予約取り消しが相次いだ」と落胆する。
 業者は一様に日韓関係改善に望みを託す。対馬市厳原町でホテルを経営し、対馬観光物産協会長も務める江口栄さん(64)は、李(イ)明博(ミョンバク)大統領(当時)が島根県竹島に上陸した2012年を例に挙げ「当時は半年ほどで回復した。今回も数カ月で収まってほしい」と祈るような表情だ。
 一方、同市美津島町のホテルで支配人を務める30代の韓国人男性は、文(ムン)在寅(ジェイン)大統領の任期が残り2年近くあることを挙げ「韓国人客の減少は年単位で続く可能性が高い」と気をもんでいる。