パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

米国人の税金が中国のコウモリのウイルス研究への資金援助に使われたことは、よく知られている

f:id:yoshi-osada:20201021225746p:plain

https://vpoint.jp/world/wt/196106.html

中国へのおかしなコロナ対策費供与は止めよ

 米国人の税金が、命取りのコロナウイルスパンデミック(感染病の世界的大流行)を招いたと思われる中国のコウモリのウイルス研究への資金援助に使われたことは、よく知られている。驚いたことに、今、その危険な研究への米国のカネの流れが再開する可能性がありそうなのである。「愚者は怖いことを知らない」と言われる。しかし、愚者であっても、死ぬ恐れのあるような時には、動きを止める分別があってしかるべきである。
 中国の武漢ウイルス研究所(WIV)には、今もなお、2024年1月まで、動物研究対象に使われる米国の資金を受給する資格があるのである。これは、国立衛生研究所(NIH)によって確認された事実である。バイデン政権が納税者のカネを、コウモリのコロナウイルスの人間への感染可能性に関する、同研究所の危険な研究の支援を再開するために、支払うのを許すかどうかは、はっきりしていないが、もし、そういうことが実際に起きたら、米国人は激怒するだろう。

 このウイルス研究は、米国の非営利組織「エコヘルス・アライアンス」から60万㌦の資金供与を受け、エコヘルス・アライアンスは、2014年以来、370万㌦の連邦資金を受け取っていると伝えられる。トランプ政権は、昨年、2020年1月以来、50万人近い米国人や、世界中では250万人の命を奪ったウイルスをばらまいたと信じられている警備の厳重な研究所へ資金をつぎ込むことをやめた。

 面目を保つ方策として、中国は、その武漢の施設に再び注目を集中させる可能性のある痕跡を目立たないように画策した。世界保健機関(WHO)のチームが、ウイルスの人への感染を専門に研究している研究所へのアクセスを許されたのは、パンデミックの1年後のことであった。米国人にとって、それによって得たものは、調査員の中に研究所の活動に資金援助をしていた、まさにその「エコヘルス・アライアンス」の代表、ピーター・ダザック(注)がいたことを知った以上のことは何もなかった。利益の相反にならないのだろうか、ほかに誰がいるのか? 当然ながら、彼は、ウイルスがその研究所から漏れた可能性はあり得ないと発表した。

 ビル・ガーツが、本紙で書いているように、病原体が、実際に、武漢研究所で発生した可能性は極めて高い。ウイルスが、自然発生したのではないという説を支持する証拠は十分ある。

 コロナウイルスの発生が自然であったか、実験中の不手際によるものであったか、のどちらにせよ、その致死力は、米国人の2020年の寿命を、78.8歳から、第2次世界大戦以来、最低の77.8歳へという下降を招いた。悲劇は、それが、米国人の税金が命の喪失に提供されていたかもしれないと想像するともっと大きくなるばかりである。

 かつて、ロナルド・レーガンは、冗談で言った。「政府の機関というものは、この世で一番、永遠の命に近い」と。米国のプログラムが、米国人を殺している研究にカネを支払ったかもしれないなんていうことは、途方もなく常軌を逸した話だ。しかも、その資金提供を再開する可能性があるなどとは、さらに、困惑させられる。バイデン大統領は、そのようなことは起きないと、はっきりさせなければならない。(2月28日付)

注:武漢ウイルス研究所と連携し10年以上、コロナウイルス研究に当たっている。新型コロナウイルスの自然起源説を提唱し、武漢研究所からウイルスが流出した可能性については、政治的動機に基づいた「陰謀説」と一蹴している。

 

◇ ◆ ◇

 

Batty funding for the coronavirus: China should get no more U.S. dollars for dangerous research

It is well-known that U.S. tax dolBatty funding for the coronavirus: China should get no more U.S. dollars for dangerous researchlars helped fund bat virology in China which likely unleashed the deadly coronavirus pandemic. Shockingly, it is now apparent that American money for the risky research could flow again. “Fools rush in where angels fear to tread,” it is said. Even fools, though, should have sense enough to stop in their tracks when death beckons.
China’s Wuhan Institute of Virology (WIV) is still eligible for U.S. funds to pay for animal research through January 2024, a fact confirmed by the National Institutes of Health. It is unclear whether the Biden administration will allow taxpayer money to resume supporting the laboratory’s risky research into the transmissibility of bat coronaviruses to humans, but Americans would be outraged if it were.

The virology research was funded by a $600,000 grant from EcoHealth Alliance, a U.S. nonprofit organization, which reportedly has received $3.7 million in federal money since 2014. The Trump administration last year plugged the funneling of funds to the high-security lab believed to have released the virus that has killed nearly a half-million Americans and 2.5 million worldwide since January 2020.

As a face-saving measure, China has obscured any tracks that might lead back to its Wuhan facility. It was a year following the pandemic outbreak before a team from the World Health Organization (WHO) was allowed access to the lab specializing in viral transmission to humans. And it was less than reassuring for Americans to learn that among the investigators was Peter Daszak, president of EcoHealth Alliance, the very organization that helped fund the lab’s activities. Conflict of interest, anyone? Unsurprisingly, he announced it very unlikely the virus escaped from the lab.

As Bill Gertz has written in these pages, it’s very likely that the pathogen did, in fact, originate in the Wuhan lab. There is ample evidence to bolster the theory that the virus was not a natural occurrence.

Whether the coronavirus’ source was natural or an experiment gone wrong, its deadly effects have resulted in a drop in U.S. life expectancy during 2020 from 78.8 years to 77.8, the largest decrease since World War II. The tragedy is only worsened by the prospect that U.S. tax dollars may have funded the loss of life.

Once upon a time, Ronald Reagan quipped, “A government bureau is the nearest thing to eternal life we’ll ever see on this earth.” That a U.S. program might have paid for research that is killing Americans is batty, and the possibility that the funding could resume is more disturbing still. President Biden must make certain that doesn’t happen.

February 28, 2021