パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

チベット自由学生組織 SFT の現状 7月6日は ダライラマ法王の誕生日です

 
6月はSFTにとって1か月の旋風でした:抗議、会議、新しいインターンなど!チベット自由運動への献身的な同盟国として、私たちの仕事を支援し、私たちがそのような実り多い月を過ごせるようにしてくれてありがとう。6月のハイライトの一部を次に示します。 

このアクション満載の月は、夏のインターンの紹介で始まりました。キャンペーン、草の根、コミュニケーション、グラフィックデザインチームにインターンを追加しました。このコラージュを見て、私たちのインターンチームに会い、彼らの現場での仕事のいくつかを見てください。

Summer_Interns _2021.png

6月6日、カナダのSFTミネソタワシントン大学、カリフォルニア大学デービス校の支部のメンバーと毎月草の根会議を行いました。私たちの夏のインターンは、私たちの章ベースのネットワークと会い、より大きなチベット運動についてもっと学ぶ機会がありました。私たちの会議では、グローバルアクションデーの戦略を立て火星キャンペーンの開始について話し合い、ディアスポラの若いチベット人アーティストに焦点を当てたSFTミネソタ初のBhoechellaコンサートを発表しました。

スクリーンショット2021-07-01at 12.39.16 AM.png
SFT草の根会議、2021年6月6日。

月の後半、SFTのキャンペーンディレクターであるPema DomaRightsCon講演し、世界中のチベット支持者の仲間一緒に、テクノロジーチベットの抵抗の交差点について話し合いました。ペマは、キャンペーンインターンシエナとともに、チベット擁護連合を通じてチベットを擁護しました。TACメンバーは、人権理事会の第46回会合に先立ち、今年初めにTACが発表た報告書に概説されいる新しい研究についてメンバー国に説明しまし

6月には、アジア全体の民主化推進グループ間の前例のないコラボレーションが見られました。SFTは、ミャンマー、タイ、およびその他のミルクティー同盟諸国の民主主義および人権団体との主要な提携をさらに発展させるために取り組みました。私たちは、アジアの民主主義と自己決定を促進する仮想イベントと対面イベントを企画し、参加しました。詳細については、SFTライブ-エピソード27をご覧ください。SFTスタッフはまた、香港での民主化運動の2周年を記念する香港運動の6/12集会、ワシントンDCでのミルクティー同盟集会、ワシントンスクエアパークでのタイ集会で講演しました。    



SFTの北米草の根コーディネーターであるTenzinYangzomは、6月12日に彼女の人間と犬の同盟国に抗議しました。 

6月23日の締めくくり-国際オリンピックの日-SFTは 、2022年の北京オリンピックに対するグローバルアクションデーの開催において主導的な役割を果たし、世界25か国以上で50以上の抗議と行動を行いました。ニューヨークからメルボルントロントからパリに至るまで、何百人ものチベットの支持者がウイグル人香港人南モンゴル人、台湾人、そして同盟国の連合国と一緒に行進し、ジェノサイドゲームに反対しました。当日は大成功だった、とあなたはその勢いにキャリーを助けることができる私たちの請願書に署名することによって、ここで火星社は大量虐殺ゲームの彼らのスポンサーシップを終了することを要求します。 

SFTチベット自由運動への連帯とコミットメントに感謝します。一緒に私たちはもっとたくさんのことを成し遂げます。 ソーシャルメディアSFTフォローして、6月に何が起こったのかを学び、7月に何が起こるのかを直接聞いてください。

ペマドーマ連帯で、

PD署名
ペマドーマ 
キャンペーンディレクター