パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

中国政府 少数民族と漢族の結婚奨励に露骨な優遇策打ち出す

中国政府 少数民族と漢族の結婚奨励に露骨な優遇策打ち出す

2014.09.15 07:00 週間ポスト
 
 中国政府はこのところ、チベット自治区新疆ウイグル自治区で、少数民族と漢族(中国人)との結婚奨励策を強化しており、特典として報奨金や医療保険の補助や住居の優先的な斡旋、子供の教育面での優遇策などを打ち出している。

 両自治区とも独立や宗教の自由を求めて、少数民族による騒乱やテロ事件が多発しており、中国政府は漢族との結婚によって、少数民族特有の宗教や文化、習慣などを排除し中国文化との同化を図ろうとしているようだ。

 チベット自治区党委機関紙「チベット日報」によると、自治区トップの陳全国・同自治区党委書記はこのほど、19組のチベット族と漢族のカップルを招いて 会議を開き、「血は水よりも濃いと言うが、我々の民族間の関係も良好でありたいものだ。自治区政府は今後も異なる民族間の結婚を奨励していく」と強調した あと、ともに記念写真を撮り、カップルの家庭円満を祝福した。

 同紙はこのところ連日、チベット族と漢族との結婚を勧める記事を掲載しているほか、自治区政府も異民族カップルに対する社会福祉上の優遇策を次々と打ち出している。

 この方針は徐々に功を奏しており、2008年末に、同自治区における異民族カップルは666組だったものが、昨年末には4795組と急激に増加してい る。これについて、米紙「ニューヨーク・タイムズ」はチベット族識者の話として、チベット族と漢族のカップルには優先的に希望通りの職業が斡旋され、医 療保険や子供の教育上の優遇策など手厚く保護されることも無視できない。異民族間の結婚によって、チベット独自の文化が失われる可能性が強い」と報じてい る。
 
 新疆ウイグル自治区の場合も同様に漢族との結婚が奨励されているが、優遇政策チベット自治区よりも さらに露骨だ。同自治区南部のバインゴリン・モンゴル自治州チルチャン県政府は9月1日から、ウイグル族と漢族のカップルが結婚すれば、毎年1万元(約 17万円)の報奨金を支給することを決めた。同県の平均年収は約7400元(約12万6000円)なので、一年間働かなくても生活できることになる。しか も、報奨金はカップルが離婚しなければ、5年間にわたって支給されることになっている。

 家族の医療費も90%までは県政府持ちで、住居はもれなく支給され、3年後には両親の住宅も全額保障されるという特典付きだ。子供の学費も小学校から高 校までは無料で、高等専門学校に入学すれば年間3000元(約5万1000円)、大学の場合は年間5000元(約8万5000円)が支給される。

 チルチャン県の人口は10万人で、そのうちウイグル族が72%、漢族が26%を占めている。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」はウイグル族識者の話として、「ウイグル族と漢族との結婚はほとんどないが、結婚すれば、ウイグル 族の場合、男女にかかわらず、ウイグル族社会から出なければならず、漢族とのカップルが増えれば増えるだけ、ウイグル文化が消失する可能性が高くなる」と 伝えている。
 




これを 的確に伝える 朝日新聞はない。
彼らは この少数民族問題を よしとするからである。
これを 女性活動家はどういうか? 何も言わない。
これが 日本の人権運動であり 女性運動であり、 朝日新聞なのだ・
朝日新聞は 廃刊やむなし