パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

<沖縄・尖閣諸島>中国漁船と貨物船が衝突 巡視船8隻と航空機1機で他の乗組員などの行方を捜索


なぜ我が海上保安部が 漁業知識のない偽装漁船団の衝突現場で救助活動を行うのか?
それは尖閣が我が国の領土であり、そこの近くの事故には我が国が当たるからである。
当てた ギリシャ船もかわいそうである。 公海と言え今まで漁業などやっていなかったところ、突然 230隻の漁船と公船が現れたからだろう。
多分鉱石運搬船で 目的地は オーストラリアの鉱山かな?
ここは 日本の大動脈だという事を 国民がよく知ることである。



<沖縄・尖閣諸島>中国漁船と貨物船が衝突 魚釣島沖の公海

毎日新聞 8月11日(木)11時22分配信

 11日午前5時半ごろ、沖縄県尖閣諸島沖で領海警備中の巡視船が、ギリシャ船籍の貨物船「ANANGEL COURAGE」(10万6726トン、23人乗り)からの遭難信号を受信した。海上保安庁の巡視船と航空機が、魚釣島沖約67キロの公海上で同船を発見した。

 同船から事情を聴いたところ、同船がオーストラリアへ向けて航行中、14人乗りの中国漁船「ミンシンリョウ05891」と衝突したことが判明。漂流していた漁船の乗組員6人を救助したが、漁船は沈没した可能性が高いとみられる。海保によると、救助された6人のうち2人が切り傷を負っているが命に別状はないという。漁船は網を揚げる作業をしている時に、貨物船と衝突したという。

 現場海域には中国公船6隻も到着しており、海保では、中国の海難救助調整本部と連絡を取りながら、巡視船8隻と航空機1機で他の乗組員などの行方を捜索している。【米田堅持】



尖閣沖の中国漁船沈没か 海保が6人救助、8人行方不明

朝日新聞デジタル 8月11日(木)13時10分配信

 11日午前5時半ごろ、沖縄県石垣市尖閣諸島沖の公海上で、中国漁船とギリシャ船籍の貨物船が衝突した。尖閣諸島の領海を警備中だった海上保安庁の巡視船が、魚釣島の北西約67キロ付近で、海に投げ出されていた中国漁船の6人を救助した。

【写真】漂流していた中国漁船の乗組員を救助する海上保安官ら=11日朝、沖縄県・尖閣諸島の魚釣島沖、海上保安庁提供

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、貨物船は「ANANGEL COURAGE」(10万6727トン)、中国漁船は「ミンシンリョウ05891」。貨物船から無線で遭難通信があり、海保の巡視船が受信した。

 中国漁船には14人が乗っていたとみられ、海保が巡視船と航空機で他の8人の行方不明者の捜索を続けている。

 貨物船の乗組員は「中国漁船とぶつかった後、漁船が見えなくなった」と話したという。

 外務省は一連の経過や捜索活動について在日中国大使館や北京の外交ルートで通報した。中国側からは感謝の言葉があったという。

最終更新:8月11日(木)15時59分
朝日新聞デジタル



支那人は日本の領土から出ていけ!
支那人尖閣から出て行け!  とみんなで唱えましょう、すれば台風が来ます。
(最後に何無妙法連華経と唱えて、神風を待つ)