パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

緊急告示>7/28 焼身抗議の特別法要のお知らせ


7/28 焼身抗議の特別法要のお知らせ
在日チベット人会より転載


皆様 Tashi Delek

多くがご存知と思われますが、インドベナラスチベット中央大学3年生のテンジン・チョインさんが、チベットの厳しい現状を訴えるために焼身抗議し、病院で亡くなられております。
特別法要を行う事となりました。

日時:7月28日(金)夜7時~8時30分

場所:新宿 常圓寺

主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

ご多忙とは存じますが、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

補足、詳細は以下のリンクをご覧下さい。
http://www.tibethouse.jp/event/2017/170728sbms.html

TCJ 役員一同

Tibetan Community Japan
info@tibetancommunity.jp
http://www.tibetancommunity.jp/


PS 現在神戸に滞在しています、法要に行けませんが同時期に 「 7句の祈願文 グル・リンポチェ」を唱えさせていただきます。 熱波が日本国中を襲っています、
なぜこんなに暑いのか?チベット支那共産党が侵入して以来、チベットの大地を掘り返し、鉱物資源を取り出すためや、大量の支那人流入させ 自然破壊、環境破壊を続けています。 逆に数百年続けてきた チベット人によるヤクや羊の放牧に対して、環境破壊という レッテルを張り 草原から排除しているのが現状です。
同様なことは南モンゴルでも起きています。
チベット人やモンゴル人を追い出した後、大規模に
鉱物の露天掘りを始めています。
そのため大規模の 裸地が増え、表面温度が変わり
環境が変わり始めているのです。 
そのためチベット高気圧が異常に発達して、朝鮮半島を含めて東アジアの北側に張り出すために 南からの高い温度帯が 日本列島を覆い尽くしているわけです。
この熱波のそもそもの原因は 支那共産党の 環境破壊なのです。 本来夜間には 六甲から冷たい風が吹くはずですが、風が起きません。 沖縄の夜の状況が続く神戸の夜でした。

イメージ 1