パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

米上院議員の補佐官 慰安婦問題糾弾でも先鋒

米国内慰安婦問題糾弾が支那共産党のコントロールにあったことが明白である。日本国内でも多数のスパイが 与党や野党に存在していることを確信

 
しかしながら 明確な罪が設定されないから 彼は 起訴されない
スパイであっても明確な行動が 起訴されない限り 無罪なのである


産経ニュース
2018.8.1411:45
古森義久の緯度経度】

中国スパイと断じられた米上院議員の補佐官 慰安婦問題糾弾でも先鋒

イメージ 1

カリフォルニア州選出のダイアン・ファインスタイン上院議員(前列左)=AP

米国上院の有力議員の補佐官が司法当局から中国政府のスパイと断じられていたことが判明した。この人物は日本の慰安婦問題でも長年、日本を糾弾し、いまもそのための在米組織の中枢にあることも分かった。
上院民主党カリフォルニア州選出のダイアン・ファインスタイン議員は8月5日、「連邦捜査局(FBI)から5年前に私の補佐官の一人が中国諜報機関にひそかに情報を提供し、対米秘密工作に協力していると通告を受け、独自にも調査した結果、すぐに解雇した。機密漏れの実害はなかった」という声明を発表した。
5年前の出来事がいま表面に出た理由は7月下旬の米国の政治ネット新聞による「上院で情報委員会委員長として機密を扱ったファインスタイン議員に20年も仕えた補佐官が実は中国の対外諜報機関の国家安全部に協力する工作員になっていた」という報道だった。
いまの米国ではロシアの大統領選干渉疑惑に加えて中国の対米工作の激化が問題となり、上院で25年も議席を保つ最長老の有力女性政治家、ファインスタイン氏の中国スパイとのつながりは全米に強い衝撃を与えた。トランプ大統領も8月4日の遊説で同議員の名を挙げ、「自分が中国のスパイに浸透されながらトランプ政権のロシア疑惑を糾弾するのは偽善だ」と語った。
さらに8月6日、ワシントンを拠点とするネット政治雑誌が「中国スパイとされるのは同議員補佐官だった中国系米国人のラッセル・ロウという人物だ」と断定する報道を流した。ロウ氏は長年、ファインスタイン議員のカリフォルニア事務所の所長を務めたという。
同報道をファインスタイン事務所もFBIも否定せず、一般のメディアも「ロウ氏こそ中国諜報部の協力者あるいはスパイだ」と一斉に報じるようになった。ただしロウ氏は逮捕や起訴はされておらず、その理由は「中国への協力が政治情報提供だけだと訴追が難しい」からだと説明されている。
ところがロウ氏は現在はサンフランシスコに本部をおく「社会正義教育財団」の事務局長として活発に活動をしていることが多数の米国メディアにより報道され確認された。
数年前に設立された同財団は長年、米国で反日活動を続ける中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」とも密接なつながりを保ち、学校教育の改善という標語を掲げながら、実際には慰安婦問題に関する日本糾弾が活動の主目標であることが財団の紹介サイトにも明記されている。
同サイトは「日本は軍の命令でアジア各国の女性約20万人を組織的に強制連行し、性奴隷とした」という事実無根の主張も掲げている。
ロウ氏は議員補佐官としても慰安婦問題で日本を非難する多彩な動きを取ってきた。
ロウ氏はいまは社会正義教育財団の中心として活動し、昨年10月にはマイク・ホンダ前下院議員とともに韓国を訪問した。ソウルでの記者会見などでは慰安婦問題で「日本は反省も謝罪もせず、安倍晋三政権は嘘をついている」という日本非難の言明を繰り返した。
だがこういう人物が実は中国のスパイだと米側で断じられたことは、慰安婦問題の中国当局の政治操作を改めて物語るといえそうだ。(ワシントン駐在客員特派員)

ALL SIGNS POINT TO ONE MAN AS CHINESE SPY IN FEINSTEIN’S STAFF, AND HE WASN’T A DRIVER …

7:09 PM 08/06/2018
Peter Hasson | Reporter
 2693
  • It was reported that Democratic California Sen. Dianne Feinstein employed a Chinese spy.
  • Her longtime staffer, Russell Lowe, fits the description of the reported spy.
  • Feinstein’s office refused to comment on whether Lowe was the spy.
All the details of a former, longtime Sen. Dianne Feinstein staffer who’s accused of relaying information to Chinese intelligence services while working for the California Democrat point to Russell Lowe, a Daily Caller News Foundation investigation has determined.
Lowe worked for 20 years in Feinstein’s San Francisco office, where he was a staff liaison to the Asian-American community before leaving approximately five years ago. All those details match up with the descriptions of the Chinese spy Feinstein reportedly employed.
“Chinese intelligence once recruited a staff member at a California office of U.S. Senator Dianne Feinstein, and the source reported back to China about local politics,” Politico Magazine reported on July 27, describing the staffer as “a liaison to the local Chinese community” who was secretly “reporting back” to Chinese intelligence services.
Since then, more details have emerged about the alleged spy, including that he worked for Feinstein for 20 years, “attended Chinese consulate functions for the senator” and was fired five years ago.
All of those details point to Lowe, who was listed on Feinstein’s payroll as an “office director” in 2013, according to records maintained by the Sunlight Foundation. (RELATED: FBI Spy Stefan Halper’s Media Contacts Could Pose A Problem, Retired FBI Officials Say)
Lowe joined then-San Francisco Mayor Ed Lee and other California politicians at a farewell reception hosted by the Chinese consul in March 2013.
Lowe and six other attendees “awarded proclamations in recognition of Consul General Gao’s contributions to the friendly cooperation between China and Bay area cities,” according to the consulate’s event recap.
By 2014, Lowe was gone from Feinstein’s staff. When he spoke at an April 2014 conferenceon Chinese investment in the United States, he was introduced as a “former assistant to Senator Feinstein.”
Hankoryeh, a South Korean news publication, described Lowe in October 2017 as “a Chinese-American who spent 20 years as the aide to Dianne Feinstein.” Lowe visited the publication’s Seoul office at that time with former Democratic California Rep. Mike Honda, who left office in January 2017 after losing to progressive challenger Ro Khanna in 2016.
Feinstein has said that the spy had “no access to sensitive information,” and the former staffer was never prosecuted.
Lowe now works with the Education for Social Justice Foundation, a San Francisco-based nonprofit that says it’s focused on “educating the public on the Japanese military’s ‘comfort women’ system, which forced over 200,000 girls and women from at least 13 Asian countries into sexual slavery by the Japanese Imperial Army before and during WWII.”
Efforts to contact Lowe through the foundation were unsuccessful. Feinstein’s office declined to answer TheDCNF’s questions about Lowe and instead released a broad statement from the senator.
“Five years ago the FBI informed me it had concerns that an administrative member of my California staff was potentially being sought out by the Chinese government to provide information. He was not a mole or a spy, but someone who a foreign intelligence service thought it could recruit,” Feinstein said.
“The FBI reviewed the matter, shared its concerns with me and the employee immediately left my office. He never had access to classified or sensitive information or legislative matters. The FBI never informed me of any compromise of national security information.”