パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

青海省のGologでの反ギャングキャンペーン


ウイグルで起きている事はいまもチベットでは平然と行われている。国際社会の監視の目を シナ共産党

ウイグルでは「テロリスト」と言ってウイグル人を弾圧、        強制収容所職業訓練と称して暴力的に洗脳している。

チベットも過去60年間同様に弾圧されてきた。現在チベットの人々がお互いに助け合う集まりに対して、  「暴力団とか黒集団」と称してチベット人の生活を干渉し、弾圧をする。 

シナ共産党とは 他人の幸福を踏みにじる 人間の皮を被った,悪魔である。 

悪魔はなかなか死なない。 

民主主義というお経も効かない。

彼らには 「金」 を取り上げることで幸せをの大切さがわかるはず・


青海省のGologでの反ギャングキャンペーンがチベット人に苦難をもたらす

組織犯罪を目的としたキャンペーンが政治活動主義の歴史を持つチベット人の嫌がらせと厳格な監視につながったGolog(中国語、Guoluo)チベット自治県。
組織犯罪を目的としたキャンペーンが政治活動主義の歴史を持つチベット人の嫌がらせと厳格な監視につながったGolog(中国語、Guoluo)チベット自治県
RFA
この地域の情報筋によると、組織的犯罪を標的にした組織的犯罪を標的とした、ゴログ(中国語、Guoluo)チベット自治区当局によるキャンペーンにより、嫌がらせと厳格な監視が行われた。
「5月の初めに、中国当局はGologの下で6つの郡すべてでキャンペーンを開始しました。すべての黒と悪の勢力を根絶するという名の下に、中国人は違法なギャンブルと人々からお金を求める草の根組織の結成を目標としています」と、この地域のある情報筋は言いました。
政策を実行するという口実の下で、情報筋は、「中国当局は元チベットの政治囚に迷惑と嫌がらせを引き起こしており、それらを厳格な監視下に置くことによって政治活動に関与した疑いのある人々」と述べた。
Gologは、Amdoとしてチベット人に知られているチベットの歴史的な地域にあり、北西部の中国の青海省に組み込まれています。
Gologの2番目の情報源はRFAに、「現在のところ、犯罪組織に対するキャンペーンはGologのすべての郡で本格的に実施されている」と語った。
「今月の初め以来、Gade(Gande)郡から7人、Darlag(Dali)郡から7人が逮捕されている」と、この事件について「詳細に話すのは不便」と述べた。キャンペーン。
最初の情報筋はRFAに、このキャンペーンは地元のチベット人ソーシャルメディア上で情報を収集または共有する能力に厳しい制限を課していると語った。
「どの協会にも10人以上の人々がいる場合、彼らは地元の村から郡レベルまで登録することによって許可を求めなければならない」と、情報源は言った。
「地元のチベット人は、マカオ、香港、チベット、中国に関連する政治ニュースをメディアやウェブプラットフォームを介して共有しないように指示されている」と同氏は付け加えた。
「当局は、アメリカと西部からの外国人とのランダムな会話を避けるように地元の人々に促した」とその情報筋は述べた。
「当局は言う:「外国人が何か質問をするとき、ただ沈黙を保ち、何も知らないふりをする」
先週インドのダラムサラチベット人権・民主主義センターが発表した報告書によると、新しい政策や規制によって「チベット人の人権と生活に対する制限が高まっている」という。

チベット語教育を大幅に削減する青海省の県

青海省のGolog(Guoluo)チベット自治県の地図。2018年4月上旬に中国の私服警備員が巡礼者Lhamo Dolkarに尋問のために連れて行った。
青海省のGolog(Guoluo)チベット自治県の地図。2018年4月上旬に中国の私服警備員が巡礼者Lhamo Dolkarに尋問のために連れて行った。
RFA
RFAのチベット奉仕団が見た文書によると、チベット自治県は、チベット語以外のすべての科目を一年生のクラスで教えるのをやめるよう、学校に命令した(中国語、Guoluo)。
Gologの新しい指令は秋に効力を持ち、中国語以外のすべての科目をチベット語で教える習慣を変え、歴史、地理、数学、生物学などの科目を中国語で教えることを求めています。
指令は「第101条」と題された公式文書に含まれており、その目的は「学生により多くの学術的機会を提供すること」であり、決定は「Golog地域の様々な研究諮問委員会からの勧告に基づいて行われた」 」
「この決定の実施は、結局すべての小学校と中学校で始まります。郡教育局はそれぞれの学校を監督し、法律が確実に実施されるように手助けします。
「今年の秋までにすべての小学校1年生は中国語で教える必要があります。将来、教師は中国語の水準を向上させ、新しい中国語の教科書に慣れるためのワークショップが開催されます。」
Gologは、Amdoとしてチベット人に知られているチベットの歴史的な地域にあり、北西部の中国の青海省に組み込まれています。
この地域の情報筋によると、中国のチベット人居住地域の当局は、チベット仏教僧院の伝統的な焦点であるサイズと影響を制限しようと長い間努力してきた。

チベットの人権は2018
年に下方転換した:
報告

著リチャードフィニー
2019-05-16
メールストーリー
この物語にコメントする
シェア
ストーリーを印刷する
2019年5月16日、チベット人権・民主主義センター所長のTsering Tsomo(R)と研究者のPema Gyal(L)がTCHRDの年次報告書を発表。
2019年5月16日、チベット人権・民主主義センター所長のTsering Tsomo(R)と研究者のPema Gyal(L)がTCHRDの年次報告書を発表。
RFA
チベットの人権情勢は、昨年、チベット人による旅行制限の厳格化と、チベット市民社会と文化的慣習を対象とした「組織犯罪」に対するキャンペーンの中国による導入により、急激に減少しました。木曜日に発表された年次報告書。

ダラムサラに本拠を置くチベット人権・民主主義センターは、2018年をチベット自治区(TAR)やその他のチベット人民共和国の地域における人権の「重要な年」と呼んでおり、人権とチベット人の生活。

年の初めに導入された「犯罪」と「黒と悪の勢力」に対する全国的なキャンペーンは、人権と環境活動家、そしてチベット語の使用を促進する一般のチベット人の拘留、逮捕、拷問をもたらした。グループはその報告書で述べた。

「あらゆる種類と程度の平和的反対は厳しい罰則で満たされた」とTCHRDは述べた。

TARの外から来るチベット人は地域の首都ラサを訪れる際に一時的なパスを取得することを要求され、他の人たちはインドやネパールへの巡礼旅行を防ぐためにパスポートを放棄することを余儀なくされた。権利団体は言った。

宗教上の権利は制限されています

その間、チベットの学童と公務員は公の宗教遵守への参加と修道院への訪問の支払いを禁じられ、若い修道僧は彼らの宗教コミュニティから除かれ、強制的に中国の公立学校に入学した。

TCHRDによると、7月の四川省カルツェ語(Ganzi)のSershul郡の修道院では、200人を超える初心者の修道士がこのように強制された。優れた学生でした。」

TCHRDは、チベットの学生が学校を休んでいる間、修道院が言語ワークショップを実施することを禁じているとの現地の指示を引用しながら、「チベットの宗教機関もまたチベット語学教育の推進における役割の対象とした」と述べた。

恣意的な逮捕、拘留

一方、「平和的なチベットの抗議者の恣意的な逮捕や拘留やその他の人権活動家は衰えることなく続けて、」TCHRDは、チベット人の平和的な集会に中国の制限が残っていることを付け加えた「ひどい。」

特に厳しい抑制をした対象TCHRDは、個人または団体による抗議行動により、チベットの霊的指導者ダライラマの亡命からの帰還を求めたと述べた。

12月には、2人の若いチベット人が中国の統治に反対して四川省のNgaba(中国語、Aba)郡、ならびにTARおよび他のチベットの地域における政治的および宗教的弾圧に火をつけた。

彼らは、故郷の中国統治の約70年に対する激しい抗議の波が2009年に始まって以来、チベット人による自滅の数を157に上げました。

中国は、それが封建的統治から平和的にチベットを解放し、そしてチベット人は経済発展を楽しむと主張しますそれは地域にもたらしました。