パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

学校の教師 市の教育委員会 お前ら!日本人じゃないな!通名やめろ!

最悪な連中である。
こんな教師は 二度と教壇に上げてはだめだ!
そして答える教育委員会の面々!
全員嘘つきの顔である。
同じような人間が朝日新聞にもいた! 嘘を書いて左翼の喝さいを浴びた! そしてその嘘がわかると今度は追及する人を裁判に
訴えた! 残念ながら裁判所は 最初からかれの記事は間違いではなく、嘘であるという判断を下した。
この世の中 本当に嘘をつく人々が増えた、
半島の生にもできないのではないか

担任が中3生へのいじめ記したメモをシュレッダーで廃棄 岐阜市教委会見

7/5(金) 16:13配信
CBCテレビ
 3日、岐阜市内の公立中学に通う3年生の男子生徒が転落死したとみられる問題で、男子生徒の担任は「クラスでのいじめ」が書かれたメモをシュレッダーにかけて廃棄していた可能性が高いことが明らかになりました。

 「担任が個人名が書かれた資料ということで、シュレッダーにかけて廃棄したと思われる。担任には隠ぺいの意図はなかったが、訴えの重みを軽くとらえていた。(メモの情報が)共有されていれば、防げた可能性が高いと思っている」(岐阜市教育委員会

 岐阜市教育委員会は、5日午後3時から会見を開き、死亡した男子生徒の担任が、他の生徒から「クラスでのいじめ」が書かれたメモを他の生徒から受け取りながら、情報を共有せず、シュレッダーにかけて廃棄していた可能性が高いと説明しました。

 この問題は3日朝、岐阜市のマンションの駐車場で、市内の公立中学に通う3年生の男子生徒が大腿骨と骨盤を折って倒れているのが見つかり、生徒はその後、出血性ショックで死亡しました。

 岐阜市教育委員会は3日の会見で、死亡した男子生徒がことし5月、給食で同級生から嫌いな食べ物を押し付けられたことがあり、その際、担任の聞き取りに対して男子生徒は、「いじめの認識はない」と回答したと説明しました。

 その後の調査で、担任にはことし5月末ごろ、「クラスでのいじめ行為」を書いたメモが生徒の同級生から提出されていたことがわかりました。

 メモはルーズリーフ1枚で、死亡した生徒に対して他の生徒がひどい態度をとったり、苦手な食べ物を入れて、好きな食べ物をとっていくなどの行為が書かれていたということです。

 教育委員会は5日の会見の中で、担任がメモをもとに死亡した男子生徒やその他の生徒に指導を行い、その後、担任は指導が終わったと思いメモをシュレッダーにかけた可能性が高いと説明しました。