パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

ドルマ・ギャリ女史がチベットの首相の選挙に立候補されています。男尊女卑の支那に植民地化されているチベット、女性首相が生まれればさすが!!!!これこそ民主主義、共産主義ではありません。

ドルマギャリが2021年のシキョン選挙の立候補を発表

2020年1月20日6:05  チベットレビユーより転載
 
 
ビュー:1919
 

f:id:yoshi-osada:20201023184020p:plain


ドルマギャリさん

(TibetanReview.net、Jan19'20)–元中央チベット政権(CTA)大臣のDolma Gyari氏は、2021年に投票が行われるCTAの執行責任者であるSikyongとして選挙に立候補すると発表しました。 。

選挙の候補者は、候補者の公式リストがない予備投票の後に決定されます。したがって、選挙に立候補する意向を発表することは、有権者が候補者リストの決定に到達する際に誰に投票するかを決定するのに役立ちます。

ギャリさんは、デリー大学ノースキャンパスのキロリマルカレッジの学生団体が主催するイベントで、シキョン選挙に立候補する意向を表明したとのことで、チーフゲストとのことでした。

彼女は以前、副議長を含むいくつかの任期で亡命中のチベット議会のメンバーでした。

彼女は2010年の予備投票後、最初の候補者リストに含まれていましたが、後者の最初の任期中に現在のSikyong Lobsang Sangayの下で辞任し、大臣になりました。

ロブサンセンゲは2021年にすでに2つの5年間の任期を務めているため、さらなる再選に耐えることはできません。

亡命チベット人はまた、2021年に17番目の新しい議会を選出します。

関連記事 :