パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

1950年代にさかのぼるチベットへの中国の「軍事的占領」、侵略され、編入されチベット人の政治活動と民族的および宗教的アイデンティティの平和的表現を制限し、チベット人を迫害、拷問、投獄、および超法規的殺害にさらしている事は 内政問題ではない

チベット亡命政治指導者が「ランドマーク」をホワイトハウスに初めて訪問

2020-11-23  RFAより邦訳転載
 
 
 
メールストーリー
この話にコメントする
シェア
ストーリーを印刷する
 
2020年11月20日の行政当局者との会談の後、チベット亡命政治指導者のロブサン・センゲ(L)と補佐官のNgodupTseringがホワイトハウスの敷地の外に立っている。
2020年11月20日の行政当局者との会談の後、チベット亡命政治指導者のロブサン・センゲ(L)と補佐官のNgodupTseringがホワイトハウスの敷地の外に立っている。
CTA
 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    チベットのインドに本拠を置く亡命政府の長は先週ホワイトハウスを訪れ、政治的に敏感なヒマラヤ地域における中国の統治に関する米国の政策の「画期的な」展開と呼ばれるものについて行政当局と話し合った。

中央チベット政権(CTA)の選出された首長またはシキョンであるロブサン・センゲによる11月20日の訪問は、60年以上ぶりのチベット亡命指導者によるものであり、チベットを中国の不可分の一部「中核国益」と見なしている中国を怒らせた。。

サンゲイはトランプ大統領とマイケルペンス副大統領の事務所の代表者と1時間会い、ハーバード大学で教育を受けたチベットの指導者は金曜日の会議後のインタビューでRFAのチベットサービスに語った。

「この認識を得るために過去9年間米国政権の扉を押した後、これは将来のCTA大統領にとって真の突破口だったと思います」と、チベットとしての2番目で最後の任期の終わりに近づいている選出された亡命リーダーSangayは言いました。


サンゲイ氏は、行政代表との会談で、チベット人の強制労働プログラムへの強制を含むチベット地域での中国の人権侵害から、チベットの精神的指導者の認識への北京の干渉やチベットの環境に関するプロジェクト、中国の発展の影響に至るまでの問題について話し合ったと述べた。。

「私たちはまた、会議に出席した親密な代表を通じて米国大統領に挨拶を伝え、中国に圧力をかけるという彼の政策に感謝した」とサンゲイは述べた。「そして私たちは、副大統領と国務長官の支援と、チベットの人権と宗教の自由を尊重するよう中国に呼びかけたことに感謝の意を表した。」

サンゲイはまた、海外でのチベット亡命プログラムに対する米国の継続的な資金援助に感謝の意を表明し、チベット問題に対する超党派の支持が米国政府と議会で長年にわたって強力であり続けていることを指摘した。

「このサポートは変わらず継続すると信じています」とSangay氏は述べています。

「軍事占領」

サンゲイ氏は、政府支援の新たな予想外の合図で、会議に出席したホワイトハウスの代表は、米国務省が11月の報告書「中国の挑戦の要素」で1950年代にさかのぼるチベットの中国の「軍事的占領」と呼んでいるものに言及したと語った

かつては独立した国であったチベットは、70年近く前に強制的に中国に侵略され、編入されました。その後、ダライラマとその信者の数千人がインドや世界中の他の国に亡命しました。

それ以来、米国はチベット中華人民共和国の一部として公式に認めてきましたが、中国のチベット地域におけるチベットの文化、言語、宗教のより大きな自治と保護を求めて、北京との外交交流を迫っています。

一方、中国当局はこの地域をしっかりと把握し、チベット人の政治活動と民族的および宗教的アイデンティティの平和的表現を制限し、チベット人を迫害、拷問、投獄、および超法規的殺害にさらしている。

北京は、チベット問題における外国の干渉と呼ばれるものに強く反応し、チベットの自由と権利、またはチベットの追放された精神的指導者ダライ・ラマとのトップレベルの外国会議を支持する国際的なジェスチャーを非難します。

土曜日、中国の国営環球時報は、チベットの質問が「中国の中核国益を懸念している」と述べ、ワシントンのサンゲイとの金曜日の会合を「中国の内政への重大な干渉」と呼んだ。

「いわゆる「チベット亡命政府」は、「チベット独立」を達成しようとしている分離主義の政治組織です」と環球時報は述べました。

RFAのチベットサービスのためにTashiWangchukによって報告および翻訳されました。リチャードフィニーによって英語で書かれました。

 

チベット亡命政府、米ホワイトハウスを初訪問…公式な招待

 

読売新聞

 

2020/11/23 23:06

 

バンコク=小峰翔】チベット亡命政府ロブサン・センゲ首相は21日、米国の公式な招待を受けて米ホワイトハウスを訪問したと、ツイッターで明らかにした。亡命政府の首相がホワイトハウスを訪れるのは初めて。中国の習近平(シージンピン)政権は亡命政府を「分離独立主義」と見なしており、米国に対する強い反発が予想される。

米トランプ政権は、チベット問題担当の特別調整官を先月に任命するなど対中圧力を強めてきた。亡命政府は1959年にインドに亡命したチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が設立。センゲ氏は2011年から首相を務めている。

 

亡命政府首相、ホワイトハウス

 チベット亡命政府(インド北部ダラムサラ)は21日、ロブサン・センゲ首相が米国の公式な招待を受けてホワイトハウスを訪問したと発表した。亡命政府首相がホワイトハウスを訪れたのは初めて。亡命政府を「分離独立主義」とみなす中国の反発も予想される。

 今回の訪問は、トランプ米政権の強硬な対中政策の一環とみられ…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)