パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

宮崎正弘の国際情勢解題 2020年も混乱して年の瀬は関係なし、つかの間のクリスマス

◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◇◆☆◇◆◇☆◆◇◆☆◇◆◇☆◇◆◇ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和2年(2020)12月26日(土曜日)
通巻第6742号   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 暴動が起こり、米国の分裂状態は悪化する
  アメリカは六つに分かれるとロシア・アカデミーの学者
*********************************
 

大統領選挙前後からアメリカは完全に分裂し「現代の南北戦争」の様相を呈していた。
 香港のひそみにならえばアメリカは「一国二国民」となったのではないか。中国はアメリカに代替できる覇権を狙うから米国分裂は欣快な出来事である。
 ロシアでは「アメリカ分裂は六つに割れる」と先走った主張をする学者がいる。それも珍説や暴論ではなく、歴としたロシア・アカデミーの学者が唱えているのである。

 嘗て筆者は「中国は十六に分裂する」と予測し『中国大分裂』(文藝春秋ネスコ)という単行本を上梓した。李登輝元総統は「中国は七つに分裂するのが適切」と言い出された。中国は不快感を覚えたのか、『亜州週刊』が李登輝総統非難とともに「分裂論に同調する日本人たち」として中嶋嶺雄長谷川慶太郎、そして筆者の名前を挙げたこともあった。

 旧ソ連は崩壊後、十五に分裂した。
 ユーゴスラビアは東西冷戦崩壊で共産主義独裁政権が消え、七つに分裂した。
 イラクは三つに分裂状態だが、まだまとまっている。スペインのバスク地方など多数の国で分裂運動が起きている。カナダからニューカレドニアまで分離独立運動がある。

 米国は南北戦争で60万余の犠牲を出し、ようやく統一され、星条旗の下に「アメリカ人」というアイデンティティでまとまってきた筈だった。しかしベトナム戦争以後の価値紊乱とキリスト教の伝統的価値観を冒涜するようなLGBTQが象徴する左翼運動が蔓延した。歴史の英雄である銅像を次々と破壊し、差別とかの言いがかりをつけた暴力事件が頻発、そうした破壊的思想を蛇蝎のように嫌う南部の敬虔なキリスト教徒、エヴァンジュリカルらは絶望と希望の狭間を行き来しながらも伝統を守る運動を組織した。
 四年前にトランプを支持し支えたのはこの伝統的な人々だった。

 選挙結果が露骨な分断状況を晒した
 北東部から東海岸極左社会主義が蔓延り、ラストベルトの旧工業地帯には資本主義の絶望が聞かれ、南部から中西部は敬虔なキリスト教地盤にチカノが入り込んで混沌とし、西海岸は正真正銘の左翼の牙城となった。

 リーマンショック直後にもロシア外務省学士院学部長のパナリン教授が米国が六カ国に分裂すると主張したことを思い出す。
(1)     カリフォルニア州を基軸とする西海岸は「カリフォルニア共和国」となり中国とべったりの外交を展開する。
(2)     テキサス地域(南部)は「テキサス共和国」となり、メキシコとの関係が濃厚になる。
(3)     北東沿岸は「アトランティック・アメリカ共和国」(北東部から東海岸の大西洋沿岸部」。
(4)     中西部からラストベルトは「中北部アメリカ共和国」となりカナダとの結び付きを強める。
(5)     アラスカはロシアに還す。
(6)     ハワイは中国の保護国となる
などとする予測である。
さてどうなる?
               (北国新聞「北風抄」12月18日から再録)
      ◎☆◎◎み☆◎□☆や□◎◎☆ざ◎◎□☆き◎☆◎◎ 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和2年(2020)12月25日(金曜日)
通巻第6740号   <前日発行>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~これは金融異変ではないのか
  中国金融当局、アリペイの取引停止、

テンセントなどへも規制強化
***********************************
 「庶民銀行」と呼ばれたが、当局から見れば「無許可銀行」という解釈になる。だから不逞の輩は取り締まれ、という寸法だ。

 アリババ傘下の金融会社「アント」集団が、上場直前に延期を通告され、関係者は顔面蒼白、すでに株式を予約して予約金を支払っていた投資家は呆然自失。何事が起きたのか。
 ついでアリババのアントの業務が停止となった。

 他方で中国人民銀行中央銀行)は市場へ新たに1450億ドルを供給した。
国有企業大手の社債不履行が連続しており、倒産が目立ってきたため、社債の償還が目的、つまり国有企業の破産防止策である。もっと厳密に言えば、倒産が秒読みの企業をなんとか人工呼吸器で無理矢理延命させている構図である。

中国のFFレート(日本の公定歩合にあたる)は2・95% 一年もののLPRが3・85%、3年ものが4・45%とかなりの金利だ。

 当局のいう「無許可銀行」の代表格がアリババ傘下「アント」の発行するアリペイ(支付宝)、テンセントのテンペイ(財付通)などで、オンラインで有利な銀行口座を斡旋すると0・2%から0・3%の手数料を稼げる仕組み。

 中国の国有銀行の六ヶ月定期預金の金利は1・3%だが、アリペイなどを利用すると、三倍前後の金利となる。
預金者がどちらを利用するかは火を見るよりも明らかである。

 預金はどっとアントやテンセントに流れ込んだ。これこそが中国共産党が支配する中国国家の資金流通システムを破壊する脅威と認識するのも無理はないだろう。
 まさにジャックマーが言った。「中国にシステマティックなリスクはない。なぜなら中国にはシステムが存在しないから」と。

 金融当局は12月24日、アリババ傘下アント集団と規制を巡っての会合を開催すると発表した。アントは共産党独裁の金融体制に風穴を開けた。共産党の統治が及ばない時代が出現した。それゆえに独裁者から見れば不愉快極まりなく、潰される懼れが高まったのではないか。
     ◎☆◎◎み☆◎□☆や□◎◎☆ざ◎◎□☆き◎☆◎◎ 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和2年(2020)12月25日(金曜日)弐
通巻第6741号   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 習近平のアリババに「独禁法違反」適用:今年度最大のブラックユーモア
   デジタル人民元にとって最大の障害はアリペイなのだ
***********************************

 アント上場延期の真意は、ジャック・マー(馬雲)の発言ではなかった。
 中国共産党が「唯一正統な」権力、そして「合法政権」と名乗っている以上、この独裁政権の統治を脅かす金融ビジネスの存在は最大の脅威となる。

 アリババ傘下「アント」のアリペイは十億人が便利に使っている。つまり十億人の預金口座が中国の国有銀行から民間へ流れたということである。これは一大事件である。しかも、アリペイのもつ与信枠は、国有銀行のそれに迫っていた。

 そこでアリババに「独禁法」を適用した。今年度最大のブラックユーモアだ。
 中国共産党そのものが独禁法違反なのに、民間企業が成功すると、何が何でも潰す必要がある。謂はばイチャモンの類いである。

 香港の民主運動のイコン、ジミーライ(黎智英)を、「詐欺罪」で逮捕し、身柄拘束後に「国家安全法」を追加適用、あまりの法的な論理逸脱で、保釈せざるを得なくなったが、保釈金が1億3000万円と、法外な値段をふっかけて、財政的にジミーライをつぶしにかかる。

 同様に共産党批判を口にしてしまったジャック・マーへも容赦なかった。
 アリババの金融ビジネスは、中国政府が世界に先駈けて実験中の「デジタル人民元」を根底的に脅かす存在という認識に変わり、なんとしても、これ以上の普及を食い止めようとする動きが表面化した
 それが昨今の動きの背景である。
     ◎☆◎◎み☆◎□☆や□◎◎☆ざ◎◎□☆き◎☆◎◎ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和2年(2020)12月24日(木曜日)
通巻第6739号 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 青蔵鉄道」は青海省からチベットへ開通したが
  四川省からチベットへの「川蔵鉄道」も、工事が進んでいる
***********************************
 中国共産党チベット侵略は水の源流を収奪するという戦略的意味を含む。この地域の征圧と安定とを維持するために、兵力の輸送は重要な軍事目的である。
 2001年に青海省西寧からチベットのラサまで、高山病と死にもの狂いで闘いながら青蔵鉄道を起工し、2006年に突貫工事を完成させた。

世界から鉄道マニアが押しかけて、海抜四千メートルを酸素ボンベとともに旅するなどと観光気分が先に立った。筆者はその前年にラサに四日間滞在したが、最後の夜にうっかり呑み過ぎて軽い高山病にかかった。
翌日成都へ降りるところっと治っていたが。。。

 「青蔵鉄道」の裏には、中国人民解放軍兵站として輸送力を高めるという戦略がある。しかしメディアは世界の秘境をゆく観光列車だと吹聴し、中国の軍事目的は隠された。2014年にはチベット第二の都市シガツェまで路線は延長された。

 もう一本の軍事鉄道が工事中である。
 四川省成都からチベットのラサへ繋ぐ「川蔵鉄道」だ。全長は1012マイル。
 シーズン中、チベットで店開きするレストランや土産屋などは成都から荷物を積んで「川商」といわれる四川省の商人達が主体で、オフシーズンにはトラックで山を下りる。
兵隊の交替も四川省からジープ、軍用トラックでなされた。これが青蔵鉄道によってなされるようになり、緊急展開時には航空機が使われる。

2014年に四川省チベットの双方から工事は開始された。四川省側は成都から雅安まで(87マイル)が2018年に開通した。

チベット側はラサから林柴まで(270マイル)は2021年に開通予定。残る区間雅安段と林柴段の間。一帯は峻嶮な山岳地帯、難工事が予測され、人民日報の大衆版『環球時報の予測でも完成は早くて十年後の2030年という(同紙、11月8日)。

 この「川蔵鉄道」の軍事的目標はインドとの国境紛争で中国が優位を確保することにある。
ネパールを政治的に籠絡させ、インドとの分断を図る工作が積極化している一方で、ブータンへの接近も忘れない。インドと国境線で激突を繰り返す地域はインドとパキスタン国境のカシミール地区、そしてネパールに隣接するアルナチャイ・プラデシュ地域だ。

 国境地帯に中国軍は藩校級的な軍事施設を建設しているが、輸送力が高まれば、大量の兵力、武器、食糧などの後方支援物資の輸送が可能になる。
 現在の交渉進捗などという戦術は時間稼ぎでしかない。

     ◎☆◎◎み☆◎□☆や□◎◎☆ざ◎◎□☆き◎☆◎◎