パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

中国人観光客の群衆ラサ聖地を訪問、しかしコロナを理由にチベット人の立ち入り禁止

中国人観光客の群衆ラサ聖地を訪問、チベット人の立ち入り禁止

2020-07-24 RFAより邦訳転載
 
 
コロナの蔓延を防止すると言う理由で チベット人の聖地への訪問を禁止
 
 
 
 
 
 
 
CCPは人類としては有毒な人々です。 彼らから毒をもらわない為にも、またそれに加担する人々も有毒です。 
人類を守るためにCCPをこの世界から抹殺しましょう。
 
 

2020年の写真では、中国の観光客がラサのバルコー中心部を歩いています。

2020年の写真では、中国の観光客がラサのバルコー中心部を歩いています。
 

 

 

 

                         ラサの情報筋は  中国の観光客がチベットの地方首都ラサに大量に流入し、コロナウイルス予防規制の緩和後に市が外部の訪問者に開放されているため、混雑した宗教的サイトが多くのチベット人を禁止していると報告。
COVID-19の拡散、恐怖が緩和されたため、中国からの到着が4倍になったと述べています

ある地元の情報筋はRFAのチベット人サービスに語り、毎日約4,000人が亡命チベット人の精神的指導者ダライラマの冬の故郷であるラサのポタラ宮を訪れていると述べました。

「これはチベットの遺産に大きな害を与える」とRFAの情報筋は匿名の条件で語った。「それに加えて、ラサ市外からのチベット人の訪問は非常に制限されており、扱いが異なります。」

チベットチベット人は彼らの文化が中国人観光客のためのショーピースになっていることに不満を抱いているが、チベット人自身は彼らの伝統を保存し、大切にする機会を否定されている」と彼は言った。

中国の観光客はラサの有名なジョカン寺院のあるツクラカンを自由に訪問でき、チベット人の訪問者は徹底的に検査され、政府職員、退職者、および学生は完全に立ち入りを禁じられています。

一方、チベット人の学生は、夏休みの間も地元の僧院を訪問することは許可されていません。

チベットの当局者、公務員、退職者、学生は、ラサの神聖なチベット僧院への訪問を厳しく禁止されています。しかし、中国人の観光客は修道院に温かく歓迎されており、特別なアクセスと特権が与えられている」と語った。

中国の観光客はまた、訪れた場所にゴミをまき散らし、地元の文化や伝統に鈍感で、不平を言う地元の住民を怒らせていると、別の情報筋も述べた。

「中国人の訪問者は、中央のバルコール地域やポタラ宮のような聖地で煙草を吸っています。彼らは空のボトルで地面を散らかし、どこにでも廃棄物を捨てる」と情報筋は言った。

チベット人が彼らに立ち向かい、彼らと論争するとき、中国の警察は中国人の観光客に味方し、人種的不和を引き起こしたチベット人を非難し、それが彼らを困惑させる」と彼は言った。

「ラサに到着した中国人は社会的距離を観察しておらず、一部の人はバルコール周辺を間違った方向に歩き、禁止されている場所で写真を撮ることによってチベットの宗教的感情に鈍感です」と彼は言った。

「中国人観光客はチベットの巡礼者にとって迷惑になってきている。」

観光への公式支援

7月22日、チベット共産党書記の呉英傑は、チベット観光局を訪問し、中国本土の訪問者のニーズに応える上で「より効率的」であるよう要請した。チベットの観光産業をCOVID-19以前の状態に戻すために、別の情報筋がRFAに語った。

その後、彼はラサ市場を散策し、彼が見た中国人観光客に挨拶したと、情報筋は述べた。

チベットのラサや他の場所は中国の訪問者にとって重要な観光名所になり、これはチベットの人々の生活様式に悪影響を及ぼしています」と情報筋は付け加え、「彼らの日常の儀式、文化的伝統、習慣は取り残された。」

「多くのチベット人は、若いチベット人が彼らの文化から切り離された環境で現在成長していること、そして彼らの文化が彼らとますます無関係になってきていることを懸念しています。」

一方、ラサは厳しい警察の監視下にあり、CCTVカメラがすべての主要な通りの角に取り付けられていると、情報筋は述べています。

RFAのチベット語サービスについて、Kalden LodoeとLhuboomによって報告されました。ドルジーダムル訳。Richard Finneyによって英語で書かれました。