パルデンの会

チベット独立と支那共産党に物言う人々の声です  尚 転載はご自由に

7/6開催 ウイグル人証言集会 ~中国新疆ウイグル自治区・ムスリム強制収容を語る~


ウイグル人が語る弾圧の実態【アムネスティ

─────────────────
7/6開催 ウイグル人証言集会 
~中国新疆ウイグル自治区ムスリム強制収容を語る~ 

ここ数年、中国北西部の新疆ウイグル自治区では、テュルク系ムスリム、特にウイグル人が、突然公安警察などによって、教育施設をかたる収容所へ、強制的に収監される事例が大量に報告されています。 

強制収容所には、世界的に著名な大学教授、芸術家、スポーツ選手などから農民、商人まで、ありとあらゆるムスリムムスリマが収監され、拘束者数は、ゆうに100万人を超えると言われています。 

劣悪な施設では、思想改造教育や拷問が行われ、死者も膨大な数にのぼると推察されます。 

今回、10人の在日ウイグル人が初めて公の場に実名で登壇し、自身や家族に何が起こったのか、生の声をお伝えします。また、強制収容所から奇跡的に生還したウイグル人女性がインターネット中継の形で参加し、彼女にも現地の情勢を語っていただきます。 

とても貴重な機会です。多くの方のご参加をお待ちしています。 

■日時:7月6日(土)14:00-17:00 ※参加費無料 
■場所:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー 

> お申し込み・詳細はこちら